ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

    戸塚のヤギさんについて

    kodama_koさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

東京で被害があった、「アンネの日記」が横浜市の中央図書館で破られていたということを詳しくしらべていただきたいです。(mona tai さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

2月27日現在、横浜市立図書館におけるアンネ・フランク関連の書籍の被害は2冊。警察に被害届が出され捜査が開始されている。

ライター:松崎 辰彦 (2014年03月04日)

アンネ・フランクの本が破られている

東京都内の複数の図書館で、『アンネの日記』をはじめアンネ・フランクに関連した書籍の本文ページが、何者かの手で破り取られるという事件が起きていることは、すでに読者もご存じだろう。被害は300冊以上に及び、事件の異常性を印象づけている。

 


『アンネの日記』は世界中で読まれている
 

アンネ・フランク(1929~1945)はユダヤ系ドイツ人の両親の下に、フランクフルトで生まれた。反ユダヤ主義を掲げて登場したヒトラー率いるナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)が政権を握ると一家はオランダに亡命し、アムステルダムの隠れ家で2年間、潜行生活を送ることを余儀なくされる。1944(昭和19)年にゲシュタポにより隠れ家が発見され、アンネはベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されたが、翌年1945(昭和20)年、収容所の不衛生な環境により命を落とした。15年の生涯だった。
 
アンネは潜行生活の最中、日記をつけており、日々起こる家族との心の葛藤などをつづっていた。戦後、彼女の日記は父親の手により出版され、世界中で大きな評判となった。日本でも『アンネの日記』として幅広く読まれ、戦争の悲惨さや人種差別の不当性を強く印象づけている。

東京各地の図書館で、アンネ・フランク関連の書籍が大量に毀損されている事件は、人々に怒りと、そして一種不可解さをもたらしていたが、横浜市の図書館でも被害が出ていることが判明した。



横浜でも被害が見つかった

「現在、横浜市立図書館全体で判明しているアンネ・フランク関連の書籍の被害は2冊です。一冊はここ中央図書館、もう一冊は神奈川図書館です」
 


横浜市中央図書館
 

被害状況を説明していただいたのは中央図書館企画運営課長の坪内一氏。横浜市立図書館の施設管理や庶務、企画調整などに携わっておられるが、今回の事件では報道陣への対応も担当されている。
 


坪内一氏。今回の事件の報道担当である
 

「被害に遭った中央図書館の一冊は『アンネ・フランクの生涯』という書籍です。本文に先立つ巻頭部分にアンネ・フランクや家族の写真があるのですが、その部分が全ページ、枚数6枚分が引きちぎられていました」
 


中央図書館で被害に遭ったのと同じ書籍
 

どの部分を破られ、どのような経緯で発見されたのか≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事