ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    安いラーメンと言えば、チェーン店の日高屋の中華そばは390円と激安ですが、平沼橋のラーメン 華月は個人店ながらそれ以上に低価格でうまいラーメンを提供していると聞きました。おそらく横浜一安いラーメン?是...

    輪太郎さん

    新聞販売店が古新聞を回収してトイレットペーパーに交換してくださるサービスは横浜や川崎だけなんでしょうか。東京では自治体の資源ごみでしたし、他でも聞いたことがないので。キニナルというよりアンケートネタっ...

    雲葉 @since1992さん

    NHK総合テレビでも取り上げられた町工場、『五光発條』さんを取材して下さい。瀬谷区五貫目町にある、バネのメーカーです。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
5位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
15位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
18位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
19位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
20位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
26位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
27位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
28位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
29位
空襲体験者が語る、湘南地域を襲った空襲被害とは?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

主力放出が続く横浜F・マリノス、今シーズンはどんな体制で戦うの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

中村俊輔選手や榎本哲也選手といった生え抜きの流出について新社長は一切触れず。新加入の元日本代表・扇原貴宏選手らとともに名門復活を期す

ライター:田中 大輔 (2017年01月17日)

1993(平成5)年のJリーグ開幕から25年目のシーズンを迎える今年、開幕時からリーグに参加を続ける横浜F・マリノス(当初は横浜マリノス)もまた創設から25周年を迎える。

このところ度重なる主力選手の流出など、ファンにとっては胃の痛くなるようなニュースの続くチームではあるが、1月15日、25回目のシーズンに向け新体制発表会を開催した。
 


新加入選手や新ユニホームが発表された
 



クラブがピンチを迎える中

前身である日産自動車サッカー部時代から、日本サッカー界を代表するチームであり続けた現在の横浜F・マリノス。Jリーグ開幕時から参入している10チーム、いわゆる「オリジナル10」に数えられる老舗クラブだ。鹿島アントラーズとともに、2部リーグであるJ2リーグへの降格経験がないたった2つのチームのひとつでもある。
 
しかし、Jリーグでの優勝は2004(平成16)年以来遠ざかっていて、2016年シーズンも18チーム中10位と振るわなかった。
 


長く低迷が続く栄光のトリコロール
 

加えて、1997(平成9)年の入団以来(2003〈平成15〉年から2009〈平成21〉年は海外でプレーのため除く)、チームのアイコンであり続けた中村俊輔(なかむら・しゅんすけ)選手がジュビロ磐田へ完全移籍をすることになった。
 


チームを去ることになった中村選手(2012年撮影)
 

さらには、それと前後して小林祐三(こばやし・ゆうぞう)選手や榎本哲也(えのもと・てつや)選手、兵藤慎剛(ひょうどう・しんごう)選手ら、チームを支えてきた選手たちも相次いでクラブを離れることとなり、戦力ダウンは避けられない事態に陥ってしまっている。
 


退団が噂される齋藤学(さいとう・まなぶ)選手。去就未定で「グレー表示」?
 

そんな状況にフロント陣と現場の確執を指摘する声も上がる中、新体制発表会の会場となった日産グローバル本社にある日産ホールには、多くの報道陣と抽選で選ばれたファン・サポーターが詰めかけた。



キャプ翼世代の新社長

発表会の冒頭、登壇したのは同日付で社長に就任した古川宏一郎(ふるかわ・こういちろう)氏。本人いわく「『キャプテン翼』世代」と言う41歳の若さで、社長に抜てきされた。

古川新社長は2000(平成12)年に上智大理工学部電気電子工学科を卒業後、ノキア・ジャパンを経て2004(平成16)年6月に日産自動車に入社。2016(平成28)年4月には日本マーケティング本部EV事業部長に就任している。

古川社長はJリーグ開幕戦を観戦した思い出を語るなどした上で、「サッカーは心が躍るスポーツであり、エンターテインメント」と話し、「感動を届けるエンターテインメントにはさまざまなジャンルがあるが、心が躍る、熱狂するようなエンターテインメントはスポーツしかないのではないかと思う」と自身のスポーツ感を披露した。
 


この日に社長就任となった古川氏
 

チームについては、「F・マリノスには短期的、中長期的に改善を図らなければならない課題がある」と現状を認識しているとして、「100%の情熱を持って真摯に取り組んでいきたい」と意気込んだ。

チームがてんやわんやの時期での社長就任となったが、「サッカーが好きで経営に興味のある人間にとっては魅力的なポジション」と、数年前から自ら希望していたことを明かし、就任の打診が来た際には「素直にうれしくて、ワクワクした」と続けた。
 


挨拶を終え、サポーターに頭を下げる古川社長
 

挨拶では主力選手の相次ぐ移籍流出については触れず、発表会後の囲み取材の際も「きょうは初めてサポーターの皆さんの前に出る場だった。まずは私のことを知っていただくこととご挨拶に注力した」と話し、チームの現状について具体的な言及はなかった。


チームはどう生まれ変わる?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事