ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜が生んだ喜劇俳優ムロツヨシさんを徹底解剖!

ライター:永田 ミナミ (2015年08月18日)

2011(平成23)年放送のTVドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』(テレビ東京)、2013(平成25)年から出演中のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)で注目を集めて以来、多数の映画・ドラマ・舞台に出演。最近ではバラエティー番組のMCも務めつつ、9月には自身の舞台「muro式.9」の幕が上がるムロツヨシさんから目が離せない。

変幻自在なキャラクターと飄々とした演技の間とテンポは一度はまったらもう抜け出せない、というか気がついたらここにもそこにも出ているムロツヨシさんと、横浜とムロツヨシさんの関係性を新解釈するロングインタビュー。
 

ムロツヨシ
誕生日: 1976年1月23日
血液型: A型
職 業: 喜劇俳優
所 属: ASH&Dコーポレーション




ムロツヨシと横浜

─こんにちは。横浜からやってきた「はまれぽ」です。ムロツヨシさんは横浜のどこ出身なんですか?

とうとう地元横浜から来ましたか、嬉しいですね。僕は菊名です。菊名記念病院で生まれました。そのあと菊名に4歳くらいまで住んでいて、そこから神奈川区の三枚町に移ってそこで5年。次に小学校4年くらいで隣町の片倉に引っ越して、そのあとが大倉山です。
 


「大倉山は高3くらいからなので、いちばん長かったのは片倉ですね」


─横浜のなかでも、いろいろな街で暮らしたんですね。

はい、横浜市内を転々と。いろいろ複雑に入り組んだ面白い家庭事情があっての「転々」ですね。いろいろ家族が変わっていくという「変化型」の家族だったので(笑)。一般的な家族は進化型なんですが、うちは変化型を採用してまして。

─家族構成にいろいろ柔軟な変化があったそうですね。

そうなんです。両親が4歳のときに離婚しまして、父親と暮らしていたんですけど、ある日父親が出ていきまして。それからは祖父母と暮らしていたんですが、ある日そこに父親がとある女性と子どもを2人連れて帰ってきて隣に暮らし始めるんです。

それで突然2人の兄になったなと思ったら3年後に3人は父のもとを離れて行きました(笑)。そういう柔軟な変化に対応して、それぞれの変化のタイミングでの移動ということですね。

─いちばん長く過ごした片倉での思い出の場所っていうとどこですか?

セントラルスイムクラブ横浜の手前に住んでいたので、その景色が印象に残っていますね。プールの匂いも。そのセントラルスイムクラブで働いている加藤大輔とは同級生でずっと一緒に遊んでいて、今でも僕の大親友なんです。あ、よかったらセントラルスイムクラブの写真載せてもらってもいいですか? 横浜の地域情報サイトに載ったら喜ぶと思うので。コネだということも書いておいてください(笑)
 


というわけでこちらがセントラルスイムクラブ横浜である。加藤さんものちほど登場


あのころはファストフード店ができただけでもう大フィーバーだったんですよ。「わが街に初のファストフード店がやってきたぞ」って。コンビニができたときも大騒ぎでした。たぶんそのファミマが最初だと思うんですけど、加藤大輔に聞いてくれればだいたいのことはわかります。
 


というわけでこちらが、ムロツヨシさんたちが歓喜したファミリーマートである


─ムロツヨシさんは横浜市歌、歌えます?

あ・・・歌えないなあ。でも小学校の校歌は今でも歌えます。「野のみどり 空のあおさが~」。あと中学が「港にこめたる 朝もや晴れて~」で、高校が「七つの海をつなぐ船の~」。僕らのときはたぶん横浜市歌をあまり歌わなかったと思うんですよね。

三枚町から片倉に引っ越しても学校は変わらなかったので、神大寺小に1年生から6年生まで通ってたんですけど、その6年間は神大寺小でサツマイモを掘るのがやたらと流行っていたんですよ。それで、横浜市歌のかわりというか、小学校オリジナルの芋の歌をよく歌ってました。
 


僕らのときだけ流行ったのかもしれないけど、今でもあるのかな


ちょっとフレーズか音程が出てくれば思い出せるんだけど・・・思い出した。「イモはイモでもサツマイモ 天ぷら焼き芋何でもできる いもでん音頭で見つけよう~」あ、曲名は『いもでん音頭』です。今でも歌ってるのかな。

(というわけで神大寺小に問い合わせてみたところ、音楽担当の先生にも確認していただいた結果、残念ながら現在『いもでん音頭』は歌われていないそうです)

─子どものころ、よく遊んだ場所はどこですか?

僕らは、子どものときにちょうど今の横浜への変化を見ている世代なので、みなとみらいがまだ空地だったときから自転車でよく遊びに行っていました。

中学校1年くらいの時は、まだ観光地になる前のできたばかりの臨港パークに遊びに行ってたんですよ。残念ながら僕の手柄ではないんですけど、友達が「見つけた!」って言うので自転車に乗って臨港パークに行って、開通間近のベイブリッジの写真を撮ったり、ふざけあったりしていました。それからどんどんビルが建ちはじめてっていう時代ですね。
 


あのころはどこへでも自転車で行ってました。それが楽しかったんですよね


─高校時代はどうでしたか?

高校3年間はもう遊びに遊びました。部活はハンドボール部でしたけど、僕が通っていた県立鶴見高校は強豪校ではなかったので、ハンドボールもやりつつ友達とサッカーばっかりやっていましたね。ちょうど高校2年のときが「Jリーグ元年(1993<平成5>年)」なんですよ。
 


「あとはうちが遊び場だったので部活帰りにうちに集まってゲームやったりとか」


高校3年のときは、部活は引退したけど校庭でサッカーをやるという、もはや小学生とやってることが変わらない高校生でした(笑)。卒業式が終わったあとも、浪人するので本当は予備校に行かなきゃいけなかったのに3月31日までサッカーをやっていました。そのときのことを思い出すと、予備校代を払ってくれていた家族には本当に申し訳ないですね。

─高校生のときに遊んでいたのは横浜のどのあたりですか?

横浜駅西口のあのメインストリート(現在のパルナード通り)です。高校生のころは河合塾に通っていました。今は現役生用の建物が近くに新しくできてますけど、僕らは東急ハンズのほうまで歩いていって。あ、今はハンズもモアーズのなかに移転しているんですよね。

昔は駅から(アリック)日進(現在のドン・キホーテ)があって、ビブレがあって、僕らは「日進の道」って呼んでいました。鶴見高校から横浜駅に移動して、3~4人で河合塾に向かって旧東急ハンズのほうに歩いていくんですけど、誰かが「カラオケ行こう」とか、どこかに行こうって言い出すのを待っているんですよ。

予備校には行きたくないけど、誰かのせいにしたいから(笑)。で、誰かが言い出したらそこに行くっていう。「おまえが言うんだったらしょうがねえなあ」って行って、予備校に行かなきゃいけないのに行かないで、横浜駅をうろちょろしていました。

─高校時代は、友達のなかではみんなを引っ張るほうだったんですか?

いや、僕は全然そういう感じじゃなかったです。リーダーはほかにいて、僕は「遊ぶんだったら遊ぶよ」っていう感じでした。ただ、僕の場合はうちの祖母が「寂しい思いをするくらいなら友達呼びなさい」っていう人だったので、うちがたまり場みたいになっていて「じゃあ最後はツヨシんちで」みたいな流れはありました。


役者を目指したきっかけとは?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事