ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    桜木町駅、横浜駅、山下公園周辺で23:00以降も営業している喫茶店、カフェで、女性も安心して行けるお店があれば教えてください分煙か禁煙かもわかると嬉しいです(^^)/

    トッシーさん

    桜木町の新改札の進展状況が知りたいです桜木町の、新庁舎周辺の開発状況もわかれば(^^)/

    トッシーさん

    来る10/21にJR鎌倉車両センターが解放されます。内部は普段なかなか見られないので、この機会に是非レポートお願いします。

    やしーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
4位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
5位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
6位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
7位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
8位
大人の色気が漂う!ゴージャス系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第3弾】
9位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
10位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
11位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
12位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
13位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
14位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
15位
【編集部厳選】お酒やフードだけじゃない! 知られざるショービジネスの世界!
16位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
17位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
18位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
19位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
20位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
23位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
24位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
横浜市内に点在する変な名前のお店を特集して!
27位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
30位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

2011年神奈川区子安に移転した、コーヒー機器総合メーカー株式会社カリタ。その理由は?/創業者がカリタさんという名前なのかと思ったが情報が出てきません。社名の由来は?(ぶちさん/アソビンさん)

はまれぽ調査結果

2011年、とっても“社員思い”な理由で本社を子安に移転させた「カリタ」。以降、地元・横浜への取り組みも積極的に展開中!

ライター:大野 ルミコ (2016年04月01日)

食事の最後に、コーヒーか紅茶かと問われたら、間違いなく「コーヒー!」と即答する。ふと考えてみると、1日のうちに1杯もコーヒーを飲まないという日の方が少ない。
 


仕事中、デスクの上にはコーヒーが置かれていることが多い(写真はイメージ)

 
そんなコーヒー派の筆者にとって「カリタ」はコーヒーをいれるときに使う「ドリッパーを作っている会社」というイメージが強い。数年前、フィルター不要のコーヒーメーカーを購入するまではカリタのドリッパーで毎回コーヒーをいれていたからだ。

・・・のわりには、申し訳ないくらい、カリタ製のドリッパーは他社製品とどう違う、など詳しい知識があるわけではない。今回、取材の話が来るまで本社が横浜にあることも知らなかった。
 


「カリタ」はこの赤いチェックのイメージも強いですね

 
「本社が横浜」という企業はたくさんあるが、横浜駅周辺やみなとみらいといったいわゆる中心部ではなく、「子安」にあるというのは意外というか、不思議というか・・・確かに「なぜ?」とキニナルところだ。

早速、そのナゾに迫ることにした。
 


一般非公開!? アンティークなコーヒー機器が並ぶ本社に潜入!

ということでやってきた京浜急行線「子安」駅。株式会社カリタ(以下カリタ、資本金3294 万円、従業員数65名<2015年度>)の本社はここから歩いて5分程度の場所にある。
 


子安駅で降りたのは筆者を含めて5名・・・平日の昼間、とっても静かだ

 
子安駅で降りるのは初めてだが、正直、こんなにこぢんまりした駅だとは思っていなかった。毎朝、この駅をカリタ社員の方々が利用するのかと思うと、何かちょっと違和感というか。なんだろう・・・この駅にスーツを着たビジネスマンが大勢降りる、そんなイメージがわかないのだ。
 


駅のすぐ脇にある線路を渡り、細い道路を少し進むと・・・
 

第一京浜の大きな通りにぶつかる。カリタ本社はこの第一京浜沿いにある

 
多くの車が行き交う第一京浜を、新子安方向に進む。周囲はオフィスビルというより、住宅や大きなマンションがいくつも並んでいる感じだ。

そんな「国道沿いの住宅地」の一角にカリタの本社はあった。
 


カリタ本社。両隣は一般の住宅。社名が書かれた門がなかったら通り過ぎていたかも・・・
 

敷地の入口に控えめに社名が掲げられていた

 
本社ビルには社名やロゴが書かれた大きな看板もなく、しかも道路からかなり奥まったところに建物があるので、知らなければ素通りしまいそうな “ひっそり”感だ。

しかし、一歩、ビルの中に足を踏み入れると、こんなショーケースが筆者を出迎えてくれた。
 


コーヒーミルやドリッパーがぎっしり!

 
歴代のカリタ製品がズラリと並ぶショーケースに思わずテンションが上がる。特に手挽きミルなどは年月という深みが加わって、部屋に飾っておくだけでも、インテリアのワンポイントになりそうなオシャレさだ。
 


見るからに「年代物」と思われるコーヒーミルに思わず見入ってしまう

 
ショーケースの撮影に夢中になっていた筆者のもとに、「お待たせしました!」とやってきたのは、株式会社カリタ代表取締役専務の石田京子(いしだ・きょうこ)さんと、企画部部長の新美敬(にいみ・たかし)さん(顔写真は残念ながらNG)。さまざまなコーヒー機器に興味津々の筆者を、「せっかくですから・・・」と、6階にあるショールームに招待してくださった。

ショールームは、残念ながら一般公開はしていない。取引先との商談や、喫茶店のオーナーさんを対象としたドリップや焙煎の練習会にのみ使っているのだという。そんな貴重な場所に・・・ありがとうございます!
 


誰でも安定した味を出しやすいという本格焙煎機「ナナハン焙煎機」も置かれていた

 
「この焙煎機は、カフェ経営者の方を対象にした“焙煎塾”でも使用しています」と新美さん。むむっ。不定期に行われているという、その焙煎塾もかなりキニナル・・・。
 
 
子安を移転先に選んだ理由は?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事