検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
横浜・関内マリナード地下街のストリートピアノに迫る!

ココがキニナル!

関内の地下街に誰でも弾けるストリートピアノが置かれたそうです。どんな人が弾きに来るのか気になります(ハムエッグさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

関内のマリナード地下街に置かれたストリートピアノは多くの音楽好きが集い、演奏を楽しんでいる!演奏可能時間は午前5時から深夜24時まで。関内駅に降り立った時、誰かの生演奏が聴けるかも!?

  • LINE
  • はてな

2019年01月25日

ライター:濱絵美

横浜市営地下鉄ブルーラインの関内駅から直通している、マリナード地下街。関内駅を使う人は、かなりの確率で地下街を歩き、買い物をしていることだろう。
 
そんなマリナード地下街に誰でも弾けるストリートピアノが置かれたという情報が入った!海外で火がついたストリートピアノは現在、日本各地にも広まりを見せ始めている。そのタイミングでこの投稿とは・・・「ついに横浜にもストリートピアノが!」と、喜び勇んで実情を探りに現場へ直行した。
 
 
 
そもそもストリートピアノって?
  
世界各地で増殖中のストリートピアノ。これは誰でも弾くことができる公共のピアノだ!今となっては世界規模の大きなプロジェクトになっている。
 


Street Pianos公式サイトより(出典:http://www.streetpianos.com

 
ストリートピアノはイギリス・バーミンガムから始まった。2008年、街中に突如として現れた「Play me, I’m yours(弾いて!あなたのピアノよ)」と書かれたカラフルな15台のピアノに数多くの演奏者が集まり、聴く人々の笑顔をさそった。当初バーミンガムでは3週間限定の試みだったが、このハッピーな取り組みは世界中からラブコールを受け、ブラジルのサンパウロやオーストラリアのシドニー、アメリカのニューヨークなど、世界中へと広まっていったのだ。
ストリートピアノの分布図を見てみると・・・
 


「Street Pianos」公式サイトより(出典:http://www.streetpianos.com

 
ヨーロッパやアメリカは設置場所が多すぎて、もはや場所さえよくわからないほど、今、世界中でストリートピアノがアツい!
 
ストリートピアノプロジェクトを発案したのは、イギリスを拠点に活動するインスタレーション・アーティストのルーク・ジェラムさん。駅や公共の場は、同じ空間で同じ時間を過ごしているにも関わらず、沈黙しているだけのコミュニティが多いのでは?と感じ、その解決策としてこのプロジェクトを閃いたそう。
 
沈黙の解決策として公共のピアノを置いてしまえ!という発想が、斬新かつおしゃれではないか!
でも我ら日本人は、ちょっとシャイなタイプが多い国民性。見知らぬ人達の前でいきなりピアノを演奏するのはかなり中々ハードルが高そうにも思えるけれど、そこはどうなのだろうか?
とりあえず一度現場を見てみないことには・・・とカメラを片手に現地へ向かった。
 
 
 
ストリートピアノに密着!
 
市営地下鉄ブルーラインの関内駅6番出口は、そのままマリナード地下街に直結している。ストリートピアノを探しつつ地下街を直進していくと、ト音記号と「Share the sound of music」と書かれた階段が!
 


右側は鍵盤になっているデザインがかわいい!

 
まだこの場所では音は聞こえない。でも「この先に絶対ピアノがある!」と予感させる階段なので、登っていくと・・・。
 


あったーーー!!しかも絶賛演奏中!!

 

ピアノが設置された床や壁は赤く装飾され、まるでちょっとしたステージのようだ。しかも一人のピアニストが演奏中の上、その演奏に通行人が足を止めて聴き入っているではないか。日本人はシャイな国民性うんぬん・・・なんていうことは、いらぬ心配だったようだ。
 


ベートーベンから椎名林檎まで幅広く演奏していた、nemuさん

 
まずは演奏者一人目!
実家に帰省する途中に、お母様と一緒に立ち寄った、若き奏者、nemu(ねむ)さん。もともとクラッシックピアノを習っていたが、耳コピでポップスも演奏する。
自分の演奏を多くの人に聞いてもらいたい!との思いでストリートピアノに初チャレンジしたとのこと。
 
 


楽譜がないにも関わらず超絶技巧(ちょうぜつぎこう)が止まらない!

 
施設やホテル、ホールにピアノを置いている場所は珍しくないが、多くが「触れないでください」と無情な注意書きがある。nemuさんは「関内のストリートピアノは実際に弾けるから嬉しい!」と顔をほころばせていた。
 
nemuさんの演奏が終わってから時間を空けることなく、次の演奏者が!反町で居酒屋を経営する福嶋弘子(ふくしま・ひろこ)さんは、関内で済ませてきた用事のついでにストリートピアノデビュー。
 


「LAのストリートピアノでオリジナル曲を弾いてみたい!」と福嶋さん

 
「最近は全然ピアノを弾いていなくて、すごく久しぶりなの。弾けるかわからないわ」と言いながらも、奏で始めた曲は、ショパンの『ワルツ7番』。更に福嶋さんの奏でる素敵な音色は、通行人の足を止めるだけに留まらなかった!
 
一人の男性がピアノを弾きたそうに福嶋さんの演奏を覗き込む。きっと以前、ピアノを習っていたのだろう。福嶋さんが席を譲ると、男性は懐かしそうにピアノに触れた。
 


「その曲、俺も弾けるかも!」と言う男性にバトンタッチ

 
過去に高校の美術教員として働いてきた福嶋さんは、まるで生徒を見守るかのように微笑みながら寄り添う。ここで初めて出会う人同士の、心温まるコミュニケーションこそ、ストリートピアノの醍醐味。音楽って、ピアノって、人間って素敵だなあ!
 


久しぶりに触れるピアノにワクワク

 
ストリートピアノはみんなのピアノ。弾ける、弾けないに関わらず、ピアノを弾いてみたい!という人なら誰でも大歓迎なのだ!
 

お次はネクタイをしたビジネスマン風の「横浜市民の男性さん」。
 

顔出しNGで残念!「横浜市民の男性さん」は選曲で通行人を魅了する

 

関内駅に降り立つことはこれまでほぼなかったけれど、ストリートピアノが設置されてからは下車する機会が増えたそう。そう言って披露してくれた曲は・・・
なんと『ラジオ体操第1』!
すると・・・曲に合わせて体操を始める人が続出。体を動かさないまでも「あ!ラジオ体操の曲だ!」と言いつつ、顔をほころばせる。ピアノの力が、こんなにも人の感情を動かすって、本当にすごい。
ちなみに彼は『ラジオ体操第2』までしっかりと演奏をしてくれた後、京浜東北線の発車メロディメドレーを華麗に披露していた。
 
そして関内のストリートピアノ名物と言える存在が、佐藤靖子(さとう・やすこ)さん。
難易度が高いことで知られるリストの『愛の夢』を、なんとも情景豊かに弾き上げる。
 


佐藤さんが演奏するリストの『愛の夢』は、一番の盛り上がりを見せていた

 


多くのオーディエンスが足を止めて、演奏に聞き入る

 
ご近所にお住まいの佐藤さんは、週1回程度ストリートピアノを弾きにくる常連さん。大勢の人に見てもらえる緊張感が、練習の仕上げにはちょうど良いそうだ。
 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング