ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    3月に京急リラックマトレインが再登場!! しかも赤青黄色と3編成!! 「京急リラッくりはま駅」に続き、「かみがおおおおか駅」?! 「おおきいろいとりい駅」!! みて、乗って探してきて下さい。

    黒霧島さん

    藤沢駅に大量発生している鳥の正体がキニナル。駐輪場前の道路を車で走ると、8割の確率でフンが落ちてきます。 雨の日は異臭がヒドイのでどうにかしてほしい!藤沢市の対応も含めて調査をお願いします。

    abandonneさん

    国税の森林環境税ができるらしいですが、横浜市民は森林保護のために、市税の横浜みどり税と、県税の水源環境保全税と三重課税になってしまうんでしょうか? 困ります!

    たっくまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

川崎市役所近くにポツンとラーメン屋らしき店が。壁には「ラーメン230円」と書かれているのですが、営業しているのでしょうか?味はどんなもの?(ハゼさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

220円という超激安の「ラーメン鳥竹」は午前11時半から午後8時まで激安でも満足できる味と量を提供している、お財布にも心にも優しいラーメン店

ライター:コハル (2014年09月21日)

ここ最近カレーやらラーメンやら、男らしい料理のレポが続くなぁと感じているライター・中原のもとに、またまたはまれぽ編集部よりやってまいりました、ラーメン店の取材依頼。

今回はなんと、一杯たったの230円で提供している超激安ラーメン店に突撃するというのだ。

230円とは、いくらなんでも安すぎないだろうか。
そんなに安いということは、何かワケアリ・・・? もしかしてトッピングがすごく高いとか? いったいどんなラーメンが出てくるのか? どんな人が作っているのか?

さまざまな期待や疑問を抱きながら、うわさの激安ラーメン店が存在する川崎に上陸!



工事中の一角に突如現れるラーメン店!

JR川崎駅の改札を出て、川崎のにぎやかな街並みを眺めながら地図を参照に歩くこと約15分。川崎市役所を横目に眺め、たどりついたのはどう見ても工事中のエリア。地図上では確かにこの辺りにうわさのラーメン店があるはずなのだが・・・。
「道を一本間違ってる?」なんて思ったところで、一枚の看板を発見!
 


あった! ラーメン鳥竹。看板の「→」の上になぜか「ビ~ル」の文字が

 
「ビ~ル」の文字に誘われておそるおそる進むと・・・。
 


あった!あんなところにラーメン屋さんらしきものが!
 

「ラーメン鳥竹」。なんだか焼き鳥屋さんみたいな店名です

 
取材時は平日の午後3時ごろ。ちゃんと営業しているし、小さな店内には3名ほどのお客様がいらっしゃる様子。ではお客様が出るのを待ちましょうか、とスタンバイする中原は衝撃的な貼り紙を発見。
 


220円! 230円ではなく220円だった! さらに安いとは!

 
お客様が全員出るのを見届けて、店長さんにインタビュー開始!
 


店長の大沢さんは、若くて爽やかな雰囲気の方でした

 
大沢さんがこのお店をオープンする決意をしたのは約1年前の2013(平成25)年9月。以前はコインパーキングの中にある焼き鳥屋さんだったが、現在パーキングは工事中。工事が終わっても、この場所でラーメン店は続けるという。

当時運送系の会社に勤務していた大沢さんのもとに、知り合いから「ちょっと面白い物件があるから、そこでお店をやってみないか?」という話が舞い込んできた。その人物が、この物件の所有者だったのだ。
 


11:30~20:00まで営業していますよ!

 
若いころから飲食店でのアルバイト経験があり、飲食業に興味があった大沢さん。
まずは物件を一目見てみようと足を運び、この建物を見た瞬間に「これは面白い! やってみよう」と決意したそうだ。

以前の所有者が焼き鳥屋さんとして利用していたため、店内は既に飲食店仕様になっていた。余計な改装を行わずに居ぬきで使用できたおかげで、改装費を大幅にカットすることができた。
 


確かに焼き鳥屋さんの雰囲気があります

 
「焼き鳥屋さんの名前も、変更せずにそのまま使用させていただくことにしました。ですから表の看板は、一部分だけ直して使っているんですよ。」

それでは、冒頭に登場した写真をもう一度見ていただこう。
 


お分かりになるだろうか?

 
「ラーメン鳥竹」の「ラーメン」の部分だけを後からカスタムした様子がうかがえる。

ただし、焼き鳥屋さん時代は建物の二階部分を座敷席として活用していたそうだが、大沢さんが見にきたときは既に屋根が吹き飛んでおり、二階部分は使用できる状態ではなかったという。

現在は適度に補強して、二階部分は倉庫程度で活用しているとのことで、屋根には修繕の努力の跡が見られる。
 


サイドを紐みたいなものでとめてあるのは大丈夫なんでしょうか?
 

守り神でしょうか

 

いったい「220円ラーメン」の味はどんなもの・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事