検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

野毛山公園にある『野毛山配水池』伝統的で特徴のある構造に見えますが、入りたいのに門は閉鎖されているので無理です。何故一般公開しないのか? 中の様子はどうなっているの?(港署のゆうじさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

現行の耐震基準を満たしていないため、安全に配慮し旧野毛山配水池内には立ち入ることができない。敷地内は緑多く、朽ちゆく施設が残されている。

  • LINE
  • はてな

2014年05月19日

ライター:細野 誠治

謎のドームと水道の父

皆さま、ご存じでしょうか? 野毛山公園内にある配水池。正確には配水池“跡”・・・ですが。

野毛山公園の一画に、フェンスで囲われて立ち入りができない箇所があります。
そこが、旧野毛山配水池(跡)。

 

市民の憩いの場所、野毛山公園
 

案内表示にも、ちゃんと書いてあります
 

投稿や写真の通り、中に立ち入ることはできない模様。実際に足を運ぶと確かにフェンスに囲まれ遠望するしかない。

 

ドーム状? の何か
 

園内の展望台から望む。ドーム状のものが二基見える
 

フェンス前には“ヘンリー・スペンサー・パーマー”の胸像
 

この像のパーマー氏は横浜における“近代水道設備の父”と評される人物。
問題の配水池跡、ドーム状の施設はかなり古いものなんじゃないか?
キニナル。そして普段は入れない場所、すごくキニナル。

よし、調査を始めよう。



横浜市民の水を作る

まず大前提として「配水池」とは何なのか? 配水池とは・・・
「上水道の配水量を調整するために、一時的に蓄えておく池」
・・・ということ。

浄水場から各家庭などに送られている水を一旦、溜めておく保管場所だ。
簡単にいうと“水の倉庫”。災害時に飲料水を確保する役割もある。

 

大切なライフラインのひとつだ
 

ではナゼ、跡地なのに立ち入れないのか? どうして残されたままなのか?
水道局に聞いてみよう。旧配水池を管轄している「横浜市水道局・西谷浄水場」に向かう。

 

 

相鉄線・上星川駅から「すいどうざか」を登り切る
 

 

ここが、もうすぐ100周年を迎える西谷浄水場
 

こちらの西谷浄水場はテレビのロケ地としても有名で、最近では「天才物理学者が事件を解決する」ドラマで使われていたとか。

 

実に面白い・・・
 

浄水場管理係のお二人に話を聞くことができた。

 

西谷浄水場管理係長の小田英隆氏
 

同じく管理係から小幡健也氏
 

ずばり、キニナル投稿の疑問をぶつけてみた。
—どうして旧野毛山配水池は閉ざされているんでしょう?
「施設の使用を終えたのと、老朽化のためです」と小田氏。

旧野毛山配水池は1930(昭和5)年に運用が開始され、1995(平成7)年にその役目を終えたそうだ。

 

84年前に造られた
 

高度経済成長、横浜市の人口増加により水道使用量が急増。新たな配水池が必要となり、1967(昭和42)年に現在閉鎖されている旧配水池の隣に「新野毛山配水池」を造り、徐々に役目を移行していったという。

 

 

現行の配水池は公園の芝生広場の下に設置されている
 

歴史を分かり易く、まとめてみよう。
今から131年前の1883(明治16)年、神奈川県から依頼を受けたイギリス人のヘンリー・スペンサー・パーマー氏がこの地に浄水場の必要性を説いた。工事が着工され4年後の1887(明治20)年に完成。野毛地区や桜木町方面に水道が供給されるようになった(ありがとう!)。

 

横浜の近代水道の父、パーマー氏
 

二度の拡張工事が行われるも、1923(大正12)年に起こった関東大震災により、パーマー氏の造った浄水場は全壊してしまう。

 

当初の浄水場の様子。園内の掲示板から
 

横浜市民に安全な水を供給するため、7年後に再建されたものが今回のキニナルの旧配水池。ちなみに、設計者が誰なのか資料が現存せず、分からないそうだ。

 

 

保管されていた貴重な設計図(コピー)。著者の書名がなく分からない
 

そして前述の通り、水道使用量の増加に伴い、1967(昭和42)年に新しい配水池を作成。新旧の併用期間を経て、バトンが渡されたのだ。

小田氏が言う。
「1993(平成5)年に実施した耐震診断で、旧配水池は震度6以上の揺れに対する耐震性が低いということが分かりました」

このため、安全を考えて閉鎖されているのだ。

解体は考えてはいないのだろうか?
「先の震災もあり現在、横浜市全域で“地震に強い水道管”への移行を進めています。まずはそちらを最優先事項としていますので、旧配水池は現段階では“閉鎖”という措置をとっています」

予算の都合もあるのだろう。残すべきか、それとも解体した方がいいのか?
お金だってかかる。まずは横浜市民への安定した水の供給が先だ。

 

まずはライフラインの強化を。これでいいんですよね、パーマーさん!
 


立ち入れないと言われると入りたくなる!キニナル内部へ潜入! 
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

野毛山動物園の小動物は、他の動物のエサになっている?

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

野毛山動物園で亡くなった動物の遺体ってどうなるの?

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

富岡東にある自噴井戸、大量に汲みにきている男性は何に使っている?

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

2017年~2018年 大晦日から元旦にかけての電車運行状況

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

新着記事

雨でも楽しい横浜!屋内スポット紹介【編集部厳選】

    • 面白かった8
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年06月16日

相鉄線和田町駅の「令和元気食堂」ってやっぱり新元号にあやかった?

    • 面白かった108
    • 面白くなかった2
    • コメント3
  • 2019年06月14日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

肌が健康的に美しくなれば生き方が変わる! 医療をベースに肌の悩みを解決する「テティス横濱美容皮膚科」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜駅西口からほど近い、岡野町の路地裏に、最近では見かけなくなったプラモデル店を見かけました。ウイン...

  • 子安、新子安間にある「入江橋」は歴史のある橋のようです。「復興局」という銘板が気になりませんか?入江...

  • 厚木市にある「あつぎのえいがかんkiki」では6月15日で支配人を含めアルバイト従業員が全員退職とい...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング