検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

2014年3月に横浜港にて、あの有名な豪華客船「クイーン・エリザベス」が日本初寄港する予定です。寄港の現地レポートをぜひ行ってください!(5656さん、ほか多数のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜港に初入港した豪華客船「クイーン・エリザベス」は、船内すべてがまさに英国。その伝統や格式に市民見学会の参加者から歓声が上がっていた!

  • LINE
  • はてな

2014年03月18日

ライター:吉澤 由美子

豪華客船「クイーン・エリザベス」が3月16日(日)23時30分に横浜港の大さん橋にやってきた。
 
実はこの「クイーン・エリザベス」は、その名を受け継いだ3代目の船。先代の船の名前は「クイーン・エリザベス2」だが、今回は数字がつかない「クイーン・エリザベス」が正式名称。処女航海は2010(平成22)年10月。横浜への寄港は今回がはじめてだ。
 


横浜ランドマークタワーと「クイーン・エリザベス

 
横浜市は初寄港となる「クイーン・エリザベス」の市民見学会を開催。これは横浜市民にクルーズや港を身近に感じてもらうために客船運航会社に協力を要請して行ったもの。今回は定員70名に7704名が応募。倍率なんと100倍以上という人気を集めた。そこで惜しくも抽選に漏れてしまった方や興味のある方のため、17日(月)に行われたその市民見学会に同行して、「クイーン・エリザベス」の船内をレポート。
 
 
 
「英国」を実感するエントランスやレストラン


先代の「クイーン・エリザベス2」は、横浜博覧会の際にホテルシップとして約2ヶ月間も横浜港の大さん橋に停泊していたこともあり、横浜市民にとって親しみ深い船。その名を受け継いだ客船が来たということで、17日は朝から大勢の見学者で大さん橋はにぎわっている。

市民見学会は午前10時スタート。25人程度のグループにわかれ、客船運航会社である「キュナード・ライン」の方から説明を受けながら船内を1時間半かけて一巡りするという内容だ。

「クイーン・エリザベス」船内には、大さん橋の1階から入る。
 


ここは普段、立ち入ることができない場所
 

見上げた「クイーン・エリザベス」はとても巨大で、船というより大きなビルのよう

 
入り口でセキュリティチェックを受けて進んだ先は3層吹き抜けのグランド・ロビー。左右には、ホテルのフロントのような役割を果たすパーサーズ・オフィスや相談窓口となるツアー・オフィスがある場所だ。
 


船内のインテリアは優美なアールデコ様式
 

吹き抜けの階段には初代の「クイーン・エリザベス」をモデルにした巨大な寄木細工の壁画
 

抑えた照明が落ち着いて優雅な雰囲気を演出している

 
ここはデッキ1。乗船客が使う場所はこのデッキ1からデッキ12まで。
下にも4層があるが、そちらは従業員のためのスペースや船を動かすための場所。市民見学会では、デッキ1からデッキ10までの主だった場所を回る。
  


各デッキの案内

 
グランド・ロビーから階段を上りデッキ2へ向かう。


階段を上る

 
上ったところの横にアームチェアとローテーブルが並ぶカフェがある。
 


カフェ・カリンシア
 

廊下もゴージャス

 
客船の船室は、スイートからバルコニー付の部屋、窓のある部屋など広さもさまざま。「クイーン・エリザベス」は、部屋のカテゴリーによって専用のメイン・ダイニングがある。

専用ダイニングは、「クイーンズ」「プリンセス」「ブリタニア・クラブ」「ブリタニア・レストラン」と分かれている。クイーンズとプリンセスはスイート用なので、専用のキーを持っていないと上がれないデッキ11にある。厳格にクラス分けされたシステムは階級社会の英国ならでは。スーパースターなど世界的な著名人が船旅を楽しむためには、こういったシステムが必要とされるのかもしれない。

今回の市民見学会では、一番利用客の多い「ブリタニア・レストラン」を見学。
 


広くて華やかな「ブリタニア・レストラン」
 

テーブルセッティングされていた

 
このデッキ1にはライブラリーもあった。それも蔵書数6000冊という充実したもの。
 


ライブラリーはグランド・ロビー近くにある
 

クラシックな地球儀
 

書棚の中央に螺旋階段。上階にも本が並ぶ

 
このライブラリーには日本語で書かれた本もあるらしい。
 
隣にはクルーズアワードのベスト・オフ・フードを受賞している「ザ・ベランダ」というフレンチレストラン。

ここからさらに英国の香り豊かなエリアに入っていく。
 
 
豪華客船でおなじみの○○もある!・・・次のページ≫ 
 

おすすめ記事

豪華客船、「飛鳥II」はセレブ&ゴージャスなのか!?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜ベイブリッジをくぐれない大型客船の対応策は?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

プロ野球史上初の女性オーナー誕生! 南場(なんば)智子氏が横浜DeNAベイスターズオーナーに就任!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

新着記事

横浜マラソン2018企画! 素人がフルマラソンを完走するため、横浜で徹底的にトレーニング

    • 面白かった37
    • 面白くなかった5
    • コメント0
  • 2018年07月18日

チケット完売! 「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2018」の楽しみ方は?

    • 面白かった29
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2018年07月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

結婚相談所って怪しくない?「マリッジクラブ ウィッシュ横浜」で結婚相談所の疑問を徹底解決してきた

  • PR

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

  • PR

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 近所のイオン系列のまいばすけっとにて、神奈川県産『はるみ』が販売されました。特A米を2年連続認定され...

  • 連日の猛暑ですが、横浜市内で屋内や施設内、室内を除く野外にて、どこが一番暑いか?海老名に近い瀬谷区?...

  • JR横須賀線武蔵小杉駅のホーム増設が発表されましたが・・・っとなると何十年も昔から要望し続けているJ...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント