検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜市水道局による「水缶」備蓄キャンペーンで「熱湯で乾パンをふやかして作るお好み焼き」が非常時向けレシピとして紹介されたそうですが、詳しい作り方が知りたいです(羽後人さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜市水道局が水の備蓄を促進するために販売している7年間保存可能な「水缶」。その正体と、水缶を使用して作る非常食レシピ2つを紹介!

  • LINE
  • はてな

2015年03月30日

ライター:コハル

地震などの災害が発生したときに、真っ先に確保しなければならないライフラインが「水」だ。みなさんは万が一に備えて、必要な量の水を確保できているだろうか?

実は人間が1日に必要な水の量は飲料水だけで約3リットルと言われている。大規模災害が発生した場合に給水車の配給が開始されるのは3日前後要することもあり、備蓄をするならば、最低でも3日分にあたる9リットル×家族分が必要なのだ。

しかし水にも賞味期限があるため、備蓄用の水を1~2年ごとに購入し直すというのは手間もコストもかかるのである。
 


9リットルとはかなりの量です
 

そんな悩みを解消するために製造された「水缶」なる商品が横浜市水道局から販売されているらしい。この水はなんと、賞味期限が7年だというのだ。

そんな水缶の実態を探るために、ライター・中原が横浜市水道局を訪問!



水缶ができるまでの経緯は?

今回取材に応じてくださったのは横浜市水道局総務部総務課危機管理係の高橋奈都巳(たかはし・なつみ)さん。
 


よろしくお願いします
 

横浜市水道局では「横浜市災害時における自助及び共助の推進に関する条例」などに基づき、災害の発生に備えて横浜市民や企業に対して「1人1日3リットル、最低3日分で9リットル以上」の飲料水の備蓄を推奨している。この水缶の販売は、その取り組みの一環なのだ。
 


これが水缶(500ml)です
 

ちなみに、横浜市では阪神淡路大震災や東日本大震災などの影響でこういった取り組みがスタートしたわけではなく、1973(昭和48)年からすでに水缶プロジェクトは開始していたそう。意外と歴史は古いのだ。

これまでは1缶350ml・保存期間5年だったが、2014(平成26)年6月1日から1缶500mlに増量。保存期間も7年という新バージョンの発売を開始。それに伴いキャンペーンなどの告知も増えたため、私たちも目にする機会が増えたのかもしれない。
 


ピンクリボンともコラボしてます
 

それにしても、本当に7年も保存できるのだろうか? いろいろな疑問を高橋さんに聞いた。

「水を缶につめた後に“レトルト加工”と呼ばれる処理を施しています。細かいフィルターで濾過した水を、110度の熱で加熱・殺菌しているのです」と高橋さん。
保存期間を長くするために保存料などの薬品を使用しているわけではないということで、味もまったく心配がなさそう。

実際に水道局が過去に販売した水缶の品質チェックを行い、7年間保存が可能なことを確認したとのこと。
 


ケースで販売しています
 

この水缶の原材料となっているのは、静岡県産の深井戸水。横浜の水ではないのがちょっと意外だが・・・。

高橋さんは「できるだけ多くの方に備蓄していただけるよう、我々は水缶の価格を下げることも重視しているのです。そのために横浜市以外の製造業者にも見積もりを依頼し、より高いコストパフォーマンスを実現してくれる企業を採用しています」と話す。

その結果選ばれたのが、製造費用、水質、そして経年劣化などを比較した上で最も優れたプランを提案した静岡県の山中缶詰株式会社だったのだ。
 


詳細はこんな感じです
 

価格は1ケース500mlの水缶が24本入りで1800円(税込)。ということは、1本あたり約75円。7年保存ができるという魅力を考慮すれば、かなり良心的な価格設定かも。

実際のところ、本商品の販売価格のほとんどが原価であり、横浜市水道局が利益を視野に入れて製造・販売しているというわけではないそうだ。

水源に関心を持ってもらおうという目的で作られ、売り上げの一部を地域貢献や国際支援に寄付する「はまっ子どうしThe Water(賞味期限2年。500mlペットボトル24本入り1ケース2400円、2リットル6本入り1ケース1200円)」とは目的そのものが違うのだという
 


山梨・道志川の清流水を詰めた「はまっ子どうしThe Water」
 



 

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 野毛山動物園、交番横に古い歴史がありそうな邸宅がありましたが、取り壊され建設中の建物があります。過去...

  • 港南区から大和市へ引っ越して以来夜勤明けで朝から飲める酒屋、立ち飲み屋を探してはいるんですが、大和、...

  • 山下埠頭を見ると多くの倉庫が解体されていますが、未だに残っている建物があります。新たにIRを誘致する...

最近のコメント

アクセスランキング