ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

金沢八景駅とか八景島という地名があるけれど、なぜ「八景」と呼ばれ始めたの?(joyさん、気象予想士さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

むか~し昔の金沢は景勝地として知られていて、
その代表的な勝景を総じて「八景」と呼んでいたのだ。

ライター:木全 圭 (2010年12月09日)

「八景」の来歴を探るべく駅前をぶらり観光してみると

横浜18区のひとつ、横須賀との市境に位置する最南端の行政区が金沢区だ。

京浜急行沿線に連なる町並みはどこかひなびていて、ハマらしさにはちょっと欠けるけど、一方で、横浜・八景島シーパラダイスや海の公園などの臨海地区は観光スポットとして人気が高い。

俳優の竹中直人さん、ミュージシャンの小田和正さん、バスケットボール選手の田臥勇太さんといった著名人の出生地としても知られていたりする。

ただ、日ごろの会話の中で「金沢」と呼ばれることはめったにない。

私事ながら、母校が同地にある筆者(藤沢市民)にとっても、「八景」「文庫」と呼ぶ方がピンとくる。
横浜市民にしてもそれは同様のはずだ。
 

八景島(奥)は行楽地として、海の公園は地元民の憩いの場として親しまれている


ちなみに、どちらも駅名を指すのだが、「文庫」は北条実時が建立した私設図書館の名に由来すると、はるか昔に学校で習った記憶がある。

だったら「八景」とは何ぞや? どういう経緯で「金沢八景」と命名されたんだ?
そこで、さっそく金沢八景駅に降り立ち、周辺を観光してみることにした。

すると、その来歴は駅前にある史跡、琵琶島の観光案内板に書かれてあったのだ。
 


琵琶島は、金沢八景駅を降り立ち、国道16号を渡ればすぐ


町中では、歌川広重による錦絵『金澤八景』をよく目にする


それによると、洲崎(すさき)、野島、瀬戸、平潟(ひらかた)、小泉(こずみ)、内川、乙舳(おっとも)、称名寺(しょうみょうじ)という8つの土地の勝景を、総じて「八景」と呼ぶとある。江戸時代(17世紀後期)、能見堂(現・金沢区能見台森)に来遊した禅僧、心越(しんえつ)が、そこから見下ろす金沢の眺望に心打たれ、その8景勝地を題材にして漢詩を詠んだことが起源なんだって。

以来、「金沢八景」というフレーズが巷間に広まり、錦絵の題材などにも重宝されたようである。



画題としての八景から、観光目的としての八景へ

でも、なぜ「八景」でなければいけなかったのだろう?
九景でも、十景でも、勝景は多ければ多いほどいいじゃない?

……と、小市民の筆者は思ってしまうのだが。

そこで、このナゾを解くべく、横浜市歴史博物館(都筑区中川中央)に足を運んでみた。
同館学芸員の斉藤 司さんによると、

「11世紀の中国の画人、宋迪(そうてき)が残した『瀟湘(しょうしょう)八景』という作品を、心越がまねたんですよ。『瀟湘八景』は、1つの土地の魅力を四季、天気、朝昼晩という時間の移ろいごとに8つの絵で表現しています。これが、文人や画人にとっては題材としての妙をもたらし、日本でも各地で八景選びが流行るのです」

とのこと。
ちなみに、日本で最初に『瀟湘八景』をまねたのは、16世紀初頭に選定された近江八景らしい。
 


江戸時代を中心とする日本の近世史を研究されている斉藤 司さん


「それら八景を題材にした錦絵が流布すると、当時の民衆は、“素敵な場所みたいだから遊びに行ってみよう”となるわけです。もとは鎌倉幕府の物流港だった金沢でも、『金沢八景』を題材にした書画がバンバン発行され、江戸期以降は行楽地としてにぎわいました。八景選びは、町の経済を潤すための集客手段でもあったんですよ」

文化人にとっては創作活動の一貫だった八景選び。でも、そんな風流を理解できなくても、商魂たくましい人々にかかれば、利潤追求のための一手に様変わりしてしまうのが世の常であるってことか!? そりゃあ、「ア○街ック天国」や「る○ぶ」なんかで、「釣りやハイキングなどの季節ごとの行楽を楽しめて、海の幸も山の幸も豊富で、温泉まで沸いていますよ」と紹介されれば、行ってみたくなるのが我々の心情ってやつだ。

でも、金沢が景勝地として人気だったというのはどうも信じ難い。鎌倉や京都なんかと比べたら、平凡な町という印象を拭いきれないけど。それほど金沢の景観が変化したということなの?


在りし日の金沢の姿が明らかに!! 次ページ ≫

 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事