検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

昔、横浜博覧会時に、横浜市のパビリオンとしてあった横浜館。中にあった横浜の大きなジオラマが大好きでした。あのジオラマは取り壊されてしまったのか?それともどこかに移動されている?(羅漢さん)

はまれぽ調査結果!

ジオラマは横浜の未来への期待を伝える役目を終え、1999(平成11)年に「横浜館」が解体となった時に廃棄となった。

  • LINE
  • はてな

2016年07月24日

ライター:橘 アリー

「横浜館」とは

横浜博覧会は、今から27年前の1989(平成元)年に、横浜市制100周年と横浜開港130周年を記念して、同年3月25日から10月1日まで、現在のみなとみらい地区で開催されたもの。

その横浜博覧会にある「横浜館」は、現在のパシフィコ横浜近くに造られた横浜市のパビリオンであり、キニナル投稿にあるように、当時の横浜市の街のジオラマが展示されていた。

 

1989年当時の「横浜館」(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

『横浜博覧会公式記録』によると、「横浜館」のテーマは「横浜体験―きのう・きょう・あした」というもの。来館者に、博覧会的な楽しさを満喫してもらうと同時に、開港以来の横浜の歩みを振り返り、21世紀の未来を想像しようという主旨があったようだ。

そして「横浜館」は、来場者に温もりとやすらぎを感じてもらいたいということから、木造のドームだったという。

 

建築中の「横浜館」。木造は安価で工期が早いことも利点(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

こちらが「横浜館」の平面図(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

内部は、ドーム型を生かした配置となっていた。まず入口には「ペリーの黒船」のエリアがある。

 

赤丸が入口部分の「ペリーの黒船」(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

黒船の内部は本物の船内のようにほの暗く、幕府の役人と異国人たちとの晩餐(さん)会の様子がスライドで映し出されていた。そして、その晩餐会が行われている夜に、西暦2200年からやって来たタイムマシン「ワンダーシップ号」が横浜村に不時着したという設定となっている。

「ペリーの黒船」の次は「ワンダーシップ号」の中へ向かう。その「ワンダーシップ号」の中では、開港から130年の歴史を映像などで体験できるようになっていた。

「ワンダーシップ号」の次は、「タイムトンネル」だった。

 

「タイムトンネル」はこのように楕円形をしていた(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

「タイムトンネル」を抜けると約900平方メートルの空間に大小3500個の建物が並ぶ夢の未来都市「ヨコハマ・ガリバーランド」が眼下に広がる。それがキニナル投稿にあるジオラマである。

 

左が「ヨコハマ・ガリバーランド」。未来の横浜の街が造られていた(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

前述の通り、横浜博覧会は、1989年10月1日に終了したが、その後も「横浜館」は残された。

 

博覧会終了後の「横浜館」(提供:公益財団法人放送番組センター)
 

「横浜館」は、博覧会当時と比べるとシンプルである(提供:公益財団法人放送番組センター)
 

入口は「ペリーの黒船」から普通の扉に変わった(提供:公益財団法人放送番組センター)
 

ジオラマもそのまま残されたが「横浜館」は、入口にあった「ペリーの黒船」が撤去されるなど改修が行われた。

1991(平成3)年には過去に放送されたテレビ番組を見ることができる「放送ライブラリー」が開設され、1999(平成11)年にみなとみらい21地区の開発に伴い横浜館は閉館となった。

では、その後「ヨコハマ・ガリバーランド」はどうなったのだろうか。



ジオラマの行方は?

ジオラマの行方について、横浜市都市整備局都心再生部みなとみらい21推進課の同課の三田純一(さんだ・じゅんいち)さんに伺った。

ジオラマについて残っている資料によると、「横浜館」は前述のように地域の開発に伴い1999年に解体された。その時、廃棄となったそうである。廃棄の理由としては、横浜博覧会から続いて10年間公開されて横浜の未来への期待を伝える役目を終えたのでは、とのことだった。

 

博覧会当時の様子。壮大な未来都市がジオラマで再現されていた(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

中央を通っているのはJR根岸線(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

海上にはベイブリッジも(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

夜景はこのような様子に(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

上空にはUFOが!(『横浜博覧会公式記録』発行:財団法人横浜博覧会協会)
 

1990年初めごろの「横浜館」内。ランドマークタワーがひひきは大きくそびえ建っている
 

こちらも1990年初めごろの様子。所々に桜が咲く、キレイな街が作られていた
 

一方、放送ライブラリーも、当時とはかなり様変わりをしている。


放送ライブラリーはどう変わった?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

大黒線バイパス入口にあるカモメの建造物の正体は?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

横浜博覧会で使用していたゴンドラが道路脇に放置されている?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

10月31日オープン!センター南駅前の新商業施設「サウスウッド」ってどんな感じ?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

マリノスタウンの中はどんな設備?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった180
    • 面白くなかった4
    • コメント2
  • 2019年01月16日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった36
    • 面白くなかった8
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング