ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

関東学院大学の金沢八景キャンパスに、中華街の老舗店「重慶飯店」が学生食堂としてオープンします。どんなメニューなのか、一般の人でも食べられるのか、キニナルので取材お願いいたします(横濱マリーさん)

はまれぽ調査結果

2017年4月に関東学院大学横浜・金沢八景キャンパスの学食に「重慶厨房」がオープン。老舗店の麻婆豆腐がワンコインで味わえる。学生以外でも利用可能

ライター:山崎 島 (2017年06月02日)

学食というと、可もなく不可もないしょうゆラーメンや、これまたなんとも言えない生姜焼き定食が出てくるというイメージなのだが、関東学院大学横浜・金沢八景キャンパスに、なんと中華街のあの老舗名店が出店したそうだ! これは、絶対行きたい!! 

大学時代は「授業が終わったらマジで走って帰っていた」筆者と、「仲間がすべてでした」という編集部・小島が、若さあふれる大学へと潜入してきた。



甘酸っぱいキャンパスライフを取り戻したい

関東学院大学横浜・金沢八景キャンパスは、京急線金沢八景駅からどんぶら歩いて約10分。
 


横浜・金沢八景キャンパスの正門に到着

 
わー大学、門前から青春が垂れ込めている感じ! こちらのキャンパス、青い空とほんのり感じる海の気配が似合う、とってもさわやかで明るい印象。学生という肩書がなくなっただけで、この開放的な門の向こう側と距離を感じるのが不思議だ。

今回は大学に潜入、ということで・・・

 

「ザキさんチョリース!」


小島は大学時代の服を着てきてくれました

 
オレンジのアディダスのTシャツと、変な自転車のワンポイントのパーカーを合わせ、ノーブランドのキャップを着こなした小島頼輝(こじま・らいき、37歳)。予想以上にカジュアルな装いに、これはちょっと取材先様に失礼なんじゃないか、と不安を感じた次第であります。

さてさて、今回の投稿にある中華街の老舗料理店が出店しているという学食は、門を入ってすぐ右手に見える建物の1階にございます。

 

こちらの建物。横浜・金沢八景キャンパスの3号館です


にぎわっていますな!

 
お昼時には若干早い午前11時30分ごろにも関わらず、たくさんの学生たちが列をなす、そのお店とは・・・
 


重慶飯店が運営する「重慶厨房(じゅうけいちゅうぼう)」!

 
はまれぽでたびたび登場している、かの有名老舗中華料理店のプロデュース店なのだそう! じゅ、重慶飯店が学食に・・・? ここの学生さん達、かなりセレブなの? と思いきや、店頭にある看板のメニュー表には650円までの表記しかなく、え、下手したらワンコインで重慶飯店のお料理が食べれちゃうってこと? 「そんなバナナ(古い)」と疑いつつ、こちらの学食について話を伺った。

お話してくれたのは、下の写真左から重慶飯店別館料理長の木暮浩三(こぐれ・こうぞう)さん、重慶飯店セールス&マーケティング部の山根愛子(やまね・あいこ)さん、関東学院大学広報課の石川祥子(いしかわ・しょうこ)さん。
 


こちらのお三方です

 
ではさっそく、重慶厨房が横浜・金沢八景キャンパスに出店した経緯をご説明しましょう。

2017(平成29)年4月に、湘南・小田原キャンパスにあった法学部の修学地を横浜・金沢八景キャンパスへ移転したことに伴い、3号館の建物を新設した。

石川さんは「建物の新設とともに学食もオープンすることになりました。学食オープンにあたっては、私たちは学生たちに『横浜という場所を料理からも知ってもらいたい』と考えました」

「大学は関東圏内だけでなく、地方から来る学生たちもいるので、4年間、ここ横浜で生活するのなら、是非横浜について知り、親しみを持ってほしい。そのような思いから、ある雑誌編集部を通して、横浜中華街を代表する名店・重慶飯店に出店していただけないか、依頼しました」と話してくれた。
 


ふむふむ

 
近年、東京を中心とした大学の学食には、有名店が出店することが多くなったそうだが、ただ有名店を出店するだけでなく同学食には、横浜を知ってほしいという大学側の想いが込められているんですね。ジンときました。

そんな学生への想いが込められた、大学からの依頼に重慶飯店も二つ返事で応えたという。
 


重慶飯店にお勤めされて29年の木暮さんはこう語る

 
「お話が来たのは1年前の2016(平成28)年でした。重慶飯店はなんでも新しいことに挑戦する方針なので、すぐにお話を受けました。学食っていうのは、当然9割のお客さんが学生さん。みんな育ちざかりだけど、限られた生活費の中でやりくりしています。なので、せめてお昼だけでも、本格的な中華をおなかいっぱい食べてほしい思い、リーズナブルかつ満足してもらえる、レシピの開発を始めました」。
 


料理長自らメニュー作りに携わった

 
「1年で基本のタレを完成させ、パートさんでも作れるようにレシピを作りました。また、私にとっても重慶飯店にとっても初めての取り組みですが、野菜などの材料は横浜を中心とした神奈川県産や千葉県産のものを使うことにしました。近隣の農家さんから直接仕入れたり、生産者の顔が見える食材にこだわる。これはずっとやってみたかったことで、ここだからこそできる取り組みだったんです」。

「幸い、大学側は私たちのやりたいことを尊重してくれたおかげで、いろいろなことに挑戦しながら『重慶厨房』を出店することができました。私たちも大学の信頼に応え、クオリティーの高い料理を作ろうと、熱意をもって営業しています」。

学生たちに対して、周りの大人が本気になった、その一つの結晶がここ「重慶厨房」なのですね。
 


お店のロゴかわいい 

 
ちなみに、「重慶厨房」とは、重慶飯店がよりカジュアルな雰囲気になったブランドだそうで、ここ以外にも千葉・幕張のイオンモールにも1店舗あるのだとか。「4月下旬には中央自動車道の談合坂下り線SA(サービスエリア)にもフランチャイズ1号店を出店しました」と山根さん。同学食は、一般の方も利用できるそうで、学生の中に交じって、大人の方もちらほら見えましたよ。
 
 

学食で食べる本格中華! そのお味は?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事