検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川で働く!横浜・横須賀の求人情報 - [はまれぽ.com]イチオシ!求人特集
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • かんたんな質問に答えるだけで、あなたにぴったりなお仕事を診断する「お仕事診断」 適した求職情報もご案内いたします。
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
JR洋光台駅前の広場がリニューアル! 世界に向けた「団地の未来」プロジェクトとは

ココがキニナル!

洋光台駅前の広場がリニューアルしたそうです。なんでも隈研吾さんがデザイン監修されていたとか。どんな風に変わったのか知りたいです。お願いします。(massuruさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

「団地の未来」プロジェクトとして建築家の隈研吾氏とプロジェクトディレクターの佐藤可士和氏が手を組み、新たなコミュニティ空間に生まれ変わった

  • LINE
  • はてな

2018年08月13日

ライター:山口 愛愛

有識者×行政×地域の住人のコラボ作!
 
JR洋光台駅前にある「洋光台中央広場」は、UR都市機構が管理する洋光台団地に囲まれた広場。洋光台団地の1階には、商店街の「サンモール洋光台」が入っており、住民の生活を支えている。
 


この奥に中央団地に囲まれた広場がある

 
この場所は、1970(昭和45)年に国鉄洋光台駅の開業に合わせて作られ、洋光台団地の中の広場として歴史が始まった。当時の洋光台駅は横浜方面からの終着駅としてにぎわいを見せ、駅の開業と同時に15階建ての大型団地への入居を開始。48年の年月が経ち、時代の先を見据えた広場へと、2018(平成30)年8月1日にリニューアルされた。
 


工事は2017(平成29)年3月から約15ヶ月間に及んだ

 
まず改修中の広場の様子から振り返ってみよう。
 


こちらは改修前の中央広場の写真
 

サンモール洋光台のすぐ目の前まで改修が行われていた
 

既存の店舗が営業しながら改修を進めることもテーマの1つだった
 

改修中は狭い通路を通ることもあった

 
この工事の発端は、今から7年前の2011(平成23)年まで遡る。

古い団地が駅の顔となっている洋光台の活性化について、横浜市、磯子区、洋光台まちづくり協議会、UR都市機構が連携し議論したことからスタート。話し合いの場に有識者を呼び、意見を取り入れることとなった。

そのうちの1人が、新国立競技場の建築設計などで知られる世界的建築家の隈研吾(くま・けんご)氏。そこに、ユニクロやセブンイレブンのブランディング、ハマっ子にはカップヌードルミュージアムの総合プロデューサーとして知られるクリエイター佐藤可士和(さとう・かしわ)氏が加わり、最強タッグが誕生した。

この関連で「団地の未来」プロジェクトが始動。洋光台を最初のモデルケースとし、日本が抱える団地問題、社会問題を解決し未来に生かしていくプロジェクトが現在進行形で動いている。
 


佐藤氏デザインのロゴには「プラスワン」の意味が込められている

 
7年もの歳月をかけ、新しい洋光台中央広場が完成した。その全貌を探るべく、オープニングセレモニーに潜入!
セレモニーの様子とともにリニューアルされた広場の特徴をお伝えしよう。
 
 
 
世界へ注目されるプロジェクトに
 
セレモニーでは、UR都市再生機構中島正弘(なかじま・まさひろ)氏らが挨拶し、設計に携わった隈氏や佐藤氏から、広場の改修内容や団地の活性化が、日本や世界のモデルケースになるという展望が語られた。

隈氏は「7年前にこの広場と団地の部屋の中を見せていただき、懐かしい宝があり上手く磨けばきっと未来につなげられると感じた。これだけ大きなパブリックハウジングにこんなに豊かな広場空間、コミュニティスペースを作れるところは世界にもそうない。日本の再生の足場が団地になるのでは」と熱い気持ちを語った。
 


「団地の未来」プロジェクトのディレクター・アーキテクターでもある隈氏

 
また、団地の未来プロジェクトディレクターの佐藤氏は「以前の洋光台の良い雰囲気を残したまま、隈氏の素晴らしいデザインでより磨けている」と感想を述べ、今後、洋光台北団地集会所の改修などプロジェクトが続くことを説明。「まさに共に創る『共創』の時代でいろんな人の力が必要。洋光台が日本や世界中から注目されるプロジェクトであればと思います」と笑顔で話してくれた。
 


映画『シン・ゴジラ』の洋光台のシーンに住人が参加できるよう尽力した佐藤氏

 
両氏の言葉からこのリニューアルは、単なる老朽化した広場の改修以上の意味を持っていることが分かる。

続いて記念すべきテープカットへ。広場いっぱいに広がって、佐藤氏がデザインした70メートルのテープを街のみなさんとともにカットし喜びをわかちあった。
 


明るい広場を住人の参加者が囲みスタンバイ
 

幅の広いテープは切り甲斐がある
 

参加者みんなでテープカットを楽しんだ

 
 
実際にはどのようにリニューアルされたの?・・・キニナル続きは次のページ≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

港南台駅周辺の団地はどうして鳥の名前?

「なごみ空間 ~ネコもなごむ箱庭~」に、はまれぽが潜入。人に優しく寄り添う“横浜弘明寺の母”がいた!

  • PR

南区の南永田団地は、昔は池だったの?

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

川崎にSFの巨大な未来都市? 白亜の近未来的高層団地「河原町

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

磯子区の団地の近くにかつて「底なし沼」があったって本当?

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

新着記事

ゴールデンウイークは神奈川でキャンプ&ピクニック【編集部厳選】

    • 面白かった1
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2019年04月21日

「京急オープントップバス 横浜」に乗ってみた!

    • 面白かった66
    • 面白くなかった3
    • コメント3
  • 2019年04月20日
大松運輸 未経験の方、大歓迎! 運転手募集中!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
さくらまつり、ダイナソーパークなど、横浜の春におすすめのイベント満載! はまれぽ4月のイベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

アロマに癒される空間で、プロの手によるトータルケア。足裏を整えて、正しく歩くことで美と健康を叶える!

  • PR

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • サバ神社と水の神との関係をもう一度調べてくれませんか?いずみ中央西の滝前不動尊も、対岸の須賀神社も気...

  • 鎌倉 湘南深沢にて4月20日からポップサーカスの公演があるみたいです。サーカスの雰囲気を是非レポート...

  • 杉山神社探訪の続きを楽しみにしています。次回の記事には杉山神社全リストを掲載してほしいです。都内は6...

あなたはどう思う?

10連休のGWはどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング