ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

第27回は「ゴマ系」の店、南区前里町の千家本店と鶴見区生麦の大黒家・生麦本店へ。千家では「ゴマ増し」のラーメン、大黒家生麦本店ではシンプルな「家系ラーメン」がおすすめ

ライター:はまれぽ編集部 (2015年12月31日)

たかがゴマ、されどゴマ

27回目となった今回は、いわゆる「オリジナル系」のなかでも特徴のある店を取材することにした。京急線・黄金町の「千家(せんや)本店」と京急線・生麦駅の「大黒家生麦本店」だ。それぞれ「本店」とつくぐらいあって多店舗展開している。

さて、何が特徴なのか。それは「ゴマ」だ。
 


ゴマちゃん(フリー画像より)
 

ラーメンにゴマ。ゴマ。・・・ゴマ。うーん。想像がつかない。

博多のとんこつラーメンには多くゴマが入っているイメージがあるが、横浜家系ラーメンにゴマが入っている印象はない。

しかしながら、この「ゴマ」を入れることをかたくなに守り続けている店がある。そこで、その店をこう呼ぶことにした。「ゴマ系」の店と。

では、いってみましょう。まずは横浜家系ラーメンのなかでも「ゴマ系」総本山である「千家本店」へ。
 


ちらす意味
  


京急線・黄金町駅から徒歩7分ほど。千家本店に到着
  

「ゴマっぽいポーズをお願いします」という発注に対してこれが納品された
 

今回も参りますは「ラーメンの研究で太っちゃったけどもっと勉強しなきゃ」と日々自分をゴマかす編集長・吉田。そして腰の調子がよくないというマーコ氏。いざ店内へ。
 


すっきりとシンプルで清潔な店内。カウンターのみ15席。「味の好み表」がない
 

今回取材に対応してくださったのは、千家本店店長の田中浩二(たなか・こうじ)さん。
 


あんまり顔を出さないで、とのことだったのだが何とかお願いしてお姿を撮影
 

千家といえばゴマ、というのは以前同企画でも紹介した。まずはお店の歴史を・・・と筆者が田中さんに話を伺おうとしたところ、横にいる吉田がずっと落ち着かない様子。「ねえ、先にラーメン食べたほうがいいよ。話はそれからにしようよ」とのたまう。

ようは腹が減っているだけなのだろうが、確かに「ゴマ系」のルーツとなる同店のラーメンを味わってからのほうが、話もよく分かるかもしれない。

では、先にいただくことにしよう。カウンターに座り、一同はあふれ出るよだれを我慢しながら出来上がりを待つ。
 


麺は大橋製麺
 

タレとスープのハーモニーはいかに
  

平ざるで湯切り
 

吉田は「おなかがすいて痩せちゃうよ・・・」とつぶやいていた
 

ラーメン(700円)が到着
 

ゴマが浮かんでいるのがお分かりいただけるだろうか
  

こ、これがゴマ系!? けっこう控えめな存在感、これは・・・ゴマを入れる意味があるのだろうか。

筆者が固まっているとマーコ氏がこう言った。

「ゴマ増しってあるんですか?」

「ありますよー」と朗らかに答える田中さん。すると、出てきた。「ゴマ増し」のラーメン。「増し」にしても無料とのこと。太っ腹。聞くところによると、この「ゴマ増し」は知る人ぞ知る裏オーダーなんだとか。へー。
 


びっしり
 

みっしり
 

ハマったらしいマーコ氏。「ゴマヒットおおお」
 

二人に感想を聞く。

吉田:「全体的にマイルドな味だけど、醤油が少なめであっさりしている。鶏油の味が強い気がした。自分の好きな寿々喜家のラーメンと近いような気がするけど、寿々喜家よりは醤油感が少ない印象。でもこれが個性だと思えるほどのおいしさがある

マーコ氏:「千家系らしくライト家系タイプながらも、しっかりタレ感や油感を発揮されているため物足りなさを感じない。また、たまたまかもしれないがほかの“のれん分け店舗などと比較すると、スープのボディ感は、ここ千家本店が一番発揮されているため、ゴマ系総本山の説得力感も感じられる。さらに裏メニュー的な存在のゴマ増しは、予想以上にいいではないか~(井之頭吾郎風に)」
 
ふむふむ、一口味見してみると、普通のラーメンはゴマが入っていることによって、何か特徴があるようには感じられないが、ゴマ増しにしたところ、香ばしい香りがとんこつの風味とマッチして美味だった。あくまで「とんこつベース」といったスープだが醤油の味も感じられ、コクもあるバランスがいい。筆者個人的には同店に来たらゴマ増しでいただくのがいいと感じた。
  


瞬殺だった
 

さて、吉田の腹の虫をだまらせたところで、いよいよ田中さんにこのゴマのルーツを伺うことに。
 
「なぜ、ラーメンにゴマが入っているんですか?」
   

なぜでしょう
    

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事