検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横須賀市民から「英雄」とされるデッカー。米軍横須賀基地司令官として軍務そっちのけで市民救済に注力。学校や病院建設のために占領地を返還。目標は「日本一の都市・横須賀」だった(栄区かまくらさん)

はまれぽ調査結果!

ベントン・W・デッカーは4代目の司令官として米海軍横須賀基地に着任。経済、医療、教育、婦人の地位向上など横須賀の再建と民主化に尽力

  • LINE
  • はてな

2017年03月26日

ライター:やまだ ひさえ

横須賀市の高台にある中央公園の中に1体の胸像がある。
 


横須賀市深田台にある中央公園
 


デッカー指令長官という名前が刻まれている
 

台座には興味深い一文が刻まれている。

「横須賀市再建の恩人ベントン・W・デッカー司令長官」
 


「再建の恩人」の意味するものは?
 

台座に付けられているプレートによると、胸像は1949(昭和24)年に横須賀市役所前の公園に設置された。

しかし、同公園に地下駐車場を設置することになり、1995(平成7)年10月、現在の地に移設されたとなっている。
 


横須賀の街と海を見守るように立つ像
 

移転させてまで残したかったデッカー司令官の胸像。

「横須賀市再建の恩人」の意味を追ってみた。



『黒船の再来』に込められた思い

デッカー司令官とはどういう人物なのか。インターネットで調べてみると、彼の回想記である『黒船の再来』が出版されていることが分かった。
 


回想記の発刊を伝えるホームページ
 

同著はデッカー司令官と奥様のエドウィーナ夫人による共著。夫人が残しておいたデッカー司令官の膨大な書簡やメモをもとに、退役後に書かれたものだ。

600ページを超える日本語版の翻訳を行った「横須賀学の会」の代表の大橋祥宏(おおはし・よしひろ)さんにお話を伺った。
 


「横須賀学の会」の大橋さん
 

大橋さんは小学校4年生で終戦を迎えた戦中派世代。デッカー司令官と直接の面識はないが、彼の功績の恩恵は受けたという。

大橋さんによると『黒船の再来』は、デッカー司令官が米海軍横須賀基地に着任していた4年間を回想した記録書で、1978(昭和53)年、アメリカで出版されたのち、日本の行政や企業などに贈られたとのことだ。しかし、一般には、本の存在そのものが知られていなかった。
 


一般に知られることがなかった回想録
 

正直、横須賀が地元の筆者もこの本を知らなかったし、デッカー司令官という人物自体を知らなかった。著者に親(ちかし)い横須賀市民に聞いても、第二次世界大戦が歴史の教科書の中のものになった世代の多くがデッカー司令官を知らなかった。

「横須賀市再建の恩人」であるはずなのに、世間に知られていないというギャップはどうして生まれたのか。疑問は多い。



軍都・横須賀の終焉

1945(昭和20)年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾。第二次世界大戦の敗戦が決まった。

連合国軍は、軍都として重要な位置を占めていた横須賀への進駐を決定。しかし、安全に占領できる保証はなかった。
 


横須賀上陸計画が練られていた(『占領下の横須賀』横須賀市刊より)
 

連合国軍は、相模湾に面した逗子海岸に上陸、同海岸を制圧したのち陸路で追浜(おっぱま)飛行場を制圧

さらに南下し海軍工廠一帯を占領する計画が立案されたが、移動距離が長く危険を伴うとのことで中止され、浦賀(うらが)水道から横須賀に上陸するルートに切り替えられた。
 


東京湾を進む米英艦隊(同)
 

1945年8月30日、上陸作戦が決行された。

同日午前8時29分、横須賀海兵団南側海岸で、1分後の8時30分には追浜飛行場東浜で上陸を開始。関係施設を次々に接収していった。
 


横須賀海兵団南側海岸に上陸する連合国(同)
 

上陸部隊の進駐が進むなか、横須賀海軍基地の引き渡しを行うために、基地内の小海(こかい)岸壁に米軍の第31任務部隊旗艦「サンディエゴ」が着岸した。
 


横付けされた旗艦「サンディエゴ」(同)
 


横須賀海軍基地の引渡し(同)
 

終戦のわずか3ヶ月前に横須賀鎮守府長官に就任した戸塚道太郎(とづか・みちたろう)によって「横須賀港引渡書」が連合軍に手渡された瞬間、横須賀造船所開設以来約80年に渡る、横須賀における日本陸海軍の歴史に幕が落された。
 


基地内に星条旗が掲げられた(同)
 

横須賀鎮守府の庁舎は米軍に接収され、米海軍横須賀基地の司令部として新たなスタートを切ることになった。
 


司令部となった旧横須賀鎮守府(同)
 

初代司令官に就任したのは、上陸部隊司令官でもあったオスカー・C・バジャー少将。
 


写真左が庁舎内を視察するバジャー少将(同)
 

終戦当時の横須賀基地は、小型ボートやタグボートが海中で朽ち、焼けただれたトラックが路肩に何台も埋もれ、使われなくなった建物が点在し、衛生状態も劣悪だった。
 


打ち捨てられた
特攻兵器「震洋」(同)
 

結果、バジャー初代司令官、オリバー・O・ケッシング2代目司令官、ハロルド・M・ブリッグス3代目司令官の出した結論が横須賀基地不要論。「基地を爆破し、全員をアメリカに帰還させろ」というものだった。

それに真向から異を唱えたのが、1946(昭和21)年4月3日に就任した4代目司令官ベントン・ウィーバー・デッカー大佐だった。
 


横須賀基地の重要性に着目していた
 


デッカー司令官と新たな横須賀・・・キニナル続きは次のページ
 

おすすめ記事

超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

横須賀の山中、「どう見てもただの一軒家」の中華まんが絶品

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

「東京湾要塞の要」、横須賀・観音崎にある砲台跡の歴史は?

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

横浜の知られざる妖艶な世界!? ホテルのポールダンスショーに潜入!

肉の聖地から直送される高級和牛を富士山の溶岩石グリルで提供「和牛&Seafood Micio」

  • PR

新着記事

横浜の運送会社「大松運輸」って、休みも取りやすく働きやすいホワイト企業って本当?

    • PR
  • 2018年06月18日

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【前編】

    • 面白かった449
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2018年06月19日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 白楽駅から妙蓮寺方向に5分ほど歩いたところ左手に新しいカフェができたようです。Rodiac Arke...

  • 大阪北部地震で発生した高槻市の寿栄小学校ブロック塀倒壊事故。最新ニュースでは上半分は後から単に積み重...

  • 来年の京浜急行本社移転にあわせて、デハ230の復元が展示に向けて進んでいますが、その時に一緒に復元展...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント