ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
4位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
17位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
23位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
26位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
27位
【はまれぽ名作選】50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【I☆DB】ファイナルステージ進出決定! ハマスタに訪れたファンの様子は?
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

5月11日に4年かけて修復が完了した初代周ピアノが横浜山手中華学校に帰郷すると聞きました。中華街と周ピアノの歴史が気になります。(toyoko-さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

周ピアノ創業者、周莜生は中華街にピアノ販売店を構え、関東大震災で亡くなり、二代目・周譲傑が引き継ぐが空襲によって工場が焼失した

ライター:ほしば あずみ (2014年06月27日)

幻のピアノ

かつて、横浜中華街でピアノが製造されていた。現存するものは少なく「幻のピアノ」とも呼ばれる「周(しゅう)ピアノ」とは、一体どのようなピアノなのだろうか。実は2013(平成25)年の横浜山手中華学校へ寄贈された初代周ピアノの後、2014(平成26)年に入って横浜開港資料館にも1台の周ピアノが寄贈されている。

 

横浜開港資料館では2014年6月29日まで周ピアノを展示。無料で見学できる
 

2003(平成15)年から周ピアノの調査を続けている同館の主任調査研究員、伊藤泉美(いずみ)さんに、周ピアノの歴史とその運命を伺った。



きっかけは一枚の絵はがき

 

周ピアノの調査を続けている伊藤さん
 

伊藤さんは、もともと中華街の歴史の調査研究を行っている。その過程である時、一枚の絵はがきに描かれている店の軒先に掲げられた看板に目がとまった。

 

大正初期の中華街を描いた絵はがきの左側の看板に・・・(横浜開港資料館所蔵)
 

三本の音叉(おんさ)を組み合わせたマークと「PIANO MAKER」の文字
(絵はがきの部分拡大)
 

「この看板に気がついて、ピアノを製造していたんだと興味を持ったのがきっかけでした」と伊藤さん。
この絵はがきは、現在の中華街南門通りを元町方面から眺めた様子で、今の媽祖廟(まそびょう)に近い場所に周ピアノはあったという。

伊藤さんは言う。
「現在の中華街は飲食店や物産店が立ち並ぶイメージですが、幕末の開港以降やってきた華僑の人々は、“西洋技術の伝達者”という側面がありました。西洋人の文化に合わせて、洋館建築や活版印刷、洋服製造などの先進技術を、当時イギリスとの航路があった上海や香港などの準本場仕込みで身に着け来日していたんです。ピアノ製造もそのひとつでした」

 

約90年の時を経て、ほぼオリジナルの部品のまま演奏可能な初代周ピアノ
 



周ピアノの始まり

周ピアノの創業者、周莜生(しゅうしょうせい)は1877(明治10)年、中国浙江省鎮海県(せっこしょうちんかいけん)に生まれ、上海のイギリス系楽器商S・モウトリィ商会の製造工業でピアノの調律と製造技術を身につけた。

1905(明治38)年に、モウトリィ社横浜支店を引き継いだC・スウェイツ商会の招聘で、部下2人と共に来日。スウェイツ商会で働きながら、中華街の一角にピアノ製造の研究室を作り、余暇などを利用しながらピアノの試作にあたっていたという。

1909(明治41)年、数名の熟練工と共にスウェイツ商会を退社した周莜生は、1911(明治44)年6月下旬ごろに、山下町123番地に周興華洋琴専製所(しゅうこうかようきんせんせいしょ)の看板を掲げる。34歳だった。

 

『ジャパン・ディレクトリ』1913(大正2)年の周ピアノの広告
(「製造元祖横浜風琴洋琴ものがたり」2004(平成16)年横浜市歴史博物館・横浜開港資料館編集)
 

そのころのピアノの価格は、最も安い輸入ピアノが275円くらい、国産ピアノがモデル別に250~350円、スウェイツ製は400円だった。当時の公務員の初任給は14円程度なので、ピアノは現在とはくらべものにならないほど高価で、富裕層や学校が主な客だった。
ちなみに輸入ピアノの高価なものは1500~1600円するものもあり、現在でいえばヨットを所有する感覚に近かったともいえるだろう。
周ピアノは小型の150円(現在まで未発見)、300円、350円のモデルを販売していた。

そして、2009(平成21)年に山手中華学校に寄贈され2013(平成25)年に修理を終えた周ピアノは、この広告とほぼ同型で、愛知県安城市の安城高等女学校(現県立安城高等学校)の備品だったものを個人が譲り受け、保管してきたもの。安城高等女学校は童話「ごんぎつね」で知られる新美南吉(にいみなんきち)が教鞭をとった学校でもあり、新美が赴任していた時期と周ピアノがあった時期は同じだという。
長く学校で使われてきた歴史のあるピアノにふさわしい場所として、中華街と縁の深い山手中華学校が寄贈先に選ばれた。

 

横浜山手中華学校
 



次ページでは、時代に翻弄された周ピアノのキニナル歴史
  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事