ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    戸塚駅周辺では。多数のマンションが建設中です。タワーマンションが林立する武蔵小杉駅周辺でも開発が継続しています。次に建設ラッシュが起きそうなのは何駅でしょうか?

    ほわりんさん

    瀬谷にある田園釣り堀が気になります!ドラマ、映画とかにも出ていて芸能人もたくさん来ているようです!取材してきてください!

    はまっこさん

    市営バスが大型二種免許の取得から支援する養成バス乗務員の採用を始めたそうです!どういう研修があったりするのか気になります!

    はまっこさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「かながわの鉄道」に「桜木町駅前のゴールデンセンターの下に造った地下鉄用ホームは無用となり、その下に新しくホームを造る」という記載。桜木町駅に幻のホームが眠っているの?(横濱マリーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

当初、地下鉄桜木町駅ホームは現在よりも上階に建設予定だったが、高速道路の地下化により計画が変更。名残りはぴおシティにはなく今のホーム階段に

ライター:三輪 大輔 (2014年10月15日)

「かもめ文庫」は、神奈川新聞が発行している地域風俗をまとめた文庫本シリーズである。その第3巻の『かながわの鉄道』の中に、「幻の市営地下鉄桜木町のホームが現在の桜木町ぴおシティの下にある」という記載があるらしい。早速、私もその本を実際に手にとって確かめてみた。
 


神奈川新聞発行のかもめ文庫『かながわの鉄道』

 
すると確かに、147ページに「桜木町駅前のゴールデンセンターの下にあらかじめ造った地下鉄用のホームは、大江橋付近の計画変更で無用となり、さらにその下に新しいホームを造るという公費のむだ遣いを強いられてしまった」と投稿にあった通りの文章を発見。
 


147ページに無用になった桜木町駅の件が記載してある

 
果たして無用となったホームはどうなったのか、今も幻のホームとして桜木町ぴおシティの下に存在しているのだろうか? そこで幻の桜木町駅に関する調査を開始した。



市営地下鉄建設と首都高速道路建設

ここで「大江橋付近の計画変更」というキーワードに関連する、桜木町駅建設当時を振り返りたい。

横浜市では、1965(昭和40)年、都市交通審議会が設けられ、鉄道建設の検討が始まった。そして1968(昭和43)年に、横浜市営地下鉄の「上大岡から関内間」と「山下町から横浜駅間」の工事が着工予定であった。しかし、その前年に首都高速道路の建設計画も始まっており、両者間で調整が行われることに。その結果、市営地下鉄は当初計画からの変更を余儀なくされたのだ。

そこで、この話に関係してくる横浜市交通局と首都高速道路株式会社に、まずは問い合わせてみることにした。しかし、当時を知る担当の方がいないということで、回答をいただくのに時間がかかるということに。50年近く前の話であるので、当たり前ではある。そこでご回答をいただくまでの間に、桜木町ぴおシティに何か形跡がないか調べてみることにした。
 


どこか哀愁漂う佇まいの桜木町ぴおシティ

 
JR桜木町駅を出て国道16号線をわたったところにあるのが、「桜木町ぴおシティ」。みなとみらい地区のある北口と違って、心なしか南口はガランとしている。
 


人の出入りも少ない桜木町ぴおシティの入り口

 
副編集長の山岸様と力を合わせ、幻の桜木町駅の名残りのようなものを探して、桜木町ぴおシティをホーム目指して潜っていく。しかし見つかるのは、場末感漂う、ぴおシティの店だけ。

念のため駅員さんに「幻の桜木町駅のホームの件で・・・・・・・」と尋ねるが、丁寧な対応こそしていただけるものの、的を射ない顔をしている。これは力づくで探すのは無理だと実感。そこで、横浜市交通局と首都高速道路株式会社の回答を待つことにした。それから数日後、両者から回答をいただくことができた。
 


館内の案内標識も色あせ、まだ「東横線」の案内が残り時代を感じさせる
 

地下街はシャッターの閉まる店が連なる
 

人通りも疎(まば)ら

 
しかし、いただいた回答は、当時を知る職員がいないため、やはり詳細は分からなかったとの内容。暗礁に乗り上げてしまったかに思えたが、どちらのご担当者も古い資料を探して、当時の様子を調べてくれた。どうやら現在の桜木町駅のホームは、当初計画より深い場所に作られており、それには首都高速道路の地下化の工事が関連しているらしいのだ。

それでは幻のホームはないのだろうか? その謎の解明には、市営地下鉄と首都高速道路の建設当時の様子を、もっと詳細に知る必要がありそうだ。そう考えて、私はある人物に話を伺うことにし、都市計画「横浜市六大事業」についても今一度おさらいしてみる。


はたしてあるのか、「幻のホーム」!・・・キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事