ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    日の出町駅から3分くらいのところに、つけ麺はま紅葉がオープンしています。東京・国分寺の名店「つけ麺 紅葉」ののれん分けのようですが、三種類の麺がとても美味しいです。スープがいい味なのですが、麺をつける...

    Mですさん

    ルミネの女社長が女のための店にするために理髪店を追い出したのが今の横浜駅前理髪店前の行列の原因か?これネタに記事できるかな?

    kodama_koさん

    本牧市民公園に、蒸気機関車のD51が展示されています。公園のホームページには“機関室に自由に入ることができる”とありますが、実際は老朽化を理由に柵が二重に張り巡らされて近づけないという、かなり残念な状...

    濱俊彦さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

第27回は「ゴマ系」の店、南区前里町の千家本店と鶴見区生麦の大黒家・生麦本店へ。千家では「ゴマ増し」のラーメン、大黒家生麦本店ではシンプルな「家系ラーメン」がおすすめ

ライター:はまれぽ編集部 (2015年12月31日)

ちらす意味(つづき)
  


なぜだ
 

・・・すると、腰が抜けそうになるような衝撃の回答をいただいた。

「オーナーが“入れたかったから”という理由しか知らないんですよ・・・」

なんと。オーナーさんのインスピレーションとは。

「オーナーは、店について多くを語らないんです。なので詳しいことが分かる人はあまりいません」と田中さん。

田中さんはオーナーさんと今から5年ほど前に出会い、ラーメン店主となった。それ以前はゴルフ関係のお仕事をされていたそうで、千家・大井松田店にて技術を仕込まれたという。「家系ラーメンには全部ゴマが入ってるものかと思ってた」というほど、千家仕込みの方だ。
 


・・・きつくて入って半年で辞めたいと思ったけどね、と笑う
 

ここ南区前里町で千家本店が開業したのは、1991(平成3)年。

「“千家”という屋号にしたのはオーナーのお母さんの名前の一文字からとって、ということを耳にしたことがあります。オーナーは中華料理店で修業をしたのち、どこかの家系ラーメン店で少し学んだと聞きましたが、どの店だとか詳しいことは・・・ごくごくわずかな親戚くらいしか知らないのでは」と秘密のベールを少しだけはいで教えてくださった。
 


Tシャツが青いのもオーナーさんの意向
 

千家は県内に根岸、大井松田の直営店、以前も紹介した濱壱家、大黒家などの系列店、ほか上川井(旭区)などのFC店を含めると20店以上も展開している。5年修行するとのれん分けが可能、とのことだが、ここまで規模が大きくなるには、ラーメン店主が千家の味を継承し、店を出したくなる理由があるはずだ。それは何か。
 


タレです
 

つぎ足しで作られた千家のタレは従業員もレシピを知らないほど「超秘伝」。タレをつくるときには「店の身内以外立ち入り禁止」という。醤油へのこだわりがかなり強く、ブレンド方法も秘密。これ以上は話を伺うことはできなかった。残念。

千家本店では店舗の広い根岸店で作られたタレを使用しており、系列店も同様。なるほど、しょっぱさと醤油とコクとまろやかさのバランスのととのったスープの味は、このタレがあってこそのものだったのだな。
 


あとは麺
 

千家系列店は大橋製麺の特注麺を使用。酒井製麺のものよりも少し細い、ちぢれている中太麺は同店のスープに合うように作られている。
 


午前6時から開店の午前11時までしっかり仕込まれるスープ
 

ツルっとした感じが際立っている麺
 

じっくり話を伺っていると、横で吉田が何やらもぞもぞうごめいている。なんと「おなかがすいちゃった」とのことで、同店で「名物メニュー」となっているネギラーメンとカレーをオーダーしていた。
 


ネギラーメン(900円)。オリジナルの豆板醤によって味付けされている
 

そして小カレー(250円)
 

ここでイチから作られているオリジナルメニュー
 

おおお! スパイシー
 

吉田:「ネギラーメンはネギの味が強いので、スープの味の良さが全面に感じられないのが残念だと思ってしまった。個人的には、トッピングなしの“ラーメン”がおすすめ
マーコ氏:「ネギラーメンは家系界のキングといってもいいくらい、スタンダードな味」

お客さんのは6~7割の方が常連さんだという千家本店。取材中も迷わずオーダーをする方を多く見かけた。週末は「とくにピークタイムがない」というほど客足が途絶えないという。1日に出るラーメンの数は・・・ヒミツとのことで、お伝えできないが決して少ない数ではない。

田中さんは「味の好み表がないのは、店内のイメージを女性でも入れるようなシンプルなものにしたかったから。でも、初めての方は少し分かりづらいと思うので、おすすめの食べ方をお伝えして声をかけるようにしています」と店の雰囲気づくりにも力を入れていることを語ってくださった。
 


地域密着の店
 

「従業員は全員、お客さんが2~3回来たら顔やオーダーの仕方を覚えます。“コミュニケーション”をとても大事にしていて、作業の手を止めてでもお客さんと会話をするんです」

なるほど。従業員もみな元気にお客さんに挨拶をしていた。この接客も人気の秘訣なのだな。

田中さん、ありがとうございました。
 


大満足
 

吉田のおなかは大満足したかもしれないが、今回の取材趣旨は「ゴマが入っている店」の特集だ。入れた理由が明確にならず、取材班は消化不良。

ゴマのルーツをさぐるべく、続いて向かったのは京急線・生麦駅。
 


家系と二郎系とさつまっ子とニュータンタン
 


生麦駅から徒歩7分、大黒家生麦本店
  

の前で待ち伏せしていた、腹ペコ編集長・吉田。
 


ねえねえ、これ何かなあ
  

食べたい、食べたいよ、これ
  

「メガ盛り大好きっ子」の血が騒いだようだ
  

「あと、二郎だって! 二郎もあるよ」とはしゃぐ吉田に「今日は家系ラーメンの取材なので・・・」といなしたが・・・ん?

・・・二郎?

ままよと店に入ると、まあ、びっくり。ド派手な黄色の配色に圧倒される。
 


ひまわり畑のようなカウンター席
 

入って正面左手にはテーブル席。ゆったりできる
  

取材に対応してくださったのは・・・なんとご一家。
 


左から店主の熊谷文生(くまがい・ふみお)さん、竜彦さん、史子さん
 

家系ラーメン店の取材で、家族経営かつ一同で対応してくれるというのは、かなりレアケースだ。すごい。

さばさばしている店主、文生さんのリードで取材を開始。ゴマの話を・・・したいのだが、なんかもう・・・こう、周囲の張り紙がキニナってキニナってどうしようもない。どうしよう、ここ、本当に家系ラーメンの店なのだろうか。
 


「からあげ」「二郎系」「つけ麺」、奥には「冷やし中華」の文字まで
 

「チャーハン」そして「納豆ライス」
 

すみません、あの、この多様すぎるメニューの理由は何ですか?

「ああ、これ? これね、美味いものはなんでも取り入れて出そう、と思ったらどんどん増えちゃったの」と文生さん。

何と・・・。
  


普通の中華料理店にもあるメニューが多数
 

聞くところによると、3年ほど前にできた近くの中華料理店が繁盛していたので「需要があるな」と判断し、どんどんメニューを増やしていったそう。

複雑な表情になった取材班一同に対し「でもね、今は家系ラーメン店として基本に戻る方針にしたから、メニューは減らしてるよ」と文生さんは笑う。

大黒家本店は1998(平成10)年ごろこの地で開業。「商売をやりたかった」という文生さんは先ほど紹介した千家本店にて3ヶ月の修行後、のれん分けの店として自宅を改良してすぐ出店、というかなりの行動力を発揮した。

当時、市内にまだ家系ラーメン店が少ない状況だと判断し「これから流行るから家系ラーメンの店を出そう」と各店を食べ歩いたが、ここだ、と思った味は千家のラーメンだった。
 


店の前に多数の麺箱が積んであったのを見て「ここは繁盛している」と判断
 

文生さんは千家のオーナーさんからじきじきにラーメンの味を教えてもらった、という。

なるほど・・・職人気質というよりかは、経営者目線で考えられている。

奥様の史子さんは「私はね、ラーメンが大好きなの。だからもう、本当によくいろんな店に行くのよ」とかわいらしい笑顔を見せてくれた。
 


史子さんは現役でお店に立っている
 

二郎系ラーメンを出したのは今から9年ほど前。「あのね、二郎店がブームだったから!」と無邪気というか、まっすぐだ。

ほかにもラーメンショップの「さつまっ子」からヒントを得た「納豆ライス」や、川崎のニュータンタン本舗にインスパイアされた「タンタン麺」を出すなどかなりのフレキシブルさでお店のメニューを工夫している(ちなみに、今は「タンタン麺」や店の前に張ってあった「バクダンラーメン」はないそう)。
 


入るなりニンニクの山を見て喜んだ吉田はジロリアン

     

なぜ多くのメニューを出すのか、店の方針が明らかに
       
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事