ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    やたらと長く感じる、市営地下鉄の三ツ沢上町~片倉町間。そろそろ中間かと思われる頃、暗闇のトンネル内に直角に近い通路が一瞬見えます。非常口かと思いきや、ちょうど地上の中間地点には消防署が…。もしかしてレ...

    象の鼻さん

    生活道路の交通安全対策の種類、皆さんはどれくらい知っていますか?我々市民がどれだけ認知しているか等を調査して、その結果を行政や警察に示し、今後の市・県の対策強化を訴えてほしいです。ハンプの騒音・振動へ...

    ウルバヌスさん

    羽沢横浜国大駅が出来る前に、駅からの路線バスの開通がどうなるか気になります!

    majestyさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

東京で被害があった、「アンネの日記」が横浜市の中央図書館で破られていたということを詳しくしらべていただきたいです。(mona tai さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

2月27日現在、横浜市立図書館におけるアンネ・フランク関連の書籍の被害は2冊。警察に被害届が出され捜査が開始されている。

ライター:松崎 辰彦 (2014年03月04日)

アンネ・フランクの本が破られている

東京都内の複数の図書館で、『アンネの日記』をはじめアンネ・フランクに関連した書籍の本文ページが、何者かの手で破り取られるという事件が起きていることは、すでに読者もご存じだろう。被害は300冊以上に及び、事件の異常性を印象づけている。

 


『アンネの日記』は世界中で読まれている
 

アンネ・フランク(1929~1945)はユダヤ系ドイツ人の両親の下に、フランクフルトで生まれた。反ユダヤ主義を掲げて登場したヒトラー率いるナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)が政権を握ると一家はオランダに亡命し、アムステルダムの隠れ家で2年間、潜行生活を送ることを余儀なくされる。1944(昭和19)年にゲシュタポにより隠れ家が発見され、アンネはベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されたが、翌年1945(昭和20)年、収容所の不衛生な環境により命を落とした。15年の生涯だった。
 
アンネは潜行生活の最中、日記をつけており、日々起こる家族との心の葛藤などをつづっていた。戦後、彼女の日記は父親の手により出版され、世界中で大きな評判となった。日本でも『アンネの日記』として幅広く読まれ、戦争の悲惨さや人種差別の不当性を強く印象づけている。

東京各地の図書館で、アンネ・フランク関連の書籍が大量に毀損されている事件は、人々に怒りと、そして一種不可解さをもたらしていたが、横浜市の図書館でも被害が出ていることが判明した。



横浜でも被害が見つかった

「現在、横浜市立図書館全体で判明しているアンネ・フランク関連の書籍の被害は2冊です。一冊はここ中央図書館、もう一冊は神奈川図書館です」
 


横浜市中央図書館
 

被害状況を説明していただいたのは中央図書館企画運営課長の坪内一氏。横浜市立図書館の施設管理や庶務、企画調整などに携わっておられるが、今回の事件では報道陣への対応も担当されている。
 


坪内一氏。今回の事件の報道担当である
 

「被害に遭った中央図書館の一冊は『アンネ・フランクの生涯』という書籍です。本文に先立つ巻頭部分にアンネ・フランクや家族の写真があるのですが、その部分が全ページ、枚数6枚分が引きちぎられていました」
 


中央図書館で被害に遭ったのと同じ書籍
 

どの部分を破られ、どのような経緯で発見されたのか≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事