検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

すかいらーく系列初のカフェ「むさしの森珈琲」が南区の六ツ川にオープンしたそうなのでレポートをお願いできますか?(コビン・ケスナーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

3月7日にオープンした「むさしの森珈琲」はゆったりと過ごせる珈琲店。オススメは、ふわっとろのパンケーキや半熟卵がのったエッグベネディクト!

  • LINE
  • はてな

2015年03月12日

ライター:桐生 由美子

「日本初! 南区六ツ川に日本初のすかいらーく系列の珈琲店ができるんで取材行きましょう!」
相変わらず「初」という言葉に弱いはまれぽ。久しぶりにきた編集部・山岸からの電話に「知ってるよ、近所だし」と返しつつ、実は私もキニナっていたのでさっそく現地調査に繰り出した。

取材依頼を受けたのは3月3日。とりあえず自宅から徒歩5分の、まだ工事中の現地へ行ってみた。大きな窓から店内をのぞき込んでみると、遅い時間にもかかわらず灯りをつけて内装工事をしている様子がうかがえた。入口脇には「2015年3月7日オープン」というのぼりが立っている。

「むさしの森」ってどこの森? なんで六ツ川にできるんだろう? プレオープンの時に聞きたいことが山積みになってきた。
 


店は桜木町から戸塚に延びる平戸桜木道路沿い
 

ここ。最寄り駅は弘明寺(GoogleMapより)





自然があふれる癒しの空間で1日中まったりできる

「むさしの森珈琲」のネーミングの由来は「すかいらーくの本社が東京都“武蔵野”市にあるから『むさしの』、デザインコンセプトが高原リゾートの珈琲店なので自然のイメージで『森』、合わせて『むさしの森』です」

開口一番の質問に快く答えてくださったのは、すかいらーくグループとして初のカフェ事業を展開するニラックス株式会社 社長の崎田晴義氏。
 


崎田晴義氏。「六ツ川はむさしの森珈琲のコンセプトにぴったりの地域層です」


確かに店内は木を基調にしたインテリアで統一され、深呼吸をすると新築の木造住宅のような木の香りがする。見渡すと木製のオブジェや動物の置き物などがディスプレーされている。
 


天井を見上げると木製のカヌーが!
 

自然の木材をインテリアに取り入れている
 

木を削ってつくられた動物の置き物


「そして、高原リゾートの珈琲店というデザインコンセプトに対し、ショップコンセプトは『オールデイリビング~ゆとりの癒し空間~』です」と崎田社長の話は続く。

「時間に関係なく、朝昼夜いつでもゆっくりと自分の時間を過ごせる地域のコミュニティカフェとして利用してほしい」という思いがあるのだという。

店内は1日に何回訪れても飽きずに心地よく過ごせるように、と深々と座って寛げるソファーを中心に14種類の椅子を設置。テーブルは広めで、隣の人を気にすることなく食事ができる幅や奥行きが確保されている。
また、ゾーンごとにテーマを設定し、女性客やファミリー客だけでなく男性だけでも入りやすい工夫が施されている。
 


広めのソファーと落ち着いた色合いのブースは「男性的なイメージ」としてデザイン
 

木のイラストに木をカットしてつくった花をあしらった壁面
 

1人用の席もゆったりと座れるソファーを採用。テーブルにはコンセントとWi-fiも完備!
 

大きな窓から陽射しが降り注ぐテラス席


ゆったりとしたソファー席やテーブル席が多数あるので、長時間のんびりできるのが嬉しい。
今日はこの席、次はあっちの席に・・・という選択ができることで、気分を変えながら終日自宅のリビングにいるような寛ぎ感を味わえるのが特徴だ。

そもそも第1号店を六ツ川にした理由は何だろう。社長に伺うと「もともとここは別業態の“おはしcafeガスト”でしたが業態転換を行い、カフェ事業を展開しました。その際ターゲットとした“30~40代の女性”と“シニア層”の多く住んでいる地域が六ツ川だったんです。もちろんこの街の雰囲気がいいと感じたのでこの場所を第1号店として選びました」と答えてくれた。
 
 
こだわりのメニューを味わう!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

白楽にある自然食カフェはどんな店?

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェ♪

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

横浜赤レンガ倉庫の「ヨコハマストロベリーフェスティバル2018」をレポート!

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

平沼橋の「大船渡からやってきた居酒屋」はどんなお店?

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

新着記事

横浜市内ではしか患者が発生! 移動経路や麻しん予防のためにできることは?

    • 面白かった44
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年02月19日

横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2019春」が開催! 市内の参加店舗は?

    • 面白かった34
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年02月20日
建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

結婚相談所はモテない人の集まりじゃなかった! 理想の相手を“きちんと”見つけたい人必読!

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 鶴見駅東口からさとうのふるさと行きのバスが出ています。ネットでホームページを見てもかなり古く、なんと...

  • 金沢区にある富岡総合公園のすぐ近くに富岡住宅という4棟だけの団地がありますが、誰も住んでおらずなんだ...

  • 新東名が3/17に部分開通するそうです。東名と圏央道との乗り換えが伊勢原に移るので、渋滞もましになる...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング