検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について
日本初、そして世界初!? 元町に出現したコンテナビルの正体は

ココがキニナル!

元町に日本初のコンテナビルが建つと話題になってます。鉄骨造の建物にコンテナを3階併設しているそうです。ぜひ取材をよろしくお願いいたします。(横浜橋のラッキーさん)

はまれぽ調査結果!

3階建ては日本初、混合ビルは世界初! 建築基準法に適合した、日本で初めてのコンテナビルが元町に出現していた

  • LINE
  • はてな

2018年07月10日

ライター:はまれぽ編集部

中区の元町に日本初の「コンテナビル」が建つという今回のキニナル。
コンテナといえば、横浜ではよく船に詰め込まれている姿を見かける。さまざまな荷物を収納できる鉄の箱であり、人が住む場所、ましてやビルになるというイメージはない。
 


確かに積むけど、これをビルに・・・?(写真はフリー画像より)

 
コンテナを使ったビルとは一体どんなもの? そしてなぜ横浜に?
そんなもろもろの疑問を抱えて、はまれぽ編集部は7月7日の開業を控えた元町のコンテナビル「Le Noir(ル・ノワール)」に事前取材に向かった。
 


ビルがあるのは、元町仲通り

 
みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩5分ほど、別名「クラフトマンシップストリート」を進むと、一目で「これだ!」と分かるその建物が目の前に出現した。
 


確かにコンテナだ!

 
コンテナをそのまま使ったような見た目のビルが元町を見下ろしている。さらにそのビルに隣接しているのは・・・。
 


こっちもコンテナ?

 
階段を挟んで二つのコンテナビルがつながっている? いったいこれはどんな構造なのだろう。
 


エレベーターも完備
 

この日は営業開始の前日だったが、コンテナビル建設を主導した北軽井沢エンタープライズの代表取締役社長、平沼五郎成基(ひらぬま・ごろうなるき)さんと、コンテナハウスブランド「IRON HOUSE TETSUYA」(有限会社ライフィックス)の代表取締役、引地努(ひきち・つとむ)さんにお話をうかがうことができた。
 


左から平沼さん、引地さんのお二人

 
早速、この建物はいったい何なのかをうかがってみる。

「ル・ノワールは、コンテナ型ユニット建築『TETSUYA』を使った国内初の3階建てコンテナビルと、重量鉄骨造のビルが合わさった混合ビルです。コンテナと鉄骨造の混合ビルは、世界でも初めての建築物なんです」と平沼さん。ノワールは「黒」を意味し、シックな外観にピッタリな名前だ。

ビルの正面右側が鉄骨造の「本棟」、左側がコンテナを使った「コンテナ棟」。本棟は5階建て、コンテナ棟は3階建てで、それぞれ各階で行き来することができる。
 


ビル右側の「本棟」はコンテナ風の外装だが、実際には鉄骨造のビル

 
しかし、どうしてコンテナでビルを作ったのだろう?
そのメリットをうかがうと「コンテナと鉄骨造の混合ビルは、完成品のコンテナを運んでくるので工期が早く、人件費などが節約できるメリットがあります。また、狭い土地で建てることができることも、建築の規制が厳しい日本ならではのメリットかもしれません」と平沼さん。
 


日本では、倉庫として使われることも多いコンテナ(写真はフリー画像より)

 
建設と撤去が用意なコンテナハウスは世界的にその数を増やしており、2022年にカタールで開催予定のサッカーワールドカップではコンテナを使ったスタジアムが作られるなど、活用の場が広がっている。

一方で、日本国内では被災地の仮設住宅などにコンテナハウスが使われるケースがあるものの、通常のコンテナをそのまま住居として使うと建築基準法に合致することが難しく、なかなか利用が進んでいない。国内で建てられたコンテナハウスはほとんどが建築基準法の特例を使って規制をかいくぐったものなのだという。
 


輝く「建築基準法完全準拠」の文字!(公式サイトより)

 
そこで開発されたのが、全国どこでも建築許可を取ることができる専用コンテナ型ユニット「TETSUYA」。輸送ではなく、最初から住居して使うことを想定したコンテナだ。
専用のユニットを使ってはいるものの、通常の建物よりも安価に建てられるということも利点の一つ。
 


こちらはモデルルーム兼事務所。コンテナの中とは思えない

 
コンテナのもう一つの利点が、コンテナでできているがゆえの「気密性」。遮熱性の高い建材などを組み合わせることで、快適な気温を保ち、エアコンのききやすいエコな空間を作り出すことができるのだという。
 


換気をしないと塗料も乾かないほど!

 
ユニット販売元の有限会社ライフィックスは、住居に活用できるコンテナの開発に20年の歳月をかけた。その甲斐あって、元町のような建築基準の厳しい地域でも、問題なく許可を得ることができている。
そんなコンテナビルにはどんなテナントが入居しているのか。実際に見せていただくことにした。


コンテナビルに入居するのは・・・?

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

【編集部厳選】名前はあるのに、モノがない!? 不思議な「バス停の由来」を解決!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

有隣堂 週間BOOKランキング 7月12日(日)~7月18日(土)

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

鶴見市場駅近くにある昔からなぜか「メガロン」と呼ばれている謎の公園、モヤモヤするその名前の理由は?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

ママチャリで国道1号を走るときの注意点は?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕! 急転直下の日産グローバル本社前の様子は?

    • コメント1
  • 2018年11月19日

アメ車・クラシックカーのエンスーが感動!車を眺めて酒が飲めるバーって?

    • 面白かった22
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2018年11月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

物件購入後もサポートしてくれる! 二俣川の「株式会社ハッピーハウス」

  • PR

「自分らしいウエディング」が実現! レンタルドレスサロン「By Magic」で主役もゲストも笑顔に!

  • PR

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 川崎フロンターレが、Jリーグ連覇という快挙を達成したのに、はまれぽじゃ全く相手にされないんですね、、...

  • 日産自動車のゴーン会長、逮捕との報道です。みなとみらい本社の様子や今後の影響などレポートしてください...

  • 三渓園には移築された建造物が多数存在しますが、移築に至った経緯や運搬手段などが気になります。

あなたはどう思う?

今年のイルミネーションはどこで見る?

最近のコメント

アクセスランキング