ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

関東学院大学の金沢八景キャンパスに、中華街の老舗店「重慶飯店」が学生食堂としてオープンします。どんなメニューなのか、一般の人でも食べられるのか、キニナルので取材お願いいたします(横濱マリーさん)

はまれぽ調査結果

2017年4月に関東学院大学横浜・金沢八景キャンパスの学食に「重慶厨房」がオープン。老舗店の麻婆豆腐がワンコインで味わえる。学生以外でも利用可能

ライター:山崎 島 (2017年06月02日)

学食というと、可もなく不可もないしょうゆラーメンや、これまたなんとも言えない生姜焼き定食が出てくるというイメージなのだが、関東学院大学横浜・金沢八景キャンパスに、なんと中華街のあの老舗名店が出店したそうだ! これは、絶対行きたい!! 

大学時代は「授業が終わったらマジで走って帰っていた」筆者と、「仲間がすべてでした」という編集部・小島が、若さあふれる大学へと潜入してきた。



甘酸っぱいキャンパスライフを取り戻したい

関東学院大学横浜・金沢八景キャンパスは、京急線金沢八景駅からどんぶら歩いて約10分。
 


横浜・金沢八景キャンパスの正門に到着

 
わー大学、門前から青春が垂れ込めている感じ! こちらのキャンパス、青い空とほんのり感じる海の気配が似合う、とってもさわやかで明るい印象。学生という肩書がなくなっただけで、この開放的な門の向こう側と距離を感じるのが不思議だ。

今回は大学に潜入、ということで・・・

 

「ザキさんチョリース!」


小島は大学時代の服を着てきてくれました

 
オレンジのアディダスのTシャツと、変な自転車のワンポイントのパーカーを合わせ、ノーブランドのキャップを着こなした小島頼輝(こじま・らいき、37歳)。予想以上にカジュアルな装いに、これはちょっと取材先様に失礼なんじゃないか、と不安を感じた次第であります。

さてさて、今回の投稿にある中華街の老舗料理店が出店しているという学食は、門を入ってすぐ右手に見える建物の1階にございます。

 

こちらの建物。横浜・金沢八景キャンパスの3号館です


にぎわっていますな!

 
お昼時には若干早い午前11時30分ごろにも関わらず、たくさんの学生たちが列をなす、そのお店とは・・・
 


重慶飯店が運営する「重慶厨房(じゅうけいちゅうぼう)」!

 
はまれぽでたびたび登場している、かの有名老舗中華料理店のプロデュース店なのだそう! じゅ、重慶飯店が学食に・・・? ここの学生さん達、かなりセレブなの? と思いきや、店頭にある看板のメニュー表には650円までの表記しかなく、え、下手したらワンコインで重慶飯店のお料理が食べれちゃうってこと? 「そんなバナナ(古い)」と疑いつつ、こちらの学食について話を伺った。

お話してくれたのは、下の写真左から重慶飯店別館料理長の木暮浩三(こぐれ・こうぞう)さん、重慶飯店セールス&マーケティング部の山根愛子(やまね・あいこ)さん、関東学院大学広報課の石川祥子(いしかわ・しょうこ)さん。
 


こちらのお三方です

 
ではさっそく、重慶厨房が横浜・金沢八景キャンパスに出店した経緯をご説明しましょう。

2017(平成29)年4月に、湘南・小田原キャンパスにあった法学部の修学地を横浜・金沢八景キャンパスへ移転したことに伴い、3号館の建物を新設した。

石川さんは「建物の新設とともに学食もオープンすることになりました。学食オープンにあたっては、私たちは学生たちに『横浜という場所を料理からも知ってもらいたい』と考えました」

「大学は関東圏内だけでなく、地方から来る学生たちもいるので、4年間、ここ横浜で生活するのなら、是非横浜について知り、親しみを持ってほしい。そのような思いから、ある雑誌編集部を通して、横浜中華街を代表する名店・重慶飯店に出店していただけないか、依頼しました」と話してくれた。
 


ふむふむ

 
近年、東京を中心とした大学の学食には、有名店が出店することが多くなったそうだが、ただ有名店を出店するだけでなく同学食には、横浜を知ってほしいという大学側の想いが込められているんですね。ジンときました。

そんな学生への想いが込められた、大学からの依頼に重慶飯店も二つ返事で応えたという。
 


重慶飯店にお勤めされて29年の木暮さんはこう語る

 
「お話が来たのは1年前の2016(平成28)年でした。重慶飯店はなんでも新しいことに挑戦する方針なので、すぐにお話を受けました。学食っていうのは、当然9割のお客さんが学生さん。みんな育ちざかりだけど、限られた生活費の中でやりくりしています。なので、せめてお昼だけでも、本格的な中華をおなかいっぱい食べてほしい思い、リーズナブルかつ満足してもらえる、レシピの開発を始めました」。
 


料理長自らメニュー作りに携わった

 
「1年で基本のタレを完成させ、パートさんでも作れるようにレシピを作りました。また、私にとっても重慶飯店にとっても初めての取り組みですが、野菜などの材料は横浜を中心とした神奈川県産や千葉県産のものを使うことにしました。近隣の農家さんから直接仕入れたり、生産者の顔が見える食材にこだわる。これはずっとやってみたかったことで、ここだからこそできる取り組みだったんです」。

「幸い、大学側は私たちのやりたいことを尊重してくれたおかげで、いろいろなことに挑戦しながら『重慶厨房』を出店することができました。私たちも大学の信頼に応え、クオリティーの高い料理を作ろうと、熱意をもって営業しています」。

学生たちに対して、周りの大人が本気になった、その一つの結晶がここ「重慶厨房」なのですね。
 


お店のロゴかわいい 

 
ちなみに、「重慶厨房」とは、重慶飯店がよりカジュアルな雰囲気になったブランドだそうで、ここ以外にも千葉・幕張のイオンモールにも1店舗あるのだとか。「4月下旬には中央自動車道の談合坂下り線SA(サービスエリア)にもフランチャイズ1号店を出店しました」と山根さん。同学食は、一般の方も利用できるそうで、学生の中に交じって、大人の方もちらほら見えましたよ。
 
 

学食で食べる本格中華! そのお味は?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

中華街で食べられる、知る人ぞ知る絶品「白い〇〇」の正体は?

金沢区六浦の「ラーメン神豚」のチャレンジメニューと格闘取材!

『あぶない刑事』に登場した横浜市内のロケ地はどこにあるのか?