ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧市民公園に、蒸気機関車のD51が展示されています。公園のホームページには“機関室に自由に入ることができる”とありますが、実際は老朽化を理由に柵が二重に張り巡らされて近づけないという、かなり残念な状...

    濱俊彦さん

    川崎縦貫道と大師線の地下化、2つの計画の内のどちらかが実現すると川崎市内から羽田空港やアクアラインへの所要時間が大幅に短縮されると思うのですがどちらも進展が見えません。限りある予算で市内の交通状況を良...

    ユースケさん

    近くのスーパーにマリノスのポイントカードが販売されています将来プレミアがつく可能性あったりするかもしれませんがこうしたカードで一番高かったカードぱいくらぐらいですかまた マリノスでぱ どれだけの広告収...

    ほっとさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

6月にみなとみらい各所でファイナルファンタジーとのコラボイベントが開催されるそうですが、横浜とFF、どういう経緯で決まったのか気になります(さほたんさん)

はまれぽ調査結果

ファイナルファンタジーを生んだ株式会社スクウェアは横浜市港北区日吉が生誕の地。FFに縁の深い地であるという理由でコラボ相手に横浜が選ばれた

ライター:コハル (2017年06月22日)

全世界で累計1億3000万本の販売・ダウンロードという、日本を代表する大人気ゲーム「ファイナルファンタジー(以下、FF)」シリーズの30周年を記念して、2017(平成29)年6月から、FFと横浜のコラボレーション企画が始動した。
 


みなとみらい(以下、MM)がFFに?(オフィシャルHPより)
 

今回の企画の目玉として6月10日(土)・11日(日)の2日間、「FFXIVプロジェクションマッピング 海洋都市ヨコハマ 龍神バハムート、襲来」を上映した。

このほか、クイーンズスクエア横浜の「フラッグジャッグ」、横浜市民のソウルフード・シウマイでおなじみの崎陽軒とのコラボレーション弁当の発売、そして東急東横線がFF仕様になる「トレインジャック」など、豪華企画が連日開催された。
 


 


みなとみらい駅にこんなポスターが張られていました(公式ホームページより)
 

こちらがコラボレーション弁当
 

横浜在住のFFファンにとっては心躍る企画。しかし、なぜ今回の開催場所に横浜が選ばれたのだろうか?

主催側の真意を探るべく、ファイナルファンタジーXIVプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹(よしだ・なおき)氏に話をお聞きした。



FF発祥の地は横浜市

「FFを生み出した株式会社スクウェアは、横浜市日吉で発足したということもあり、実は、横浜はFFにとって縁の深い地です。また、海外との交流が盛んに行なわれてきた国際都市である横浜は、FFシリーズのゲーム中に数多く登場する港街ともよく似た街並みをもっています」と話す吉田氏。
 


プレス向け先行試写会で横浜とFFとの縁について話す吉田氏
 

「このように、シリーズとの縁も多く、エンターテインメントに対して理解のある横浜市と、記念すべき30周年を一緒に盛り上げたい」。そんな思いから、今回のコラボレーションの開催をオファーしたという。

吉田氏いわく、このオファーに対し、「横浜市がビデオゲームというエンターテインメントに対して、深い理解を示してくれた」ことでコラボの実現に至った。
 


横浜はFFのに出てくる港街によく似ている?
 

今回の企画はMM地区などの事業者と「ファイナルファンタジー30周年×横浜」実行委員会を組織。同委員会の活動を横浜市が支援する形で実現したそうだ。



横浜のエンターテインメントに対する理解力に感謝

企画の発案は2年前。「ホテルの外壁を使った日本最大級のプロジェクションマッピング(以下、PM)をやりたいというアイデアも実行委員会から出た。そんな奇抜とも思える企画も、横浜市は真剣に、そして真摯に受け止めてくれたという。

そのおかげで、実行委員会は自分たちの考案したアイデアを最大限に詰め込むことができたそうだ。
 


横浜市の協力があってこそ成立した企画
 



相互活性化のきっかけに

今回は前述したとおり、MM地区全体が“FF色”に染まるという前代未聞のコラボレーション企画を同時展開するというもの。

みなとみらい駅を降りた瞬間から、人々がファイナルファンタジーを感じることができるようなイベントになっていた。
 


駅に設置されたデジタルサイネージ
 

吉田氏は企画をとおして横浜市とFFの相互活性のきっかけにしたいと考えているという。

吉田氏は「FFファンのみなさんにも、ぜひこの機会にMMに足を運んでいただきたいです。MM地区に散りばめられたFF要素だけではなく、MMの名所なども新たに発見してもらえたらうれしいですね」とコメント。

さらに「そして横浜市民のみなさんには、 “FF色”に染まった普段とは違うMMを楽しんでもらいたいです」と話した。


あの召喚獣がみなとみらいを焼き尽くす?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事