検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

横浜市章の由来について知りたいです。カナカナの「ハマ」になっていると言うのは解るのですが、その他に意味・由来があったりしないかとキニナります。(jbさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜の「き章」は、1909(明治42)年に開港50周年の記念行事として当時の横浜市役所文書課長、有賀初吉氏が創案した。

  • LINE
  • はてな

2012年01月01日

ライター:松崎 辰彦

横浜の象徴、通称ハママーク。
その認知度は、横浜市民にとってほぼ100%に近いのではないだろうか。
 


実際に、横浜市内でヒアリングしてみたところ、「知っている」「見たことある」という声が大半であった。

 

「横浜のマーク。小学校で見た」
 

「知ってますよ。中学校で見たかな」


学校や役所でもよく目にするし、マンホールにもある。

 

当然、役所の掲示板にもハママーク
 


マンホール中央にだってある


正式名称は横浜市「き章」。妙な表記だが、漢字で書けば「徽章」となり、常用漢字にない文字を使うことになってしまうので、こんな書き方になるのだという。
ちなみによく使われる「市章」は、公式の言い方ではない。

よく見ればたしかに「ハ・マ」の二文字が入っている。書きやすく、覚えやすい。
このマークには、どんな由来があるのだろう。



ハママークは開港50周年の記念事業で制定された

このマークが横浜市の「き章」になったのは
1909(明治42)年のことである。

当時「開港50周年」に沸いていた横浜は、記念行事の一環として「き章」の一般公募をおこなった。そして当選したのが、一般市民に混じって応募した横浜市役所文書課長だった有賀初吉氏の作品である。併せて横浜市歌も制定された。

この「き章」は
、1909(明治42)年6月5日に出された「告示第44号」で正式に制定されている。


本市徽章
明治42年6月5日
告示第44号

本市徽章ヲ次ノ通リ相定ム
地質 白
徽章 赤
 


寸法割合
高サハ横ノ100分ノ70
線幅ハ横ノ100分ノ8
線隙ハ線幅ノ4分ノ1

全体のデザインに関しては、ご覧の通り数字を出して厳密に決めてもいる。

しかし、実際上つねに「白地に赤」というわけにもいかず、色彩に関しては融通をきかせて運用している。事実、市職員のバッジの「き章」は青である。




 

はまれぽ編集部のイチオシ

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

圧巻3500種のメガネを展開する「メガネの~~アイガン!」横浜本店を徹底取材

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「工房スミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング