ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

第27回は「ゴマ系」の店、南区前里町の千家本店と鶴見区生麦の大黒家・生麦本店へ。千家では「ゴマ増し」のラーメン、大黒家生麦本店ではシンプルな「家系ラーメン」がおすすめ

ライター:はまれぽ編集部 (2015年12月31日)

ちらす意味(つづき)
  


なぜだ
 

・・・すると、腰が抜けそうになるような衝撃の回答をいただいた。

「オーナーが“入れたかったから”という理由しか知らないんですよ・・・」

なんと。オーナーさんのインスピレーションとは。

「オーナーは、店について多くを語らないんです。なので詳しいことが分かる人はあまりいません」と田中さん。

田中さんはオーナーさんと今から5年ほど前に出会い、ラーメン店主となった。それ以前はゴルフ関係のお仕事をされていたそうで、千家・大井松田店にて技術を仕込まれたという。「家系ラーメンには全部ゴマが入ってるものかと思ってた」というほど、千家仕込みの方だ。
 


・・・きつくて入って半年で辞めたいと思ったけどね、と笑う
 

ここ南区前里町で千家本店が開業したのは、1991(平成3)年。

「“千家”という屋号にしたのはオーナーのお母さんの名前の一文字からとって、ということを耳にしたことがあります。オーナーは中華料理店で修業をしたのち、どこかの家系ラーメン店で少し学んだと聞きましたが、どの店だとか詳しいことは・・・ごくごくわずかな親戚くらいしか知らないのでは」と秘密のベールを少しだけはいで教えてくださった。
 


Tシャツが青いのもオーナーさんの意向
 

千家は県内に根岸、大井松田の直営店、以前も紹介した濱壱家、大黒家などの系列店、ほか上川井(旭区)などのFC店を含めると20店以上も展開している。5年修行するとのれん分けが可能、とのことだが、ここまで規模が大きくなるには、ラーメン店主が千家の味を継承し、店を出したくなる理由があるはずだ。それは何か。
 


タレです
 

つぎ足しで作られた千家のタレは従業員もレシピを知らないほど「超秘伝」。タレをつくるときには「店の身内以外立ち入り禁止」という。醤油へのこだわりがかなり強く、ブレンド方法も秘密。これ以上は話を伺うことはできなかった。残念。

千家本店では店舗の広い根岸店で作られたタレを使用しており、系列店も同様。なるほど、しょっぱさと醤油とコクとまろやかさのバランスのととのったスープの味は、このタレがあってこそのものだったのだな。
 


あとは麺
 

千家系列店は大橋製麺の特注麺を使用。酒井製麺のものよりも少し細い、ちぢれている中太麺は同店のスープに合うように作られている。
 


午前6時から開店の午前11時までしっかり仕込まれるスープ
 

ツルっとした感じが際立っている麺
 

じっくり話を伺っていると、横で吉田が何やらもぞもぞうごめいている。なんと「おなかがすいちゃった」とのことで、同店で「名物メニュー」となっているネギラーメンとカレーをオーダーしていた。
 


ネギラーメン(900円)。オリジナルの豆板醤によって味付けされている
 

そして小カレー(250円)
 

ここでイチから作られているオリジナルメニュー
 

おおお! スパイシー
 

吉田:「ネギラーメンはネギの味が強いので、スープの味の良さが全面に感じられないのが残念だと思ってしまった。個人的には、トッピングなしの“ラーメン”がおすすめ
マーコ氏:「ネギラーメンは家系界のキングといってもいいくらい、スタンダードな味」

お客さんのは6~7割の方が常連さんだという千家本店。取材中も迷わずオーダーをする方を多く見かけた。週末は「とくにピークタイムがない」というほど客足が途絶えないという。1日に出るラーメンの数は・・・ヒミツとのことで、お伝えできないが決して少ない数ではない。

田中さんは「味の好み表がないのは、店内のイメージを女性でも入れるようなシンプルなものにしたかったから。でも、初めての方は少し分かりづらいと思うので、おすすめの食べ方をお伝えして声をかけるようにしています」と店の雰囲気づくりにも力を入れていることを語ってくださった。
 


地域密着の店
 

「従業員は全員、お客さんが2~3回来たら顔やオーダーの仕方を覚えます。“コミュニケーション”をとても大事にしていて、作業の手を止めてでもお客さんと会話をするんです」

なるほど。従業員もみな元気にお客さんに挨拶をしていた。この接客も人気の秘訣なのだな。

田中さん、ありがとうございました。
 


大満足
 

吉田のおなかは大満足したかもしれないが、今回の取材趣旨は「ゴマが入っている店」の特集だ。入れた理由が明確にならず、取材班は消化不良。

ゴマのルーツをさぐるべく、続いて向かったのは京急線・生麦駅。
 


家系と二郎系とさつまっ子とニュータンタン
 


生麦駅から徒歩7分、大黒家生麦本店
  

の前で待ち伏せしていた、腹ペコ編集長・吉田。
 


ねえねえ、これ何かなあ
  

食べたい、食べたいよ、これ
  

「メガ盛り大好きっ子」の血が騒いだようだ
  

「あと、二郎だって! 二郎もあるよ」とはしゃぐ吉田に「今日は家系ラーメンの取材なので・・・」といなしたが・・・ん?

・・・二郎?

ままよと店に入ると、まあ、びっくり。ド派手な黄色の配色に圧倒される。
 


ひまわり畑のようなカウンター席
 

入って正面左手にはテーブル席。ゆったりできる
  

取材に対応してくださったのは・・・なんとご一家。
 


左から店主の熊谷文生(くまがい・ふみお)さん、竜彦さん、史子さん
 

家系ラーメン店の取材で、家族経営かつ一同で対応してくれるというのは、かなりレアケースだ。すごい。

さばさばしている店主、文生さんのリードで取材を開始。ゴマの話を・・・したいのだが、なんかもう・・・こう、周囲の張り紙がキニナってキニナってどうしようもない。どうしよう、ここ、本当に家系ラーメンの店なのだろうか。
 


「からあげ」「二郎系」「つけ麺」、奥には「冷やし中華」の文字まで
 

「チャーハン」そして「納豆ライス」
 

すみません、あの、この多様すぎるメニューの理由は何ですか?

「ああ、これ? これね、美味いものはなんでも取り入れて出そう、と思ったらどんどん増えちゃったの」と文生さん。

何と・・・。
  


普通の中華料理店にもあるメニューが多数
 

聞くところによると、3年ほど前にできた近くの中華料理店が繁盛していたので「需要があるな」と判断し、どんどんメニューを増やしていったそう。

複雑な表情になった取材班一同に対し「でもね、今は家系ラーメン店として基本に戻る方針にしたから、メニューは減らしてるよ」と文生さんは笑う。

大黒家本店は1998(平成10)年ごろこの地で開業。「商売をやりたかった」という文生さんは先ほど紹介した千家本店にて3ヶ月の修行後、のれん分けの店として自宅を改良してすぐ出店、というかなりの行動力を発揮した。

当時、市内にまだ家系ラーメン店が少ない状況だと判断し「これから流行るから家系ラーメンの店を出そう」と各店を食べ歩いたが、ここだ、と思った味は千家のラーメンだった。
 


店の前に多数の麺箱が積んであったのを見て「ここは繁盛している」と判断
 

文生さんは千家のオーナーさんからじきじきにラーメンの味を教えてもらった、という。

なるほど・・・職人気質というよりかは、経営者目線で考えられている。

奥様の史子さんは「私はね、ラーメンが大好きなの。だからもう、本当によくいろんな店に行くのよ」とかわいらしい笑顔を見せてくれた。
 


史子さんは現役でお店に立っている
 

二郎系ラーメンを出したのは今から9年ほど前。「あのね、二郎店がブームだったから!」と無邪気というか、まっすぐだ。

ほかにもラーメンショップの「さつまっ子」からヒントを得た「納豆ライス」や、川崎のニュータンタン本舗にインスパイアされた「タンタン麺」を出すなどかなりのフレキシブルさでお店のメニューを工夫している(ちなみに、今は「タンタン麺」や店の前に張ってあった「バクダンラーメン」はないそう)。
 


入るなりニンニクの山を見て喜んだ吉田はジロリアン

     

なぜ多くのメニューを出すのか、店の方針が明らかに
       
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事