ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    また横浜市営バスで乗客車内取り残し事故が発生。対策として車両最後部に「車内点検〇〇」とかプレートをぶら下げてますよね。周囲からも乗客からも丸見えでハッキリ言ってみっともないけど。たぶん入庫時にプレート...

    よこはまいちばんさん

    今、 免許更新に 二俣川に来ているのですが、相変わらず 物凄い混雑で何をするにも 長蛇の列を並ばなければなりません。神奈川ではここにしか免許センターがないので、当然かもしれませんが、もう少し何とかな...

    たかし君さん

    神奈川区新子安にある子安小学校の移転が決まっていますが、跡地は何になるのでしょうか?商業施設だとありがたいです。

    更紗52さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

扇島は昭和30年ごろまで、海水浴場として有名だったそう。扇島は夏場は20万人の人出で賑わっており「ポンポン船」という船で、海水浴客を運んでいたそうです。当時の様子と扇島の歴史が知りたい(ねこぼくさん)

はまれぽ調査結果

鶴見沖に浮かぶ扇島は京浜地区開発の偶然から人の手が生み出した海の楽園だった。昭和5年に開業した海水浴場は約30年に渡り、多くの人に愛された

ライター:永田 ミナミ (2016年07月05日)

扇島とは

扇島は鶴見区安善町と大川町の沖に浮かぶ人工島であり、現在は全体がJFEスチールの私有地であるため関係者以外立入禁止の島でもある。
 


安善町から海の向こうに味わい深い標識とともに眺めた夕闇に浮かぶ扇島


JFEスチールは、2002(平成14)年にNKK(日本鋼管)と川崎製鉄の経営統合で発足したJFEホールディングスのもと、2003(平成15)年に設立された企業である。扇島は統合した一方である日本鋼管が、10ヶ所に分散していた工場施設を集約させるために、「扇島計画」として1971(昭和46)年着工し埋め立てた人工島のことである。
 


扇島は西側約半分が横浜市鶴見区、東側が川崎市川崎区である(Google Mapより)


ということは、以前調べた、同じ埋立地である神奈川区守屋町に、工場や倉庫の誘致が進むまで開設されていた新子安海水浴場と同じ経緯かなと思ったが、1971(昭和46)年着工は投稿にある「昭和30年代ごろまで」とは時差がある。
 


埋立地のへりから階段で海に降りるノービーチの新子安海水浴場(横浜市中央図書館所蔵)


その後、工場や倉庫が埋立地を埋め、2014年の守屋町


新子安海水浴場の閉鎖年が取材後に『横浜市史稿 風俗編』に載っていたのを思い出し、見てみたのだが扇島海水浴場については載っていない。扇町海水浴場は『風俗編』が発行された1932(昭和7)年以降にできたようである。

開国によって欧米からもたらされた海水浴が最新のレジャーだった明治・大正の海水浴場は、当時の遊覧案内などで多く紹介されているのだが、そうした資料で知ることは期待できなくなった。

と思ったら、川崎市の史跡などを紹介する『かわさき区の宝物』に「京浜運河の開削によって浚渫(しゅんせつ:水底の泥をさらって深くすること)した土砂を投棄していた場所が次第に砂州となり海水浴場へと発展した」とあるのを見つけた。

扇島海水浴場は、人工的ではあるが意図せずに現れた海水浴場だったのである。



扇島ができるまで

鶴見川と多摩川にはさまれた地域の沿岸は、両河川から流出する土砂が堆積し遠浅だった。そのため、江戸時代から明治にかけてたびたび埋め立てによる新田開発が進められていた。
 


池上新田や渡田新田など多くの地名があったが、現在残るのは田辺新田のみ


セメント事業や造船、鉄鋼、鉄道、教育など多くの事業を手がけた浅野総一郎は、1896(昭和29)~1897(明治30)年の外遊で欧米の港湾施設に衝撃を受け、帰国後すぐに京浜地区の埋め立てと運河開削を決意する。

遠浅の地形は埋め立てには適していたが、遠浅であるため大型船が航行できず、京浜間の輸送は手漕ぎの艀(はしけ)で行われ非常に効率が悪かった。さらに沖合に防波堤がなかったため、転覆事故も頻発していた。

当時、上海の紡績会社が東京の芝浦製作所に大型ボイラーを発注しようとしたところ、東京〜(横浜)〜上海間の輸送費が1000円(現在換算で約380万円)。ところが上海〜マンチェスター間は700円(現在換算で約260万円)で、イギリスに注文するほうが安くなってしまったという。

こうした問題を解決するため、東京市や神奈川県に計画を申請するが難航。最終的に安田財閥の創立者である安田善次郎(やすだ・ぜんじろう)と第一国立銀行や王子製紙、大阪紡績などの創立者であり多くの社会事業にも貢献した渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)の協力を得て、1912(明治45)年3月に「鶴見埋立組合」を設立。翌1913(大正2)年ようやく事業免許を取得する。
 


新子安の高台から念願だった工業地帯の繁栄を眺める浅野総一郎像


防波堤をつくり、運河を開削し、その土砂で約500ヘクタール(500万平方メートル、横浜スタジアム約190個分)の埋め立ても行なってしまおうという計画であるが、この「防波堤」と「土砂」が扇島海水浴場を偶然つくり出すことになる。
 


1933(昭和8)年発行の『大横浜最新明細地図東北部』(横浜市中央図書館所蔵)には


砂州は描かれていないが防波堤の下に「場浴水海島扇」とある


「鶴見埋立組合」は1914(大正3)年に「鶴見埋立株式会社」、さらに1920(大正9)年「東京湾埋立株式会社」へと発展。同年、浅野総一郎は1917(大正6)年に宇都宮金之丞(うつのみや・きんのじょう)が設立していた「京浜運河株式会社」の社長にも就任する。

1913(大正2)年~1922(大正11)年にかけて、小野新田、添田新田、新井新田の地先に末広町、安善町、白石町、大川町が、1921(大正10)年~1929(昭和4)年には生麦沿岸が埋め立てられた。この埋立には京浜運河開削によって生じた土砂が用いられたのだが、土砂は沖合の防波堤の外側にも投棄された。

そしてその土砂が堆積し、海上に扇状の砂州を形成した。これが「扇島」である。『川崎地名辞典』には「砂州の形が扇形であったことからこう呼ばれたという。或いは扇町の南の海にできた島なので扇島と云われたのかもしれない」とある。ちなみに「扇町」は浅野家の家紋に由来する。
 


1937(昭和12)年発行の「大横浜市全地図第二回」(横浜市中央図書館所蔵)には


扇型の砂州も描かれている
 


これは1944(昭和19)年の航空写真(国土地理院地図・空中写真閲覧サービスより)


扇島の砂州は約40年に渡って存在したのである。



海水浴前駅跡へ行ってみる

上の地図と写真から分かるように、扇島海水浴場は埋立地から「京濱運河」をはさんで沖合の防波堤の海側に位置している。この沖に浮かんだ海水浴場に客を運ぶために設けられた「竹之下渡船場」から、投稿にもある動力船が曳航する渡し船が往復していた。
 


その航路は地図に赤い点線で示されている


前述の『かわさき区の宝物』には「現在の田辺新田、竹の下踏切あたりには昭和6年(1931)8月に夏季限定の鶴見臨港鉄道(現在のJR鶴見線)『海水浴前』駅が開業」したとある。

『大横浜市全地図第二回』を見てみると海水浴前駅が載っていたので、現在の地図に重ねて現場に行ってみることにした。
 


JR浜川崎駅で下車して歩くこと10分


海水浴前駅があったのはこのあたりだろうか


竹之下橋から駅があったと思われる場所を振り返る


現在は緑に覆われ何も見えないがこのフェンスの先に「竹之下渡船場」があった


渡し船が往来していた場所を近くで見られないかと埠頭の先へ行ってみると公園発見


渡船場があったのは向こうに見える建物のあたりだろうか


さらにその先へ進んでいくと「川崎総合物流運輸協同組合」の敷地だった


公園は海側に木々が生い茂っていて渡し船の航路全体が見渡せなかったので、数枚だけ写真をと事務局に許可を得て敷地内へ。


かつて海水浴客を乗せた渡し船が曳航されていた運河


その先には現在の扇島が見えた


さすがに現在の風景から海水浴場の気配を感じることはできなかったが、鶴見臨港鉄道株式会社に問い合わせてみると写真を貸していただけることになり鶴見へ。

私鉄だった鶴見臨港鉄道は1943(昭和18)年に国有化され、鉄道事業からは離れたが、会社は存続している。1959(昭和34)年に鶴見駅西口に所有していた鉄道用地に「臨港ビル計画(現在のミナールビル)」が浮上したのを契機に不動産事業へと転換したのである。
 
 
賑わい当時の絵葉書を公開 ・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事