検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

焼肉交差点こと木月4丁目交差点の「焼肉北京」。休業中ずっとお店の窓が開いたまま。もう再開しない?と思ってたら元住吉のブレーメン商店街で再開するって本当?(ぴろさん)

はまれぽ調査結果!

「焼肉交差点」は道路拡張などの理由で自然発生的に焼肉店が偶然集まったもの。「北京」は現在元住吉のブレーメン通り商店街で営業を再開。

  • LINE
  • はてな

2015年12月08日

ライター:福原 麻実

「焼肉交差点」の「北京」という焼肉店。「焼肉交差点」の由来もキニナルが、焼肉店に「北京」というネーミングもちょっとキニナル。

そしてこのお店の現状は? 窓が開いたままというお店の建物は? 「焼肉交差点」の成り立ちも含め、お店の方にお話を伺うべく川崎市中原区の「北京」へ!

 
 
窓が開いたままの「北京」へ

まずは「焼肉交差点」の「北京」は現在どうなっているのか、見てみることに。
 


ここが焼肉交差点と呼ばれる木月4丁目交差点


最寄りとなる東急東横線元住吉駅からは徒歩10分ほど。
 


こちらが「北京」。投稿にある通り、窓が開いたままだ


中はテーブルらしきものしか見えないな、と2階を見上げてばかりいたが、1階を覆っている板にポスターを発見した。
 


ちょっと手の込んでいる印象のポスター


移転を知らせるポスターだった。2015(平成27)年11月8日。つい最近、営業再開したばかりのようだ。
新しいお店はどんなところだろう? 早速行ってみることに。
 


楕円で囲んでいるのが旧店舗、印が新店舗


焼肉交差点から新しい店舗までは、筆者の足で15分くらいだった。
 


新しい「北京」はマップの一番右にある十字路のあたり


大きな交差点に面しているビルから、商店街の地下へ。大きく環境が変わった「北京」だが・・・
 


看板を見る限り、あまりテイストは変わっていない印象


昭和テイストが残る、昔ながらの焼肉店なのかなと思いながら中にお邪魔して驚いた。
イメージしていた焼肉店と違って、なんだかおしゃれなダイニングのようなお店だった。
 


地下への入り口とドア


お話を聞かせてくださったのは、金義仲(きん・よしなか)さん、残念ながら写真はNG。2014(平成26)年に息子さんにお店を譲られるまではオーナーだったそうだ。
 


現オーナーの金淳一(きん・じゅんいち)さん(左)と店員の小林梨香(こばやし・りか)さん


「北京」はもともと、金さんのご両親が57年前、1958(昭和33)年ごろに中華そば店として開いたお店だったという。だから「北京」という名前なのか! と、筆者のキニナルがひとつ解決された。

当時のお店は今回の移転前にあった場所ではなく、交差点の反対側、現在「樹樹」という名前の焼肉店がある場所の横だったそうだ。それが約50年前に、現在「北京」のビルが残っている場所に移ったのだという。

「そのころは中華そば店ではなく、24時間営業で、中華そばと焼肉と今でいう洋食っていうのかな。いろんなものがありましたね」と語ってくださった金さん。50年前に24時間営業で、多彩なメニュー。面白いお店だったようだ。
 


今とは違う業態のお店だったんだなあ


その後、道路拡張があった際にあのビルに移ったのだという。そのころは中華そばと焼肉のお店になっていて、最終的に残ったのが焼肉だったようだ。
 
 
 
移転の原因となった火災について伺う・・・≫

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

元住吉の二郎インスパイア系ラーメン店、新「豚星。」に突撃!

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

元住吉駅周辺の三大商店街は仲が悪いって本当?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

古き良き雰囲気の焼肉食べ放題の「ヒコバンバン」に突撃!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

野毛には、リアルな深夜食堂がある?

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

新着記事

居酒屋のキャッチについて行ったらどうなる?その1

    • 面白かった457
    • 面白くなかった12
    • コメント4
  • 2018年10月18日

台風の塩害で「横浜三溪園」の紅葉がピンチ? 秋まで尾を引く災害の爪痕とは

    • 面白かった131
    • 面白くなかった2
    • コメント5
  • 2018年10月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

訪れた誰もがきっと笑顔に! 日常を豊かにする、本場の味。焼肉店「金城園」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

心沸き立つ中古車に出会うなら、「生きたクルマ」がずらり並ぶ旭区「横浜オート株式会社」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

店の縁、人の縁。関内駅前にある、行けば何かが待っている愛嬌酒場「えにし」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • ほっこりします。相鉄バスを通勤で利用していますが、最近になって車内アナウンスの変化がありました。それ...

  • 洪福寺松原商店街に出来たカゥンというミャンマー料理屋さんがキニナリます。 美人で可愛い店長が作ってく...

  • 東急沿線なのに、なぜバスは東急が走っていないの?

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント