検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

横浜市瀬谷区に海軍道路と言う直線3㌔の道路がありますが、昔は道路の途中に門があったように記憶してますが、戦後、この道路は米軍の専用道路だったのですか?(hiroyuki _ kondoさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「海軍道路」の海軍とは旧日本海軍のこと! 日本軍の専用道路だったことも、米軍の専用道路だったこともあった!

  • LINE
  • はてな

2011年07月29日

ライター:田中 大輔

相鉄線瀬谷駅の北側へ伸びる海軍道路。真っ直ぐ伸びた直線道路の長さは約3kmで市内で一番長いと言われている。道路の脇には450本のソメイヨシノが並び、最近では季節になると花見客を迎えてくれる桜の名所としても知られてきている。

そんなきれいで華やかな道に「海軍道路」と、ものものしい名前がついているのはなぜなのか。道路のすぐ脇にはアメリカ海軍の施設があるので、どうにもコイツが絡んでいそうな気がするのだが。



現地入りの前に下調べ

まずはその歴史を調べるべく瀬谷区役所に取材を申し込んだが「詳しい者がいない」という理由で断られてしまった。

仕方がないので、海軍道路から一本奥に入ったところにある瀬谷区立図書館へ海軍道路に関する資料を探すことに。さらには中央図書館にも足を延ばし、いろいろな情報を集め、その上で実際に海軍道路を歩いてみることにした。
 


瀬谷中学校前交差点から海軍道路が始まる




2つのパートに分かれた直線道路

地図で見た通りのきれいな直線道路である「海軍道路」は、正式には環状4号線の一部だ。アスファルトで舗装された道の路肩には桜の木が並んでいる。
 


どこまでも続いていそうな美しい直線道路


歩いてみて気付いたのだが、南北2つのパートに分かれている。

南側(瀬谷駅側)は住宅や店が立ち並び、桜も片側にしか植わっていない。逆に北側は、道路の両側に桜があり、瀬谷区の
10%を超える面積を占める「米海軍上瀬谷通信施設」が鎮座していて、民家などはほとんどない。

道路の南北の境になるのは、中瀬谷消防出張所の辺り。『瀬谷区の歴史(瀬谷区の歴史を知る会)』によれば、あそこにはキニナルにもある門のひとつ「南門」があった
 


瀬谷駅から北へ直線状に真っ直ぐ伸びている
 

南門があった場所には消防署が


そこが軍用地と民有地の境で、戦時中(太平洋戦争)は銃剣を持った兵隊が警戒に当たっていたそうだ。現在でも南北で様子が違うのは、軍用地がアメリカに接収されたままだからなのだ。
 


米軍施設であることを告げる看板。後方には広大な土地が


また、『地図で辿る瀬谷の移り変わり(横浜・瀬谷地図くらぶ)』などによれば、「米海軍上瀬谷通信施設」は戦後に接収されたもので、それまではあの場所に旧日本海軍の施設があったというのだ。
 


道路の脇には「海軍道路」の看板が


その施設は、1940(昭和15)年ごろに造られたが、不思議なことに「第二海軍航空廠瀬谷補給工場」や「瀬谷補給工場火薬庫」、「海軍資材集結所」など、資料によって呼び名が違う。ただ、どの名前からも物資を集めて保管しておくための施設だったことがうかがえる。


「海軍道路」の驚くべき謎が明らかに!?次のページへ急げ!!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜に旧日本軍の軍事施設跡は残っているの?

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

返還の話があった深谷通信所と上瀬谷通信施設の現状は?

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

菊名駅が橋上駅舎に!進むバリアフリー化を調査

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

安く泊まれる「ユースホステル」の現状を教えて!

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

新着記事

相模原の相模川沿いに点在する「ヤツボ」という水場の正体とは?

    • 面白かった91
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月24日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった74
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

老舗不動産店ならではの実績と信頼。相続した物件、管理に迷ったら、ぜひ相談したい「クローバーライフ」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング