検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

第27回は「ゴマ系」の店、南区前里町の千家本店と鶴見区生麦の大黒家・生麦本店へ。千家では「ゴマ増し」のラーメン、大黒家生麦本店ではシンプルな「家系ラーメン」がおすすめ

  • LINE
  • はてな

2015年12月31日

ライター:はまれぽ編集部

たかがゴマ、されどゴマ

27回目となった今回は、いわゆる「オリジナル系」のなかでも特徴のある店を取材することにした。京急線・黄金町の「千家(せんや)本店」と京急線・生麦駅の「大黒家生麦本店」だ。それぞれ「本店」とつくぐらいあって多店舗展開している。

さて、何が特徴なのか。それは「ゴマ」だ。
 


ゴマちゃん(フリー画像より)
 

ラーメンにゴマ。ゴマ。・・・ゴマ。うーん。想像がつかない。

博多のとんこつラーメンには多くゴマが入っているイメージがあるが、横浜家系ラーメンにゴマが入っている印象はない。

しかしながら、この「ゴマ」を入れることをかたくなに守り続けている店がある。そこで、その店をこう呼ぶことにした。「ゴマ系」の店と。

では、いってみましょう。まずは横浜家系ラーメンのなかでも「ゴマ系」総本山である「千家本店」へ。
 


ちらす意味
  


京急線・黄金町駅から徒歩7分ほど。千家本店に到着
  

「ゴマっぽいポーズをお願いします」という発注に対してこれが納品された
 

今回も参りますは「ラーメンの研究で太っちゃったけどもっと勉強しなきゃ」と日々自分をゴマかす編集長・吉田。そして腰の調子がよくないというマーコ氏。いざ店内へ。
 


すっきりとシンプルで清潔な店内。カウンターのみ15席。「味の好み表」がない
 

今回取材に対応してくださったのは、千家本店店長の田中浩二(たなか・こうじ)さん。
 


あんまり顔を出さないで、とのことだったのだが何とかお願いしてお姿を撮影
 

千家といえばゴマ、というのは以前同企画でも紹介した。まずはお店の歴史を・・・と筆者が田中さんに話を伺おうとしたところ、横にいる吉田がずっと落ち着かない様子。「ねえ、先にラーメン食べたほうがいいよ。話はそれからにしようよ」とのたまう。

ようは腹が減っているだけなのだろうが、確かに「ゴマ系」のルーツとなる同店のラーメンを味わってからのほうが、話もよく分かるかもしれない。

では、先にいただくことにしよう。カウンターに座り、一同はあふれ出るよだれを我慢しながら出来上がりを待つ。
 


麺は大橋製麺
 

タレとスープのハーモニーはいかに
  

平ざるで湯切り
 

吉田は「おなかがすいて痩せちゃうよ・・・」とつぶやいていた
 

ラーメン(700円)が到着
 

ゴマが浮かんでいるのがお分かりいただけるだろうか
  

こ、これがゴマ系!? けっこう控えめな存在感、これは・・・ゴマを入れる意味があるのだろうか。

筆者が固まっているとマーコ氏がこう言った。

「ゴマ増しってあるんですか?」

「ありますよー」と朗らかに答える田中さん。すると、出てきた。「ゴマ増し」のラーメン。「増し」にしても無料とのこと。太っ腹。聞くところによると、この「ゴマ増し」は知る人ぞ知る裏オーダーなんだとか。へー。
 


びっしり
 

みっしり
 

ハマったらしいマーコ氏。「ゴマヒットおおお」
 

二人に感想を聞く。

吉田:「全体的にマイルドな味だけど、醤油が少なめであっさりしている。鶏油の味が強い気がした。自分の好きな寿々喜家のラーメンと近いような気がするけど、寿々喜家よりは醤油感が少ない印象。でもこれが個性だと思えるほどのおいしさがある

マーコ氏:「千家系らしくライト家系タイプながらも、しっかりタレ感や油感を発揮されているため物足りなさを感じない。また、たまたまかもしれないがほかの“のれん分け店舗などと比較すると、スープのボディ感は、ここ千家本店が一番発揮されているため、ゴマ系総本山の説得力感も感じられる。さらに裏メニュー的な存在のゴマ増しは、予想以上にいいではないか~(井之頭吾郎風に)」
 
ふむふむ、一口味見してみると、普通のラーメンはゴマが入っていることによって、何か特徴があるようには感じられないが、ゴマ増しにしたところ、香ばしい香りがとんこつの風味とマッチして美味だった。あくまで「とんこつベース」といったスープだが醤油の味も感じられ、コクもあるバランスがいい。筆者個人的には同店に来たらゴマ増しでいただくのがいいと感じた。
  


瞬殺だった
 

さて、吉田の腹の虫をだまらせたところで、いよいよ田中さんにこのゴマのルーツを伺うことに。
 
「なぜ、ラーメンにゴマが入っているんですか?」
   

なぜでしょう
    

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

一風変わったラーメンを食べることができる店を探せ!!

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

生麦にオープンした「麺屋 蔦重」の味は?

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃!

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

熱闘! 家系甲子園

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

新着記事

鎌倉を世界遺産に!【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった15
    • コメント3
  • 2019年05月26日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった122
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

日本「シウマイ」販売の元祖「博雅亭」の味を引き継ぐ「博雅のシウマイ」に密着! アレンジレシピは必見!

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 南区の中村地区で空き家を改修してコミュニティカフェの開設を目指している団体がいるという神奈川新聞の記...

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング