ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「誰だと思ってるんだ?」、横浜が生んだ笑いの神「トレンディエンジェル」斎藤司さんを徹底解剖!

ライター:山口 愛愛 (2016年07月07日)

「お兄さん、トレンディーだね」「うん、トレンディエンジェル!」
ツッコミのたかしさんと、ボケの斎藤司(さいとう・つかさ)さんが決めポーズをとると、新宿・ルミネtheよしもとの劇場は黄色い歓声と大拍手が鳴り響いた。
 


十数組もの人気芸人がネタを見せる中、トップバッターとして劇場を温めるトレンディエンジェルの2人。中でも1番の盛り上がりを見せたのは、たかしさんの問いかけに「誰だと思っているんだ、斎藤さんだぞ!」とジャケットを開いた瞬間だった。

2004(平成16)年にコンビを結成。じわじわと高まってきた人気は、2015(平成27)年M-1グランプリの王者になったことで、不動のものに。

ノリにノッている斎藤さんはお笑いだけでなく『重版出来!(じゅうはんしゅったい)』のドラマ出演や、音楽グループ「ソナーポケット」のコンサートにゲスト出演するなど、幅広いフィールドを縦横無尽に走り回っている。

30歳まで横浜で暮らしていた斎藤さん。お笑い芸人では珍しく、社会人を経験してからの遅咲きだ。斎藤さんの地元、青葉台での思い出と意外な経歴を振り返ってもらった。
 

齊藤 司
誕生日: 1979年2月15日
血液型: AB型
職 業: お笑い芸人
所 属: よしもとクリエイティブ・エージェンシー




「田奈高生」と触れ合った幼少期から暗黒時代へ

―本日はよろしくお願いいたします。ネタを見させていただき、大爆笑しました。ものすごく盛り上がっていましたね。

ありがとうございます。きょうは、若い歓声がすごかったですね。(何度も頭を下げて)こちらこそ、よろしくお願いします。
 


この日は修学旅行生が多く、黄色い歓声に沸いた


―さっそくですが、斎藤さんが横浜出身というのはあまり知られていないように思いますが、在住期間は長いですよね。どちらでお生まれになったんですか?

母方の祖父母が町田に住んでいたので、生まれたのは町田市成瀬の病院なんですよ。そのころは鷺沼に住んでいて、そこから引っ越して幼稚園に入る前から青葉台ですね。

―どんなお子さんでしたか? 小さいころから人気者だったのでしょうか?

いやぁ、幼稚園のころから人見知りで。今でも変わらないですね、本当に。

自分から話しかけられないからこそ、その反動もあって話しかけられるように表に出ているというか。幼稚園のときは友達がいませんでした。小学生になったら話しかけてくれる人がいたので、そのおかげで友達ができ始めましたね。小学校では人気者に上りつめられたんですよ。
 


小学生のころはサッカークラブに所属


―人前で笑いをとるようなお子さんだったのですか?

やたら元気に走りまわっているようなタイプで、まわりからいじられ、リアクションをとる方でしたね。

人より早く喉ぼとけが出てたので、友達に指で喉ぼとけを押さえられて潰され、(声を震わせながら)「大丈夫ぅ」て、言うとか(笑)。子どものやることなんで、おもろくないですけどね(笑)

―いや、おもろいですよ(笑)。斎藤さんは、「歌うま選手権」などでも歌唱力も評価されていますが、子どものころから歌に興味があったのですか?

祖父母が居酒屋をやっていたんですよ。母親は歌が上手くて、僕も居酒屋でときどきカラオケを歌って、まわりの大人からおこづかいをもらうことがありましたね。
自分では歌が上手いとは思っていないんですけど。まぁ、もともとなんでしょう、生まれつきの才能でしょうね(キメ顔)
 


「僕、キメることしか分からない」と斎藤さん


―でしょうね(笑)。青葉区の奈良中学校出身とのことですが、地元で印象に残っていることはありますか?

恩田小学校の近くなんですけど、田奈高校の裏山に通称「へび山」といわれている山があって、探検して走り回っていましたね。

あるとき、友達が「わーっ!」と声を上げたんで駆けつけたら、「変態がいた!」と騒いでいて。「エロ本が落ちてたから近寄って行ったら、ブラ(ジャー)をつけてコートを羽織ったおじさんが走り回ってどっかに行った」って言うんですよ。その日から、「ヘビ山」は「変態ブラじじい山」に変わりました。
 


このあたりか? 変態ブラじじい山


―田奈高校の近くにそんな山があったんですね(笑)

当時の田奈高校って地元では「ヤンキー高校」のイメージがあって、髪の色も、それ何色やねん! っていうお兄さんがたくさんいたんですよ。

「スケバン刑事」みたいなのがいたから、たしかにあの高校に行ったら怖いなと思ってましたね。今は昔と違って、落ち着いたと思うんですけど。
 


田奈高校周辺は閑静な住宅街


桂台(かつらだい)に「ドカン公園」といわれる公園があって、そこで遊んでいると田奈高生がくるんですよ。子どもながら、心の中では不良っぽい人たちを軽蔑して見てたんですけど、いっしょにサッカーをやって遊んでくれて、すっごい優しいんですよ。田奈高生のイメージが急に変わりましたね。
 


青葉台駅北口。筆者も「はま旅」の青葉台編で、その辺りを巡った


―身近にいた田奈高生の印象が強く残っているんですね。

そうですね。小学生のころ、電車のドアにわざと指をちょっと挟むのが流行っていたんですよ。危険なので、やっちゃダメですけど。

青葉台から田園都市線で親と東京ディズニーランドに行くときなんかに、指をドアに挟んでいたのを覚えていますね。

あるとき、ドアが閉まる瞬間に指を挟んで涼しい顔して抜いたら、「おまえ、すげーな!!」と田奈高生だけが褒めてくれて(笑)、話しかけてくれて、しゃべったらいいヤツで。人は見た目じゃない、と思うようになりましたね。
 


ヤンキーも意外といいヤツいます

 

 
亡くなったお母さまへの思い・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事