検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

神奈川県の県名はなぜ「神奈川」を採用したの?「横浜」でも良かったのに。(もといさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

県名に「神奈川」を採用した理由は、はっきりとわかっていないが、明治新政府が対外関係を重視したため、「神奈川」の名を使ったと推測される。

  • LINE
  • はてな

2011年08月09日

ライター:鈴木 亮介

なぜ「横浜県」でなく「神奈川県」なのか?確かにそう言われればそうだ。
そもそもどうやって県名は決められたのだろうか。

現在のような都道府県制になったのは、1871年(明治4年)7月の廃藩置県 によって決められたのだが、この時点ではすでに神奈川県は成立して数年を経ている。

神奈川県のホームページや横浜市のホームページを見ても、名称決定の経緯については明記されていない・・・。
こんなときは、この道のプロに聞くのが一番!さっそく、プロに尋ねてみよう。

ということで、訪れたのは県立歴史博物館。学芸員の寺嵜(てらさき)氏に話を伺った。

 


いざ、神奈川県立歴史博物館へ




神奈川県誕生の経緯

聞くところによれば、「神奈川県」の誕生経緯は、横浜開港の歴史に大きく関係していた。

1858年(安政5年)に結ばれた日米修好通商条約により、神奈川湊を開港することが決まった。
しかし、当時東海道の宿場町としては最大規模の都市であった神奈川湊を開港すると庶民と外国人とが接することが多くなり、攘夷(じょうい)派と対立する危険性があったほか、神奈川は江戸と陸路でつながっているため、治安が悪化してしまうことも懸念された。そこで幕府は急遽、三方を海で囲まれている貧しい漁村であった「横浜村」を開港場とした。

これに対し、「神奈川を開港するといったのに約束が違う」と諸外国は猛反発。そこで幕府は野毛村(現在の神奈川県立図書館付近)に神奈川奉行所を、関内の現在神奈川県庁が建つ位置(横浜市中区日本大通)には神奈川運上所を設置し、「横浜村は神奈川湊の一部だ」と主張した。
 


大変丁寧にご回答頂きました


1868年(明治元年)旧暦3月19日、神奈川奉行所および神奈川運上所は、明治新政府に接収されて横浜裁判所となり、次いで同年4月20日に神奈川裁判所と改称。

当時の「裁判所」とは行政機関を指す言葉で、機能は県庁と同じであり、これが実質的に現在の神奈川県にあたる。
そして、同年6月17日に神奈川府、同年9月21日に神奈川県へと改称した。

こうして今に至るのだが、肝心の「神奈川」を県名にした理由については疑問が残る・・・。

経緯を教えてくれた寺嵜さんもこれに関してはわからないということで、元神奈川県立公文書館職員である樋口雄一氏の論文を見せてくれた。

論文によれば、この頃慣例的に「横浜県」と呼ぶ人もいたようだが、正式な文書には登場していないという。
また、当時の明治新政府が対外関係を重視し、明治新政府の外交責任者であった東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)氏を神奈川裁判所総督に任命していることから、樋口氏は「神奈川府となったのは明治新政府の新たな指示によることが明らかである」と記している。

日本が開国し、明治新政府ができた要因は外国からの圧力によるところも多く、外国との窓口を重視していたことは東久世氏の就任に象徴的に現れているのである。

しかし、大政奉還後、明治新政府の体制を整える過程での命名だったため、はっきりと分かる史料が残っておらず、「誰がどのように『神奈川府(県)にしろ』と決めた」のかは判然としない。

ただ、樋口氏の研究を踏まえて考察すると、明治新政府が地方制度の確立を目指し全国に府県を設置した際に、諸外国と幕府が締結した条約上の開港場であった「神奈川」という名をそのまま引き継ぐよう指示したのではないかとみられる。


ではなぜ、横浜という地名はメジャーになったのだろうか?その核心にせまる!次のページ ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

普段は閑散としている「宮前商店街」、提灯祭の由来とは?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

しょぼい駅「神奈川駅」。名付けられたその真相は!?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

【編集部厳選】テレビで火が付いた謎のフレーズ「イエス! カレーライス」! 横浜のおいしいカレー特集!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

昭和の時代に南区にあったストリップ劇場「春風座」とは?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった39
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった39
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

30年以上前に横浜を席巻したブランド「FREEWAY428」の期間限定イベントを徹底レポート!

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 二俣のジョイナステラスのエスカレーターが右側通行になっていることに何か違和感を感じるのですが、まあそ...

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント