検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

第27回は「ゴマ系」の店、南区前里町の千家本店と鶴見区生麦の大黒家・生麦本店へ。千家では「ゴマ増し」のラーメン、大黒家生麦本店ではシンプルな「家系ラーメン」がおすすめ

  • LINE
  • はてな

2015年12月31日

ライター:はまれぽ編集部

たかがゴマ、されどゴマ

27回目となった今回は、いわゆる「オリジナル系」のなかでも特徴のある店を取材することにした。京急線・黄金町の「千家(せんや)本店」と京急線・生麦駅の「大黒家生麦本店」だ。それぞれ「本店」とつくぐらいあって多店舗展開している。

さて、何が特徴なのか。それは「ゴマ」だ。
 


ゴマちゃん(フリー画像より)
 

ラーメンにゴマ。ゴマ。・・・ゴマ。うーん。想像がつかない。

博多のとんこつラーメンには多くゴマが入っているイメージがあるが、横浜家系ラーメンにゴマが入っている印象はない。

しかしながら、この「ゴマ」を入れることをかたくなに守り続けている店がある。そこで、その店をこう呼ぶことにした。「ゴマ系」の店と。

では、いってみましょう。まずは横浜家系ラーメンのなかでも「ゴマ系」総本山である「千家本店」へ。
 


ちらす意味
  


京急線・黄金町駅から徒歩7分ほど。千家本店に到着
  

「ゴマっぽいポーズをお願いします」という発注に対してこれが納品された
 

今回も参りますは「ラーメンの研究で太っちゃったけどもっと勉強しなきゃ」と日々自分をゴマかす編集長・吉田。そして腰の調子がよくないというマーコ氏。いざ店内へ。
 


すっきりとシンプルで清潔な店内。カウンターのみ15席。「味の好み表」がない
 

今回取材に対応してくださったのは、千家本店店長の田中浩二(たなか・こうじ)さん。
 


あんまり顔を出さないで、とのことだったのだが何とかお願いしてお姿を撮影
 

千家といえばゴマ、というのは以前同企画でも紹介した。まずはお店の歴史を・・・と筆者が田中さんに話を伺おうとしたところ、横にいる吉田がずっと落ち着かない様子。「ねえ、先にラーメン食べたほうがいいよ。話はそれからにしようよ」とのたまう。

ようは腹が減っているだけなのだろうが、確かに「ゴマ系」のルーツとなる同店のラーメンを味わってからのほうが、話もよく分かるかもしれない。

では、先にいただくことにしよう。カウンターに座り、一同はあふれ出るよだれを我慢しながら出来上がりを待つ。
 


麺は大橋製麺
 

タレとスープのハーモニーはいかに
  

平ざるで湯切り
 

吉田は「おなかがすいて痩せちゃうよ・・・」とつぶやいていた
 

ラーメン(700円)が到着
 

ゴマが浮かんでいるのがお分かりいただけるだろうか
  

こ、これがゴマ系!? けっこう控えめな存在感、これは・・・ゴマを入れる意味があるのだろうか。

筆者が固まっているとマーコ氏がこう言った。

「ゴマ増しってあるんですか?」

「ありますよー」と朗らかに答える田中さん。すると、出てきた。「ゴマ増し」のラーメン。「増し」にしても無料とのこと。太っ腹。聞くところによると、この「ゴマ増し」は知る人ぞ知る裏オーダーなんだとか。へー。
 


びっしり
 

みっしり
 

ハマったらしいマーコ氏。「ゴマヒットおおお」
 

二人に感想を聞く。

吉田:「全体的にマイルドな味だけど、醤油が少なめであっさりしている。鶏油の味が強い気がした。自分の好きな寿々喜家のラーメンと近いような気がするけど、寿々喜家よりは醤油感が少ない印象。でもこれが個性だと思えるほどのおいしさがある

マーコ氏:「千家系らしくライト家系タイプながらも、しっかりタレ感や油感を発揮されているため物足りなさを感じない。また、たまたまかもしれないがほかの“のれん分け店舗などと比較すると、スープのボディ感は、ここ千家本店が一番発揮されているため、ゴマ系総本山の説得力感も感じられる。さらに裏メニュー的な存在のゴマ増しは、予想以上にいいではないか~(井之頭吾郎風に)」
 
ふむふむ、一口味見してみると、普通のラーメンはゴマが入っていることによって、何か特徴があるようには感じられないが、ゴマ増しにしたところ、香ばしい香りがとんこつの風味とマッチして美味だった。あくまで「とんこつベース」といったスープだが醤油の味も感じられ、コクもあるバランスがいい。筆者個人的には同店に来たらゴマ増しでいただくのがいいと感じた。
  


瞬殺だった
 

さて、吉田の腹の虫をだまらせたところで、いよいよ田中さんにこのゴマのルーツを伺うことに。
 
「なぜ、ラーメンにゴマが入っているんですか?」
   

なぜでしょう
    

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

一風変わったラーメンを食べることができる店を探せ!!

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

生麦にオープンした「麺屋 蔦重」の味は?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃!

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

熱闘! 家系甲子園

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった137
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年10月15日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

証拠を掴んで新たなスタートを目指すなら、横浜駅東口徒歩9分の浮気調査専門探偵社「調べ屋本舗」

  • PR

走ることが自己表現だった、あの頃・・・当時のバイクをビンテージとして復刻する「スキャン」

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市の指示通り、プラごみの分別を徹底していますが、そのプラごみが結局どうリサイクルされているかは誰...

  • 今年も小机城趾市民の森にて10月27日(土)に17時~20時に竹灯籠まつりが開催されます。5,000...

  • 関内にある梅香亭が閉店してから、かなり経ちますがまだ店が時間止まったように建物ごと残っています。なる...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント