ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    奥多摩の御岳山には横浜市内の講の石碑が幾つか見受けられますが、横浜市港北区鳥山町の御嶽講の石碑は立派です。確かに横浜市東部と御岳山は武蔵國繋がりですが、御岳山信仰関連の神社や所縁は横浜市にあるのか?御...

    ナチュラルマンさん

    イオンウォーターのCMに出てくる電車が相鉄に見えますが、どこで撮影してるのか調べてください。https://www.otsuka.co.jp/adv/ion/

    よこはまんごーさん

    プリンで有名なマーロウ。逗子駅前店で乾燥ワカメ売ってて、「ここは何屋?」と思ったら、逗葉新道店では、魚介類や野菜の販売とかもやってるらしくて不思議です!本店はレストランやってるし、マーロウさんは各店舗...

    タロー先生さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

川崎市役所近くにポツンとラーメン屋らしき店が。壁には「ラーメン230円」と書かれているのですが、営業しているのでしょうか?味はどんなもの?(ハゼさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

220円という超激安の「ラーメン鳥竹」は午前11時半から午後8時まで激安でも満足できる味と量を提供している、お財布にも心にも優しいラーメン店

ライター:コハル (2014年09月21日)

ここ最近カレーやらラーメンやら、男らしい料理のレポが続くなぁと感じているライター・中原のもとに、またまたはまれぽ編集部よりやってまいりました、ラーメン店の取材依頼。

今回はなんと、一杯たったの230円で提供している超激安ラーメン店に突撃するというのだ。

230円とは、いくらなんでも安すぎないだろうか。
そんなに安いということは、何かワケアリ・・・? もしかしてトッピングがすごく高いとか? いったいどんなラーメンが出てくるのか? どんな人が作っているのか?

さまざまな期待や疑問を抱きながら、うわさの激安ラーメン店が存在する川崎に上陸!



工事中の一角に突如現れるラーメン店!

JR川崎駅の改札を出て、川崎のにぎやかな街並みを眺めながら地図を参照に歩くこと約15分。川崎市役所を横目に眺め、たどりついたのはどう見ても工事中のエリア。地図上では確かにこの辺りにうわさのラーメン店があるはずなのだが・・・。
「道を一本間違ってる?」なんて思ったところで、一枚の看板を発見!
 


あった! ラーメン鳥竹。看板の「→」の上になぜか「ビ~ル」の文字が

 
「ビ~ル」の文字に誘われておそるおそる進むと・・・。
 


あった!あんなところにラーメン屋さんらしきものが!
 

「ラーメン鳥竹」。なんだか焼き鳥屋さんみたいな店名です

 
取材時は平日の午後3時ごろ。ちゃんと営業しているし、小さな店内には3名ほどのお客様がいらっしゃる様子。ではお客様が出るのを待ちましょうか、とスタンバイする中原は衝撃的な貼り紙を発見。
 


220円! 230円ではなく220円だった! さらに安いとは!

 
お客様が全員出るのを見届けて、店長さんにインタビュー開始!
 


店長の大沢さんは、若くて爽やかな雰囲気の方でした

 
大沢さんがこのお店をオープンする決意をしたのは約1年前の2013(平成25)年9月。以前はコインパーキングの中にある焼き鳥屋さんだったが、現在パーキングは工事中。工事が終わっても、この場所でラーメン店は続けるという。

当時運送系の会社に勤務していた大沢さんのもとに、知り合いから「ちょっと面白い物件があるから、そこでお店をやってみないか?」という話が舞い込んできた。その人物が、この物件の所有者だったのだ。
 


11:30~20:00まで営業していますよ!

 
若いころから飲食店でのアルバイト経験があり、飲食業に興味があった大沢さん。
まずは物件を一目見てみようと足を運び、この建物を見た瞬間に「これは面白い! やってみよう」と決意したそうだ。

以前の所有者が焼き鳥屋さんとして利用していたため、店内は既に飲食店仕様になっていた。余計な改装を行わずに居ぬきで使用できたおかげで、改装費を大幅にカットすることができた。
 


確かに焼き鳥屋さんの雰囲気があります

 
「焼き鳥屋さんの名前も、変更せずにそのまま使用させていただくことにしました。ですから表の看板は、一部分だけ直して使っているんですよ。」

それでは、冒頭に登場した写真をもう一度見ていただこう。
 


お分かりになるだろうか?

 
「ラーメン鳥竹」の「ラーメン」の部分だけを後からカスタムした様子がうかがえる。

ただし、焼き鳥屋さん時代は建物の二階部分を座敷席として活用していたそうだが、大沢さんが見にきたときは既に屋根が吹き飛んでおり、二階部分は使用できる状態ではなかったという。

現在は適度に補強して、二階部分は倉庫程度で活用しているとのことで、屋根には修繕の努力の跡が見られる。
 


サイドを紐みたいなものでとめてあるのは大丈夫なんでしょうか?
 

守り神でしょうか

 

いったい「220円ラーメン」の味はどんなもの・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事