ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

元町と中華街の間を流れる中村川は自然の川?それとも人工的な川?この川は元町付近で堀川と呼ばれます。地元民の話では明治時代に外国人居留地の出入りを制限するためのお堀の名残とも聞きます。(カズカズさん)

はまれぽ調査結果

中村川は1667年の吉田新田埋め立てによって造られた人工的な川。堀川は1860年に外国人居留地と日本人町の間に関門を作るために掘られた。

ライター:橘 アリー (2016年03月17日)

吉田新田の埋め立てで造られた!?

横浜市の南区から中区へと流れている中村川。「元祖石川町」の記事では、石川町の大元の名前の由来と推測されていた。中村川は、JR石川町駅近辺以外は、上に首都高速道路が通っている。そのためか、暗く地味なイメージの川である。

 

中村川の位置を地図で確認すると
 

赤線が中村川
 

緑線が中村川とつながっている堀川、紫線が大岡川。

投稿にあった中村川は自然の川なのか否かについて、中村川の歴史を辿っていくと・・・
まず、中村川が流れる南区と中区の地域は、江戸時代に埋め立てられて造られた街で、それ以前は、釣鐘の形をした大きな入海(いりうみ)だった。

 

現在の地図で確認すると、オレンジ色網掛け部分が入海だった
 

黄色の辺りに、象の鼻と呼ばれた細長い砂州(さす、洲干島〈しゅうかんじま、宗閑嶋とも書く〉)があり、その先は海だった。

 

埋め立て前の絵図(『南吉田町内会掲示板』資料より)
 

黄色の枠内が洲干島。
ちなみに、この絵図は洲干島が下にくるように描かれているが、上の地図と比べて分かりやすいように横向きにしている。

 

埋め立て前の入海のイメージ画(『南吉田町内会掲示板』資料より)
 

そして、1656(明暦2)年に、当時江戸の材木商人であった吉田勘兵衛によって埋め立てが始められた。
翌1657(明暦3)年、工事は一旦中止となるが再開。1667(寛文7)年に埋め立てが完了して入海に吉田新田が造られた。その際、入海に流れ込んでいた大岡川を2つに分流。その一つが中村川となった。

このように、中村川は、入海の埋め立てで造られた新田に両側から水が引けるようにと、大岡川から分流して造られた人工の川(運河)である。

 

大岡川に架かる南区蒔田公園橋。この橋を過ぎたところから分流する
 

地図でみると、赤丸が分流地点
 

蒔田公園橋から見た分流地点。左が大岡川で右が中村川
 

中村川は高速道路の下をひっそりと流れ
 

池下橋の辺りで、右へ堀割川が分流し
 

地図でみると、青丸が堀割川との分流地点。堀割川は赤矢印方向へ流れている
 

中村町(右側)沿いを流れ
 

石川町駅近辺のみ高速道路の下から外れる
 

元町商店街入口のすぐ側にある前田橋までが、中村川だ。

 

ここから先は「堀川」
 

続いて、堀川について調べてみる。


堀川がつくられた理由とは!? キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事