ワンランク上のおもてなしをあなたに・・・ | イチオシプレミアム

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    上大岡イトーヨーカドーが3月で閉店になります。デニーズ1号店があったり、地域に密着していたので残念です。イトーヨーカドー撤退後、何になるのか気になります。どうぞ調査宜しくお願い致します。

    maru。さん

    2017年2月26日、圏央道茨城県区間が開通し 湘南から成田空港辺りまでが繋がりますが こちらを使う高速バスなどはあるのでしょうか?

    soraさん

    金魚グッズを集めています、横浜でたくさん売ってるお店ありませんか?

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
関内の激セマ駐車場にある明らかに出入りできない車! その真相は?
3位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
4位
横浜市内に創業100年を超える旅館が存在!?ライター松宮が弘明寺にある「中里旅館」に突撃!
5位
かつて花街があった開発前の「上大岡」の歴史について教えて!
6位
スポーツと横浜をつなげる横浜DeNAベイスターズの新拠点「THE BAYS」の詳細は?
7位
【編集部厳選】移り行く横浜の景色。施設編
8位
桜木町駅から迷いこんだ「不思議の野毛のアリス」? “電気も消えていて営業していない”雑貨ショップを捜し歩いて徹底調査!
9位
【編集部厳選】線路はあるのに駅がない!? JRの謎特集
10位
【編集部厳選】みんなキニナってる!? 横浜市営地下鉄の謎!
11位
かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
横浜から世界一の美女!? ミス・ユニバース神奈川県予選に潜入!
13位
内野席7000席が「横浜ブルー」に染まる新生横浜スタジアムはどうなるの?
14位
春節を迎えた横浜中華街2017、カウントダウンの様子をレポート
15位
【編集部厳選】あなたは全部読めるか!? 横浜の難読地名シリーズ!
16位
かつて野毛山公園にあった観覧車、20年前まで京急の車窓から見えたって本当?
17位
【速報】春節を迎えた横浜中華街の様子は?
18位
通年で需要あるの? イセザキ・モールの「尾張屋林呉服店」に潜入!
19位
こいの道を教えてくれる!? 立場駅近くの「湘南錦鯉センター」とは?
20位
「ハマの永遠番長」三浦大輔さんが就任した横浜DeNAベイスターズスペシャルアドバイザーってなに?
21位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
22位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
23位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
24位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
25位
【編集部厳選】幸せってなんだっけ・・・? 的な人必見! 「横浜ラッキーアイテム」!
26位
市内をママチャリで駆け巡る、奇抜な帽子おじさんってどんな人?
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(2月16日~2月22日)
28位
横浜DeNAベイスターズに加入した現役メジャーリーガー2投手の入団会見をレポート!
29位
伊勢佐木長者町で体験! “和太鼓のレジェンド”たちによる体験レッスンで「太鼓の達人」は上達するのか?
30位
横浜DeNAベイスターズの新外国人シリアコ選手とウィーランド投手の入団会見をレポート!
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

横浜のココがキニナル!

来々軒というお店に、かつて「ライライマン」というキャラクターがいて、ロボットだったり、生身の人だったりしたような。誕生秘話や、演じた人、今はどうしているのかがキニナル。(miyukidさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

ライライマンを演じていたのは、社長の知り合いの売れないお笑い芸人。現在は消息不明。ライライマン失踪後に後を継いだ二代目が、ロボ。

ライター:人見 静馬 (2014年09月26日)

幼少のころの記憶を辿れば、昔は店舗の前によくキャラクターが置かれてあった。カエルやウサギ、ゾウ。近ごろではカーネルサンダースおじさんくらいしか見かけないが、あれらはまだ現役なのだろうか。今回は、そうした記憶に関する依頼である。

なんでも、現在も続くラーメン屋さん「来々軒(らいらいけん)」がかつて展開していた別店舗、その前には「ライライマン」なるキャラクターが立っていたらしい。しかもこのキャラクター、ロボットだったこともあれば生身の人間が演じていたこともあるのだという。
 


中華街の謝甜記(しゃてんき)にはサンタクロースがいる


来々軒だからライライマンとは随分ストレートなネーミングだが、実体はそうストレートなのだろうか? 投稿者がロボットといっているからには、生身の人間が演じていない時にも動いていたことがあったのだろう。ラーメン屋の看板代わりにキャラクターを動かすとは、あまりにコストパフォーマンスが悪い気もする。演者さんのお給料だってバカになるまい。

果たしてライライマンはいかにして誕生したのか、ライライマンだった男(女?)は今どこで何をしているのか、既に消え去った(たぶんゆる)キャラの謎を追う!



来々軒

筆者に御鉢が回って来る案件にしては珍しく取材先が分かりやすいので、早速来々軒に電話連絡!

が・・・なかなか社長が捕まらない。どうやら店が繁盛しているらしく、忙しいらしい。仕方ないので編集部・山岸の助力を仰ぎ、ようやく渡りを付ける。
数日ほどして、山岸と待ち合わせて来々軒へ。赤い看板の、なかなかに食欲をそそる店構えである。
 


遠くからでも目立つ
 

北海道ラーメンとな
 

ほう、オロチョン・・・


店内にはいると、そこは良くも悪くも「ザ・ラーメン屋」といった風情。火の音と脂の匂いが充満している。女性客などは入りづらいかもしれないが、筆者は近ごろの気取ったレストランのようなラーメン屋より好きである。
 


オロチョンとはアイヌの言葉で「火祭り」の意らしい


炒飯をつくっている店員さんにアポイントの件を伝えると、2階へと通される。
 


凄まじく急な階段を上がる


そこで社長が用意してくれていたものは・・・。
 


ご丁寧に準備をしていてくださった
 

こ、これは


なんとライライマンの写真であった。なるほどこれはインパクトがある。子どものころに見たとあれば、記憶にこびりついていること請け合いである。


ライライマン!
 

ライライマン!!
 

ライライマン!!!


投稿者のmiyukidさんがより色濃く憶えていらっしゃるのは、こちらのロボであろう。腕が可動し、太ももの辺りからイラッシャイマセといった音声が流れるという。

さて、そこで投稿者が憶えていたという、いうなれば生ライライマンである。冒頭でも述べたが、どう考えてもコストパフォーマンスが悪い。このロボで十分ではないか。一体、生身の人間にライライマンを演じさせる意味とは。果たして本当に存在していたのだろうか?

だが、社長の口からもたらされたのは衝撃の答えだった。なんと、生ライライマンは確かに存在したというのだ!
 


生ライライマンの名を出すたび、何故か社長の顔が憂いを帯びる

 
 
次のページで社長の憂いの理由が明かされる!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ライター松宮に挑戦状!港南台にある「ジャンボラーメンやない」

多額の負債を抱えて突然倒産した製麺所「永楽製麺所」が復活?

「ラーメン」に関するキニナル