検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【神奈川の企業さまへ】はまれぽで求人募集しませんか? 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
  • イチオシ「住む」バナー
  • ホワイトデーは◎倍返し・・・!? 困ったときの「はまれぽイチオシ店」

ココがキニナル!

横浜駅とダイヤモンド地下街。どうしても階段を登っておりないと行き来できません。使い勝手が悪すぎます。どうしてここはつながることができないのでしょうか・・・(ほんま かつゆきさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜駅構内とダイヤモンド地下街を結ぶ「馬の背」は、2020年東京オリンピックに合わせバリアフリー化され、つながる予定。

  • LINE
  • はてな

2015年04月22日

ライター:山崎 島

JR横浜駅中央改札を出て、ダイヤモンド地下街へ行くまで、一回階段を上がってまた下がらなければならないこと、みなさんうすうすお気付きのことと思います。
 


やっと上がってもまた下がらなければ・・・人生の教訓?


「こんなもんなんだろうなあ・・・よっこいせ」と何気なく通っていたあの道。言われてみるとすっごい使い勝手悪いよなあ。多くの人が行き交う横浜駅のあの場所が、なんであんなふうになっているのか。ぷりぷりしていたら神奈川新聞でこんな記事を見つけました。
 


馬の背??


件(くだん)の通路がなんと2020年の東京オリンピックまでにバリアフリー化されるんですって!!これは詳細を聞きに行かねば!!



がしかし

株式会社相鉄アーバンクリエイツと株式会社JR東日本横浜支店に問い合わせても「まだ各関係個所と確認の段階のため、お答えできることはありません」とのご返答。

で、でも新聞には出てましたよね・・・編集部・山岸の普段の行いが悪いの? と俄然弱気になる。これは時期が来るまで待たないとなあ、と思っていると、新聞記事の中に、2009(平成21)年から始まった都市計画「エキサイトよこはま22」の文字を発見。てことは都市整備局に行けば何か分かるかも!! 
 


やってきました横浜市役所


お忙しい中取材にご協力くださったのは、都市整備局都心再生部都心再生課横浜駅周辺等担当課長(長い)の吉田さん。
 


脱力感が渋いいかんじ


さっそく「馬の背」についてお話を伺った。まず、あの場所が「馬の背」と呼ばれているのは何故でしょうか?

「詳しいことは不明ですが、上がってまた下がるところが、馬の鞍のような形状をしているからそう呼ばれているんじゃないですかね。誰が言い出したかは・・・ちょっと分かんないなあ。でもたぶん市役所発祥だと思いますよ」とざっくりお答えくださった。

確かに、あの場所を「馬の背」と呼んでいる人ってあったことないし、新聞で初めて知ったもんな。市役所の中だけで使われている名称の辞典作ったら結構厚みがありそうですね。
 


現在の「馬の背」の様子(都市計画市素案説明会 平成26年4月7日資料より)


次は「馬の背」はいつ、そして何故できたのか。

「当時の資料は残っていないので、やはり詳細は分かりませんが、ダイヤモンド地下街ができる前のJR横浜駅のもともとの構造に原因があると思います。2つの施設を同時に設計していたらあんな形にはならなかったでしょう・・・できた時期・・・もはっきりとは分からないですね。あくまでもJRと相鉄の施設ですから、市として把握している資料などはありません」

なるほど・・・JR横浜駅が現在の場所にできたのが1928(昭和3)で、ダイヤモンド地下街が1964(昭和39)年にできたわけだから、おそらく1964年には「馬の背」はあったのではなかろうか。
 


上から見た図


(1)と(2)の間が「馬の背」。(1)の階段が3メートル、(2)の階段が5メートル
(第5回エキサイトよこはま22懇談会資料より)。

横浜駅には鉄道会社が何線も通っているため、ホームから改札まで高低をつけなければならず、地下通路を作り改札を駅周辺の地上より低いところに設置せざるを得なかった。

大きな駅だからどうしても階段が多くなるのは仕方がないかもしれないが・・・。1965(昭和40)に自由通路を作ろうとしたときに工事はできなかったのだろうか。それも今となっては分からない。

新聞記事にはクレームも多く「馬の背」解消は長年の課題になっていたと書かれていたが、これからどうしていくんでしょうか?

「2020年の東京オリンピックへ向けて『西口駅ビル(仮・元CIALがあった場所にできるビル)』を作る工事と『馬の背』のバリアフリー化の工事をすることが決定しています。新聞記事にもあった通り全体調整は横浜市が行いますが、駅ビルはJR、西口地下街は相鉄アーバンクリエイツが工事を担当、費用の負担をします」

「この工事をするにあたり、駅ビルの地下と西口地下街をつなぐ地下通路のみ、市や国から補助金がおります。地下通路の工事予算は約36億円で市からの補助金は3分の1、国からも同じく3分の1で、残りは各企業の負担となります。すでに準備工事は一部始まっていますが、本格着工は2015年秋から始まります」とのこと。
 


「馬の背」ビフォア・アフターであります


ちなみに、西口駅ビル(仮)を建設するにあたり、現在あるユニクロや西口ルミネ、それに物産展はなくなってしまうんだそう。
 


ぶっさんてーん!!!


それはそれでとても寂しい!! 「『エキサイトよこはま22』での横浜駅の再開発は、これから起こりうる大きな地震などの災害に備える目的もあります。現在の横浜駅は、ほとんどが地下の通路しかないので、水の被害に対して弱いため、地上にも通路を作るなどして対処していきます」とのこと。なるほどです。今のうちに物産展に通いつめましょう。

「まだまだ横浜駅は変わっていきます。まちづくりに終わりは無いですから」とおっしゃる吉田さん。新たな横浜駅さまざまな個性をお持ちの人々に使いやすく、親しみやすい場所になると良いです。
 
 
駅利用者の方々はどう思っているのでしょうか・・・? インタビューしちゃいます!
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

バリアフリー化だけじゃない!JR関内駅北口整備の実態とは?

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

横浜駅みなみ西口からそごう横浜の最短徒歩ルートはどこ?

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

横浜市の火葬代は高いって本当?

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

岸根公園は、死体置き場だった?

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

新着記事

日本初船上美術館や猫の日おススメイベントも!横浜ならではアート体験

    • 面白かった25
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年02月21日

神奈川県内唯一の手焼きたい焼き移動販売「一丁焼このは」。手作りあんことパリパリ薄皮が絶品!

    • 面白かった65
    • 面白くなかった1
    • コメント3
  • 2019年02月22日
【神奈川の企業さまへ】はまれぽで求人募集しませんか? 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
イチオシ「住む」バナー
ホワイトデーは◎倍返し・・・!? 困ったときの「はまれぽイチオシ店」

はまれぽ編集部のイチオシ

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

地域と共に発展を目指す! 確かな施工に定評がある「株式会社安藤建設」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜駅東口に3月15日にオープンするエンターテイメント施設ビル「アソビル」に「うんこミュージアム」が...

  • 高齢者施設などでもディスコを広めているDJ OSSHYさんがFMヨコハマで長年、選曲もされていたよう...

  • JR根岸駅から八聖殿まで行く時、横浜市営バス97系統(根岸駅~循環)を使うと、同一路線の中に「本牧市...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング