ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

    2018年4月21日、1900年生まれの鹿児島県喜界島の田島ナビさん(117)が亡くなり、1901年(20世紀初年)生まれの横浜市西区在住・都千代さん(116)が国内最高齢(おそらく世界最高齢)となり...

    幸人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市章の由来について知りたいです。カナカナの「ハマ」になっていると言うのは解るのですが、その他に意味・由来があったりしないかとキニナります。(jbさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜の「き章」は、1909(明治42)年に開港50周年の記念行事として当時の横浜市役所文書課長、有賀初吉氏が創案した。

ライター:松崎 辰彦 (2012年01月01日)

ハママークは開港50周年の記念事業で制定された (続き)

このように横浜市民とともに歩んできたハママーク。今日に至るまでとくに手が加えられることもなく、その道のりは淡々としたものであったようだ。

「変化せず、長い年月使い続けられてきたことに、一定の意義があるのかなと思います」
そう語るのは横浜市総務局課長補佐総務部総務課庶務係長の工藤哲史氏。

「ハママークに関してはとりたててエピソードといったものはありません。今まで使い続けてきたこと、これからも使い続けることで、市のブランドイメージとなり、安心感を持っていただけるのかなと思います」

 

ハママークを持つ工藤氏
 

バッジも当然ハママークである


ハママークに特に悪い評判はなく、これからも変える予定はないとのこと。悪用を除けば規制したり制限したりしないので、これからも市民の皆さんに幅広く使っていただきたいと、ハママークが市民とともにあることを強調する。

そんなハママークだが、最近「未来の横浜を表すロゴマーク」が誕生し、“ライバル関係”が注目されている。



ハママークのライバル?──“OPEN YOKOHAMA”ロゴマーク

2009(平成21)年、開港150周年という年に、横浜に新しいロゴマークが誕生した。

風車のように配置された三つの四角形に「OPEN YOKOHAMA」という文字が付されている。このデザインは横浜に吹く自由で開放的な風をイメージし、YOKOHAMAのYを表してもいるという。
 


OPEN YOKOHAMAのロゴマーク


青く落ち着いた色合いのこのロゴマークは“横浜の未来像のシンボル”として今や横浜市職員の名刺にも添えられるなど、市側も浸透に力を入れている。

当然、ハママークとの棲み分けが注目されるが、横浜市発行の資料によるとハママークが「横浜市き章」であるのに対して新ロゴマークは「横浜のブランド価値を端的に表現するマーク」であるとのこと。

ハママークは「横浜市に属することを示す」ことを目的として、想定使用者を「横浜市」、用途例を「職員き章」「住民票など市の発行する証明書」「公的行事の際のき章旗掲揚」などとしている。

一方、新ログマークは「市民の横浜への誇りや愛着を高める」「横浜市の対外的なPRへの活用」を目的としている。新ロゴマークの想定使用者は「横浜市、横浜市民、市内事業者など」であり、用途例を「市民が都市ブランドの描く未来像を共有するためのシンボル」「横浜のPRの際のアイキャッチ的な使用」「ロゴマークを活用したグッズ作成など」となっている。

たしかにハママークは四角く塀を巡らせて、内部空間を守っているような印象もあるが、新ロゴマークは開放的で、外部からの風を歓迎しているかにも見える。

保守と革新──これからの横浜は二つのマークで象徴されるような車の両輪で前進するのであろうか。 時代が変わろうとも、シンプルでわかりやすいハママークは、これからも横浜市民とともに歩み続けることだろう。



取材を終えて

普段、自分の住んでいる市の「き章」などほとんど意識することはないが、あらためて考えるとたしかに一体どういう由来なんだろうと、気にならぬこともない。


横浜の「き章」はたしかにシンプル。
抽象的で、「ハ・マ」の二文字が入っているなんて言われて初めて気づく人もいるだろう。

調べてみると、全国の市町村には実にさまざまな「き章」がある。
自分の住む町の「き章」の由来を調べるのも、深い歴史の勉強になるだろう。


―終わり―
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 272 面白くなかった 15

おすすめ記事


チヤカ坊さん2015年03月23日 10時34分
横浜市のマークは小学校のころ清掃局の大八車に乗せた大きな籠についていたので、友達と「ゴミ屋のマーク」と言っていた。
そう思う 2 そう思わなかった 9
mirrorさん2015年03月03日 19時40分
一目で「ハマ」の文字をバランス良く図案化した物と判る横浜市の徽章。それが標準では赤で描かれ、シンプルにして目立つ。明治の時代から、横浜と共にあり続けた横浜のシンボル。上辺だけ格好をつけようとした新ロゴなんていらない!歴史があって市民にも馴染み深い、一目で横浜のシンボルと判る横浜市の徽章を、何故堂々と掲げないのか?それは、行政が横浜の歴史や市民を蔑ろにして格好をつけたいだけなのでは無いか?大体、基本は赤なのに、職員のバッチが青ってのはどう言う事だ?バッチや、色付けが可能な場所では、赤を使うのが常識じゃ無いのか!
そう思う 3 そう思わなかった 18
せいちゃんさん2014年11月04日 13時10分
戦後あたりか、横浜市の職員が関西に出張に行ったときに、山口組のマークと間違えられてビビられたという、ウソかホントかわからないエピソードも流布してますね。ホントだったらおもしろいなぁ。
そう思う 21 そう思わなかった 1