検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

黄金町のガード下にあるアート系の店だかアトリエだかが、正直何なのかサッパリわからない。黄金町バザールもどう楽しめばいいの?(jamies900さん、すがひこさん、ぴのたんさん、神絆会さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

黄金町ガード下お店はNPO法人「黄金町エリアマネジメントセンター」が管理、誰でも入れ、商店街を散策する際に寄ってみるのがおすすめとのこと

  • LINE
  • はてな

2014年10月09日

ライター:山崎 島

最近黄金町からアートアートと声が聞こえてくる。ザキヤマも何度かフラフラと歩き回ったことがあるが、いつも何をやっていて、でも何をやっているのかがイマイチ分からなかった「黄金町エリアマネジメントセンター」の活動。今回はそのNPO法人を取材すると共に、「若干グダグダなんじゃないか」という投稿のあった、同センター主催の黄金町バザールにも踏み込む!

4人きょうだいのうち3人が美大という、なんとも行先危うい山崎家にとってもキニナル黄金町!! 長女としてしっかり調査してくるかんね!! 折りたたみ傘を持って出発。



今ここで表現するということ
 


駅の柱の看板


京浜急行線・黄金町駅に着くとすぐに目につくこの看板。この日は毎年恒例のアートイベント、「黄金町バザール」の期間中である。
 


バザールのマップ
 

案内看板


黄金町バザールは黄金町駅~日ノ出町駅までの京急線路沿いで行われているよう。ザキヤマはぼんやりどのような場所か知っているからいいが、ふらっと寄った方にはこのPRだけでは分かりづらいだろうなあ、という印象がある。とにかく歩みを進めよ! という意味だろうか。
 


大岡川を右手に見ながら歩く


さっそく何かやっていそうな建物が! ギャラリーのようだが人がいなく、たしかに入りづらい。
 


人!? びっくりしたあ!!!!


黄金町エリアマネジメントセンターの事務所へ近づくに連れて、古い建物を改装した建物が増えていく。青いTシャツを着たスタッフらしき人や、エリアマネジメントセンターで活動していると思われる人たちがちらほら歩いていたりする。
 


ザキヤマはほんと地図が読めない


なぜか迷いに迷ってエリアマネジメントセンターの事務所(裏口)に到着。

今回取材させていただくのは認定特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局長の山野さんと広報の立石さん。お忙しいところありがとうございます。
 


直前にお送りした企画書をみて「これは簡単に答えられないね」と山野さん(左)


さっそく黄金町エリアマネジメントセンター設立の経緯についてお話を伺った。

2002(平成14)年から、黄金町の違法風俗店の取り締まりが活発になり、有志団体が新たな街作りを目的としたイベントを数多く行ってきた。
 


2005(平成17)年に「バイバイ作戦」が行われた黄金町


そして、横浜市が掲げる「創造界隈形成事業」の一つとして2008(平成20)年8月~9月に黄金町バザールを開催。この活動を一過性のものではなく、継続して行こうと翌年2009(平成21)年にNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターを発足。京急や地域、警察、行政と連携してアーティストの作品を発表する場や演劇などの練習できるスタジオ、アーティストが創作できる場所を作ってきた。

現在センターが管理する建物は約100件あるとのこと。多くは元違法風俗店の建物で老朽化が進んでおり、黄金町エリアマネジメントセンターが一軒70~80万円近くの費用をかけてリフォームしている。京急線高架下の建物は京急が建設し、横浜市が家賃を払っている。
 


工事中の壁にも作品が展示されている


そもそも、なぜ街の再生に「アート」を持ってきたのだろうか、という根本的な理由をお伺いする。「建物の問題が大きいです」と山野さん。元風俗店の建物は狭く、中には水道などが通っていない物もある。
 


どの建物も存在感がある


そこで飲食店などを経営するのは難しく、なかなか長続きしないのが現状らしい。劣悪な環境でも、自分自身で手を入れてその場所を有効活用できる人が良いのではないか、ということで、アーティスト・イン・レジデンス(アーティストが生活しながら創作活動できる場所)として展開したのが大きな理由だという。

たしかにアーティスト、特に若いアーティストは自分の作品を展示する場所はおろか、作る場所さえも無い人たちが多い。格安の家賃で活動の場所を提供されるのなら、多少難のある場所でも喜んで使うだろう。既にある場所を使えるし、コストの面ではかなり安く済む。
 


「ちょっとの間に行為をする」場所だったこの一帯


たしかにそうですけど・・・でも「そもそもアートって何?」って人たちに向けてはどうなのだろう。必要なものなのだろうか? 例えば、昔から住んでいた地域の人たちにとって、アートは興味深いものなのだろうか? 

ここで地域の人たちとの関わりを聞いてみることに。初めは「なんでアートなの?」との意見が多かったが、今では若い人が街に来て明るくなったと喜ばれているとのこと。
 


古い商店を巻き込んでのツアー型演劇
演劇センターF《まち歩き”緑”劇 はつこひ商店街物語Vol.1》(写真提供:演劇センターF)


「黄金町は風俗街だったという歴史を持っていますけど、現在抱えている問題はほかの街と変わりません。高齢化に伴う商店街のシャッター通り化など、街の人たちが考えないといけない問題がたくさんあります。私たちの活動を通じて地域の人たちが、これから街を後世に残すにはどうしたらいいのか? ということを考えるきっかけになってほしいと考えています」と山野さんはお話してくださった。

街に「アート」という馴染みの無い要素が入ってくることで、どう自分たちが関わっていくか、を考えざるを得なくなるというのには頷ける。まだまだ模索中とのことだが、その一歩を踏み出しているのだなあ。
 
 
どうすればいいのかいまいちわからない楽しみ方を聞いてみた! 
 

おすすめ記事

黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

黄金町らしい渋い表紙の「黄金町ラッシュ」はどうなったの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年11月26日~12月2日)

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【横浜周辺で遊ぼう!】今週のオススメイベント情報(10月2日~10月8日)

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

新着記事

提供中止になったはずの「コンビニで生ビール」が東戸塚で飲めた!

    • 面白かった44
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年07月19日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

「宮崎」を召し上がれ!宮崎生まれのオーナーと料理長が送る、横浜駅西口にある絶品鶏料理「いっちゃが」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

ママだって、“ママ”に助けてもらいたい! 家事・整理収納の家事代行サービス「Copier(コピエ)」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

徹底した車内クリーニングは掃除のプロもびっくり!車は友達!「友車倶楽部」

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 川崎駅のホームを拡幅する為に新しい線路を作っているが、どうやって運行に支障なく新しい線路が使えるよう...

  • 横浜からは少し離れてしまいますが、2014年に箱根の函嶺洞門が閉鎖になり隣にバイパスが通るようになり...

  • 神奈川災害ボランティアセンターがボランティアバスを出す事を決めたそうです。既に募集は終了しており、ま...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント