ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    何人か投稿してますが六角家が閉店っぽい。

    山下公園のカモメさん

    野毛の街も若い人が増えてだいぶ様変わりしましたね。たべもの横丁のほかにもたてのみ横丁、野毛食道楽、ホルモンビルなど飲み屋横丁的なものが増えました。そんな野毛の新しい動きを取材してほしいです。

    miyukidさん

    ニュースは、選挙優先で台風の被害は多く流れません。実際、横浜の被害はどうなっているのか、はまれぽさん目線で伝えてください。

    ヤングさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
23位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
26位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

鶴見系と呼ばれるそば・うどんがあると聞きました。調べてみてください(JUNJIさん)

はまれぽ調査結果

鶴見系そばと呼ばれる「ごん兵衛」と「松の屋」に突撃。関西出汁と白身魚フライがキーワードとの説もあるが、真相はわからなかった

ライター:カメイアコ (2017年03月09日)

「立ち食いそばが好きって言っていましたよね。じゃあ鶴見系そばって知っていますか?」と編集部・オビナタから連絡があった。

それって鶴見ならではの特徴を持った立ち食いそばが存在するってこと? と思い調べてみると以下のことが分かった。

鶴見系とは、
・関西風の透き通るような出汁(昆布出汁)
・トッピングに白身魚フライを置いている
ということが主なポイントらしい。ほかにもいろいろと情報が交錯していたが、共通するのはこの2点であった。

ちなみに、坂崎仁紀著の『ちょっとそばでも 大衆そば・立ち食いそばの系譜』では、以前はまれぽでも取材したことがある「うぃーん」についても鶴見系である旨が記されていた。が、写真を見る限り出汁の色が濃く関東系に見えるので、鶴見系って何だろうとますます混乱。



鶴見系総本山と呼ばれる「ごん兵衛」へ

鶴見系に関して情報を寄せる方々から、必ず名前が出てきたのは「ごん兵衛」である。川崎臨港バス「池の下」バス停から徒歩1分、または東急東横線大倉山駅から徒歩32分(!)という、決して恵まれた立地とはいえないが、午前6時30分の開店からお客さんが続々とのれんをくぐる人気店だ。
 


佇まいからも、期待大

 
同店が「鶴見系総本山」との呼び声が高いので、絶対にここは取材をしなければ! と思い、事前に電話を入れていたのだが取材NGを言い渡されていた。しかしここを紹介しないことには、鶴見系は始はじまらないわけで・・・来ちゃったというわけ。
 


専用駐車場完備

 
厨房に顔を出し、かきあげを黙々と揚げる店主に「取材させてほしい」と直談判するも、「そういうのは結構です!」ときっぱり告げられてしまう。写真だけでもなんとか・・・と言うと、料理の写真のみならとOKが出た。
 


そば・うどんは190円、白身魚フライは100円

 
今、21世紀だよね。と思わず口をついて出たほど安い。白身魚をつけても290円という驚異的な価格設定だ。
 


編集部・オビナタは天ぷらそば(240円)をチョイス

 
この取材ために朝食を抜いてきたカメイと、そばを美味しく食べるために二日酔いで挑んだ編集部・オビナタ。どちらもコンディションは抜群である。

出汁は透き通っていて、塩気が強く、昆布だし系。輪切りのネギがごろごろ入っているので、それが良いアクセントになる。そばはソフト麺で、のど越しを感じるというよりは、舌でほどけるようなふやっとした柔らかさだ。しかも、この出汁に白身魚フライが合うし、そばとの相性も良い。食事と言うよりは、「おやつ」感があって、病みつきになる味だった。



食べ終えたお客さんに鶴見系について聞いてみた
 


はまれぽインタビュー2回目という大学生の男性

 
「朝の早い時間から営業しているので、部活の遠征前とかによく食べますよ。他店のことや鶴見系のことはわかりませんが、安いし、美味しいし、なんか食べたくなる味です」とのこと。
 


雨天だから建設現場がお休みだったというお父さん

 
「安いし、うまいし、若い職人を連れてよく来るよ。全員におごってもたいした額じゃないし、気軽に誘えるよね。すぐ食べて、すぐ現場に戻れるのが立ち食いの魅力だよ」

ちなみに鶴見系そばというワードを聞いたことがあるかという問いには、「いやぁ、分からないねぇ。この辺は関東出汁が一般的だから。予想だけど、出汁は粉末のものを使っているんじゃないかな。麺は川崎にある大門ソフトメン工場のものを使っていると聞いたことがあるよ」と教えてくださった。
 
 
鶴見系を求めてまだまだ調査を続けます!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事