ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜のお花見スポット2017 〜シーン別桜の名所15選〜 [はまれぽ.com]
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    JR横浜駅中央改札近くのみどりの窓口の前の柱に、JRの折々の話題や商品について描かれた手描きのポスターが貼り出されています。味のあるかわいい絵で、いつも見て楽しませてもらっていますが、あれはやはり職員...

    penkadoさん

    三幸苑の野毛の新店の記事を読んでキニナル事自分が知ってる三幸苑は野毛のほかに港南台と国道15号の神奈川~子安の店がありますが本店との関係は? キニナルそれ以外にも関係があるお店があったら教えてほしい一...

    なかさん

    動画サイトで山田尚史っていうミュージシャンを観たんですが、レンタルショップやレコード店に行っても置いてなくてキニナル( ̄ー ̄)

    となりのまささん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろは花見シーズン。どの場所の桜が好きですか?

三溪園
金沢自然公園
三ツ池公園
こども自然公園
大岡川
三ツ沢公園
根岸森林公園
掃部山公園
その他
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
午後3時退社の「プレミアムフライデー」は本当に定着するの?
2位
横浜DeNAベイスターズと横浜市などが結んだ「I☆YOKOHAMA協定」ってなに?
3位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
4位
横浜市の住民税って高いの?
5位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
6位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
7位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
8位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
9位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
10位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
11位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
12位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
13位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
14位
横浜市職員の給料は高いのか!?
15位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
16位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
17位
横浜北線の開通が決定! 市内最長の道路トンネルの様子をいち早くレポート!
18位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
19位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
20位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
21位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
22位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
23位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
24位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
25位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
26位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
27位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
28位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
29位
あの横浜スカイウォークは廃墟と化すのか!?
30位
返還された上瀬谷通信施設で2026年に「花博」が開催されるって本当?
町のかかりつけ医・関内編
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年3月

横浜のココがキニナル!

よくテレビで大深度地下など深~~~い場所を紹介してるけどみんな都内の話しばかり。横浜にだって地下深くに秘密基地的空間があるのでは?(ポタリちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

鶴見区の「横浜市環境創造局北部第二水再生センター」にありました!
「第二ポンプ施設」は地下約80mにある大深度地下施設でした!

ライター:松宮 史佳 (2011年12月20日)

近頃TVなどで話題の「大深度地下施設」は横浜にもあるのだろうか?
“地下深い所”には間違いなさそうだが、そもそも「大深度」って?

国土交通省のHPによると、「大深度」とは、“地下40mより深い、または建物の支持地盤上面から10mよりも深い、普段利用されない地下的空間”と定義されているようだ。

地下深くにある秘密基地的空間が大好きな松宮は早速ネットで検索。

が、なかなか見つからない。
「もうダメか…」と諦めかけたその時、横浜の「大深度地下施設」情報を入手!

どうやら鶴見区の「横浜市環境創造局北部第二水再生センター(以下、センター)」内に大深度地下施設があるようだ。早速、センターへ問い合わせをすると、取材OK!

鶴見駅からバスに乗車し、15分ほどでセンターへ到着。
 


鶴見駅東口から「ふれーゆ」行きに乗車


「宝の山が眠っている、地下の洞窟に入るような気持ち」でわくわくしながらセンターへと入る。
 


広大な敷地を誇る横浜市環境創造局北部第二水再生センター前 




地下約80mの大深度地下施設へ潜入!

…が、センターはあまりに広く、やはり迷う松宮。事務所を探してウロウロ。
これがもし、本物の探検だったら、早速敵に捕まっているであろう。
 


センターの敷地面積は横浜スタジアム約7個分!これなら迷うのも無理はない?!


なんとか(偶然に)事務局に辿り着き、北部下水道センター長の高橋愼治さんと課長補佐・管理担当係長の前田賢二さんとお会いする。
 


施設を案内してくれた高橋さん(左)と前田さん(右)  


北部第二水再生センターは鶴見川河口東に位置し、昭和59年(1984年)より稼働。

センター内では100人ほどのスタッフが勤務しており、主に鶴見区のJR東海道線東南(東京湾側)の下水処理や浸水対策、水質保全などを行っている。
 


「北部第二水再生センター」事務局前


鶴見区は「あばれ川」としてたびたび氾濫を起こしていた鶴見川があり、もともと低地だったため、大雨が降ると十分な雨水排水ができずに冠水してしまい、深刻な浸水被害に遭っていた。

そこで雨水を処理する施設を作るべく、横浜市が総工費1千億円を投じて平成7年(1995年)に「第二ポンプ施設」と「新羽末広幹線」の着工を開始。

「シールド工法」と呼ばれる鉄の筒で地中を掘る施工法(モグラのような機械で土の中を掘るような感じby高橋さん)で地下深く掘り、第二ポンプ施設は造られていった。そしてついに10年後の2005年(平成17年)10月に完成。

第二ポンプ施設は新羽末広幹線(鶴見区から港北区に存在する貯水路)に溜まった雨水を東京湾に排出することで水害を防いでおり、高橋さんによると「新羽末広幹線を含めた雨水対策が進むにつれて格段に水害が減った」とのこと。
 


左は港北区(上流)、右は鶴見区(下流) 全長約20kmの新羽末広羽幹線


ちなみに新羽末広幹線は未だ全線は完成していないが、ほぼ完成しており少量の水の処理は行っている。今年度末にすべてが完成し、2012年度より本格稼働すると容量は41万㎥になり、1時間に約60mmの滝のような雨が降っても対応できる能力があるそうだ。



マニア受けする?!超クールな近未来的施設「第二ポンプ施設」

施設の説明をしていただき、いよいよ「第二ポンプ施設」に行くことに!
すると、前田さんが「狭い所もあるので」とヘルメットを渡してくれる。

メットにマフラー、黒コートとかなりアヤしい姿の松宮に「これに乗ってください」と高橋さん。
ふと見ると…なんと自転車があるではないか!
 


北部下水処理センター所属の自転車


センター内はとてつもなく広いため、「自転車がないとやっていられない」そうだ。

小学生など一般の見学者は水道処理施設を見学する人が多く、「第二ポンプ施設」はマニアックなため見学する人が少なく、施設を自転車で案内することはめったにない(by高橋さん)」のだとか。

…やはり“よりマニアな方”に魅せられてしまうのは松宮の性分だろう。

三人で自転車に乗り、いざ第二ポンプ施設へ出発!

高橋さん、前田さんに続き自転車で走っていると、なんだかほのぼのした感じ。
 


青空の下、センター内を自転車で移動する


5分ほどで「第二ポンプ施設」に到着!
いよいよ地下80mの大深度地下施設に潜入する時が来た!

「中はどんな風になっているんだろう」とドキドキ。
 


地下8階!!地上2階の「第二ポンプ施設」と3人が乗ってきた自転車



ついに地下施設へ潜入!中の様子はいったいどうなってるの?次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

鶴見区「生麦」の地名の由来って?

横浜市内の最高地点と最低地点ってどこ?