ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜に自転車で登りごたえのある峠はありますか?既に旧道化していてもいいです。横浜であまり聞いたことがないと思いました。調査の方お願いします。

    ピロリンさん

    八景島マリーナは大学ヨット部が集まって練習していますが、最近ヨット部にかわいい女性が増量中です!ビーチの水着も結構ですが、是非かわいいヨット女子を取材してください!

    tontonさん

    トレッサ横浜にオープンするディーナゲッツのバスケットコートが気になります。常勤スタッフ付き常設バスケットコートは日本初のようです。

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
3位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
4位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
5位
『フランケンシュタイン』も『釣りバカ』も! 横浜のロケ地巡り2017年春ドラマ編vol.2
6位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
7位
目的別に選択が可能! 中華街にある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
【編集部厳選】こんなところが海水浴場だったって、知ってた?
9位
【編集部厳選】海開き記念! 今年もやりますあの企画!
10位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
11位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
12位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
13位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(7月13日~7月19日)
14位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
15位
ベイの扇の要、黒羽根選手がトレードって本当?
16位
ビール屋の厨房から世界王者へ! 東洋太平洋王者防衛戦に挑む大竹秀典選手に直撃インタビュー!
17位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
18位
「MMがFFに」という、みなとみらいがファイナルファンタジーに染まったイベントはなんだったの?
19位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
20位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
21位
キリンビール横浜工場の「ビールづくり体験教室」のビールは本当においしくできるの? ~ビール試飲編~
22位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫、今年の夏は「アフリカ」?
23位
さよなら二階建てバス! ラストラン&廃車ツアーを密着レポート!
24位
横浜西口の南国セクシー居酒屋「なつこ」ってどんなところ?
25位
鎌倉市北西部「島ノ神」、内陸なのに島ってなぜ? 地名の謎を追う
26位
横浜イチのナンパスポットはどこ?
27位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
女子校生やハーフ美女も一挙出演! キニナル水着女子2016【総集編】
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

雨の日に小さい子ども連れでも楽しめるスポットはありますか?

はまれぽ調査結果

ボーネルンドあそびのせかいと、アメイジングワールド。どちらも、子どもが楽しむだけなく、親子で一緒に遊べる遊具が充実している。

ライター:ワカバヤシヒロアキ (2011年06月20日)

遊び盛りの小さいお子さまがいる家庭にとって雨は大敵。
この梅雨の時期はきっと、遊び場所に困っていることだろう。

そこで今回は、そんなご両親の悩みに答えるべく、雨の日でも存分に子どもを遊ばせられる2つのスポットをご紹介!



その1 ボーネルンドあそびのせかい
 


キドキドの入口


東急田園都市線たまプラーザ駅に直結するショッピングモール、たまプラーザテラス。
その一角に、親子の室内あそび場「ボーネルンドあそびのせかい キドキド」がある。

ボーネルンドと言えば、あそび道具の開発を行っている会社。
幼稚園や保育園への提案実績もあるので、期待できる。

今回、施設を体験するにあたり、横浜在住のK親子に協力して頂くことに。
対象年齢は12歳までということだが、とりわけ6歳未満の子どもの利用が多いようだ。
 


3歳児の永遠(とわ)くんは楽しめるのだろうか


日曜日の午前中、既にたくさんの親子が一緒に運動している姿が見られる。

施設は、エアマットやボールプールなどからだを動かすゾーンと、ブロック遊びや絵本、ミニカーなど物を使って遊ぶゾーン、1歳半までの幼児限定のゾーンとに分かれていた。
 


走って跳ねて楽しむエアトラック
 

ギアをつなげて遊ぶ新しい形のブロック遊びも
 

サイバーホイールという遊びが気に入った永遠くん


遊具が目に飛び込んでくると実際に遊んでみたくなるのだろう。
元気盛りな永遠くんは、運動するのが大好きで施設内を駆けまわっていた。

ちなみに、永遠くんに「どれが一番面白かった?」と聞くと、「回るやつ(サイバーホイール)」と嬉しそうに答えてくれた。
やはり体よりも大きな遊具には興味をひかれたようだ。



施設の特徴を店長に聞いてみた
 


学生の頃から子ども教育の研究をしていたという殿西店長


「子どもの成長に必要なものは、あそびの中に全て詰まっている」と話してくれたのは、店長の殿西さん。
全身を使って運動することは、体力だけでなく知恵や想像力をも培われるそうだ。

また、「遊びの中で、危険を察知する力や、他の子どもとコミュニケーションをとる力も同時に醸成されると思います」とも話してくれた。
 


子ども同士は自然に仲良くなるようだ


少子化の影響で、近所の小学生が小さな子の面倒を見て一緒に遊ぶというコミュニティが形成されにくくなっている現代。ここキドキドでは、たくさんの友達と遊ぶ場が提供されている。

実際、キドキドをきっかけとして、子ども同士が友達になったケースも数多いようだ。


家族みんなで遊ぶならココ!港北ニュータウンの「アメイジングワールド」は次ページへ ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

雨の日にこどもと楽しめる0円スポットは?

たまプラで楽しむディープな旅。はま旅Vol.6「たまプラーザ