検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について
日本初、そして世界初!? 元町に出現したコンテナビルの正体は

ココがキニナル!

元町に日本初のコンテナビルが建つと話題になってます。鉄骨造の建物にコンテナを3階併設しているそうです。ぜひ取材をよろしくお願いいたします。(横浜橋のラッキーさん)

はまれぽ調査結果!

3階建ては日本初、混合ビルは世界初! 建築基準法に適合した、日本で初めてのコンテナビルが元町に出現していた

  • LINE
  • はてな

2018年07月10日

ライター:はまれぽ編集部

中区の元町に日本初の「コンテナビル」が建つという今回のキニナル。
コンテナといえば、横浜ではよく船に詰め込まれている姿を見かける。さまざまな荷物を収納できる鉄の箱であり、人が住む場所、ましてやビルになるというイメージはない。
 


確かに積むけど、これをビルに・・・?(写真はフリー画像より)

 
コンテナを使ったビルとは一体どんなもの? そしてなぜ横浜に?
そんなもろもろの疑問を抱えて、はまれぽ編集部は7月7日の開業を控えた元町のコンテナビル「Le Noir(ル・ノワール)」に事前取材に向かった。
 


ビルがあるのは、元町仲通り

 
みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩5分ほど、別名「クラフトマンシップストリート」を進むと、一目で「これだ!」と分かるその建物が目の前に出現した。
 


確かにコンテナだ!

 
コンテナをそのまま使ったような見た目のビルが元町を見下ろしている。さらにそのビルに隣接しているのは・・・。
 


こっちもコンテナ?

 
階段を挟んで二つのコンテナビルがつながっている? いったいこれはどんな構造なのだろう。
 


エレベーターも完備
 

この日は営業開始の前日だったが、コンテナビル建設を主導した北軽井沢エンタープライズの代表取締役社長、平沼成基(ひらぬま・なるき)さんと、コンテナハウスブランド「IRON HOUSE TETSUYA」(有限会社ライフィックス)の代表取締役、引地努(ひきち・つとむ)さんにお話をうかがうことができた。
 


左から平沼さん、引地さんのお二人

 
早速、この建物はいったい何なのかをうかがってみる。

「ル・ノワールは、コンテナ型ユニット建築『TETSUYA』を使った国内初の3階建てコンテナビルと、重量鉄骨造のビルが合わさった混合ビルです。コンテナと鉄骨造の混合ビルは、世界でも初めての建築物なんです」と平沼さん。ノワールは「黒」を意味し、シックな外観にピッタリな名前だ。

ビルの正面右側が鉄骨造の「本棟」、左側がコンテナを使った「コンテナ棟」。本棟は5階建て、コンテナ棟は3階建てで、それぞれ各階で行き来することができる。
 


ビル右側の「本棟」はコンテナ風の外装だが、実際には鉄骨造のビル

 
しかし、どうしてコンテナでビルを作ったのだろう?
そのメリットをうかがうと「コンテナと鉄骨造の混合ビルは、完成品のコンテナを運んでくるので工期が早く、人件費などが節約できるメリットがあります。また、狭い土地で建てることができることも、建築の規制が厳しい日本ならではのメリットかもしれません」と平沼さん。
 


日本では、倉庫として使われることも多いコンテナ(写真はフリー画像より)

 
建設と撤去が用意なコンテナハウスは世界的にその数を増やしており、2022年にカタールで開催予定のサッカーワールドカップではコンテナを使ったスタジアムが作られるなど、活用の場が広がっている。

一方で、日本国内では被災地の仮設住宅などにコンテナハウスが使われるケースがあるものの、通常のコンテナをそのまま住居として使うと建築基準法に合致することが難しく、なかなか利用が進んでいない。国内で建てられたコンテナハウスはほとんどが建築基準法の特例を使って規制をかいくぐったものなのだという。
 


輝く「建築基準法完全準拠」の文字!(公式サイトより)

 
そこで開発されたのが、全国どこでも建築許可を取ることができる専用コンテナ型ユニット「TETSUYA」。輸送ではなく、最初から住居して使うことを想定したコンテナだ。
専用のユニットを使ってはいるものの、通常の建物よりも安価に建てられるということも利点の一つ。
 


こちらはモデルルーム兼事務所。コンテナの中とは思えない

 
コンテナのもう一つの利点が、コンテナでできているがゆえの「気密性」。遮熱性の高い建材などを組み合わせることで、快適な気温を保ち、エアコンのききやすいエコな空間を作り出すことができるのだという。
 


換気をしないと塗料も乾かないほど!

 
ユニット販売元の有限会社ライフィックスは、住居に活用できるコンテナの開発に20年の歳月をかけた。その甲斐あって、元町のような建築基準の厳しい地域でも、問題なく許可を得ることができている。
そんなコンテナビルにはどんなテナントが入居しているのか。実際に見せていただくことにした。


コンテナビルに入居するのは・・・?

 

おすすめ記事

かつて青葉台などを走っていた呼び出せるバス「東急コーチ」って、どんなバス?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

今はなき戸塚区柏尾川温泉の現在は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

江戸時代の趣深く、今なお人が住む長屋門がなぜ白楽に?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

横浜「1000ぶら」商店街探訪Vol.37 クリスマス目前。ライター・細野が中華街・関帝廟通りでアノ彼女と暴走デート!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

新着記事

【編集部厳選】夏だ! 水着だ!? 海の日だ! 

    • 面白かった14
    • 面白くなかった7
    • コメント1
  • 2018年07月15日

“街の宝”を守るため、50年の歴史に幕。横浜中華街「重慶飯店別館」で最後のおもてなし

    • 面白かった31
    • 面白くなかった1
    • コメント2
  • 2018年07月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

結婚相談所って怪しくない?「マリッジクラブ ウィッシュ横浜」で結婚相談所の疑問を徹底解決してきた

  • PR

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

世界中から大注目! ここでしか買えない革製品が大人気の「レザー ファクトリー ロベル」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • NHK総合テレビ『ダーウィンが来た!』で、戸塚駅周辺の柏尾川のウナギを取り上げていました。横浜市立飯...

  • 前島密の胸像が上に乗ってる御影石?の郵便ポストがキニナリます。信号待ちで、あまりに風変わりな郵便ポス...

  • 上大岡の京急百貨店側から渡る人から見て、カミオの隣にある商店街を抜けて真っ直ぐ進むと十字路があり、三...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント