検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜博覧会の特集をお願いします。コスモクロックと動く歩道以外で今も残っているものはある?ブルアちゃんに会いたい!(マルタンさん)/横浜博覧会は今の横浜にどのように影響したのでしょう?(ひろりん。さん)

はまれぽ調査結果!

横浜博覧会は横浜の発展の起爆剤になったと言えるだろうし、多くの人の記憶に大切な思い出として残っていた。そして今もいくつかの名残を発見できる!

  • LINE
  • はてな

2012年11月03日

ライター:橘 アリー

横浜開港130年の節目のイベント

1989(平成元)年に開催された横浜博覧会。この年は、横浜開港から130年、横浜市制100年の節目の年。
そして、横浜博覧会が行われた頃は、今とは違って、とても景気の良い時代だった。
そのためか、3年前の横浜開港150周年記念のイベントとは比べものにならないほど、活気のあるイベントだった。
 


動く歩道と会場の様子(横浜市史資料室より)


横浜博覧会が終わった後から、みなとみらい地区は整備が進められ、見栄えの良い街へと様変わりしていった。しかしそれでも、みなとみらい地区を歩いていると時々、横浜博覧会当時の様子を思い返すことがある。

そこで、懐かしい当時の様子を辿りながら、「横浜博覧会が現在の横浜にどのように影響したのか」「今のみなとみらい21地区でその名残があるのか」などを調べていきたい。
 


横浜博覧会会場夜景(横浜市史資料室より)



横浜博覧会のテーマは「宇宙と子供たち」

まずは、「横浜博覧会の基本計画書」で横浜博覧会の概要を見てみることに。
 


横浜博覧会の基本計画書(右)と公式記録(左)


横浜博覧会の推進団体は、財団法人横浜博覧会協会で、博覧会のテーマは「宇宙と子供たち」である。このテーマには、きたるべき21世紀の望ましい姿を希求する、という想いが込められていたようだ。

開催場所は、みなとみらい21地区(西区及び中区)で、会場の規模は63ヘクタール(東京ドーム約13個分)。開催期間は、1989(平成元)年3月25日(土)~10月1日(日)の191日間である。動員目標は1250万人で、当時の横浜の人口は300万人くらいだったので、横浜の人口の約4倍強の動員が見込まれていたことになる。発表されている動員数は1333万7150人だったので、動員目標は達成されている。

会場は7つのスペースに区分されていた。
 

区分 主な構成要素
テーマゾーン テーマパビリオン(宇宙館・地球館・人間館)
テーマパーク(ロケットパーク・コスモキャンプ・子供共和国)
ヨコハマゾーン ①横浜館 ②国際交流館 ③開港記念村 ④シーサイドパーク
海と船のゾーン ①横浜マリタイムミュージアム ②日本丸 ③日本丸メモリアルパーク ④スペース・ホイール
アートミュージアムゾーン ①横浜美術館 ②グランモール公園
フェスティバルストリート ①仮設移動型ステージ ②歩道ミニショップ他
イベントゾーン ①大ホール
パビリオン出展ゾーン ①民間企業出典パビリオン ②公共団体出展パビリオン

 


横浜博覧会、会場計画基本設計図(横浜博覧会の基本計画書より)
 

横浜博覧会会場の全体図(横浜市史資料室より)


交通手段も整っていて、桜木町駅から会場の間は「動く歩道」、横浜駅東口の横浜そごうからは「ゴンドラリフト」、そして、会場と山下公園の間には、山下臨港線を利用して横浜開港当時を思わせるようなディーゼルカーの鉄道が運行していた。

当時、山下公園には、公園横の道路と並行して、使われていない山下臨港線の高架橋が残されたまま、そして現在の汽車道と山下臨港線プロムナードも、整備されていない山下臨港線跡のままであった。ディーゼルカーの鉄道は、それらの山下臨港線跡を利用したものであった。
筆者もこのディーゼルカーの鉄道に何度も乗ったが、のんびりとしてロマンのある鉄道だったと思う。
 


ディーゼルカーの様子(横浜市史資料室より)


その他にも、ヨコハマゾーンの横(現在の臨港パークの横)にはヘリポートもあった。このヘリポートから、羽田空港との間の定期便が就航していたのだ。
現在もこのヘリポートは、「みなとみらい臨時ヘリポート」という名称で存在し、ヘリコプターでの遊覧飛行などに利用されている。
 


現在のヘリポートの様子



今のみなとみらい21地区に横浜博覧会の名残を発見! 次のページ≫

 
  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

桜木町の動く歩道は太陽光発電で動かせないの?

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

みなとみらいは昔、どんなところだったの?(前編)

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

「統一地方選挙」の前に横浜市の抱える課題を整理しよう【編集部厳選】

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

新生ベイスターズ誕生!DeNA記者会見の様子は?

成人式の振袖選びから式当日まで、横浜みなとみらい駅直結の「ぷりずむ館」にすべておまかせ!

  • PR

新着記事

「社員寮」のある会社は働きやすい?とある横浜の建設会社の「社員寮」に潜入してきた!

    • PR
  • 2019年06月25日

日産スタジアムがラグビーワールドカップ仕様にリニューアル!? どう変わった?

    • 面白かった38
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2019年06月26日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

男子禁制!女性専用の医療脱毛ってどんな場所?横浜駅西口直結の「ジェニークリニック」を体験レポート!

  • PR

車の修理、なんでそんな高いの?「ペイントブル横浜旭」ならディーラーよりも安く早く修理できるって本当?

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 京浜急行が 7月1日(月)から平日・朝のラッシュ時に 普通列車利用でポイントを付けるそうです。モスキ...

  • 東海道貨物線の旅客化は検討が進んでいるのでしょうか。りんかい線と貨物線をつなげるだけでも、横浜から車...

  • 大口の超レトロな喫茶室「鹿鳴館」がキニナル。メニューは飲み物だけで、マスターは御年93歳という噂。

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング