検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

今マンガやドラマで深夜食堂というのがやっていますが、野毛にはまさにリアル深夜食堂と言われるようなお店が結構あるそうです。しらべてきてくれませんか?(Ichiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

野毛には深夜3時に開く「阿武茶゛」というお店があった!<br />客の大半が野毛界隈のお店の従業員で、深夜の憩いの場になっていた!

  • LINE
  • はてな

2012年01月20日

ライター:ワカバヤシヒロアキ

深夜食堂とは?

『深夜食堂』と言えば、安倍夜郎氏が描く漫画のこと。2006年に『ビッグコミックオリジナル増刊』に登場し、以降テレビドラマ化されるなど、世間に広く知られる作品となっている。そのタイトル通り、物語の舞台は深夜0時に開店する不思議な食堂。そのマスターと訪れるお客との人間模様を描いている。
 


ドラマ『深夜食堂』の公式サイト


深夜に開店する食堂。
いかにもフィクションの設定と思えるが、なんと横浜の野毛に同様のお店が存在するという。

しかしインターネットで調べてみるが、なかなか見つからない・・・。とその時、公式ではないものの「阿武茶」という名前の食堂を1件だけ発見することができた。そこは深夜の2時過ぎに開店し、朝まで営業する独特の営業形態を持っているそうだ。

それがもし本当ならば、まさに深夜食堂と言うべきお店に違いない。
さっそく、その真相を確かめるべく深夜の野毛に向かうことにした。



深夜の野毛に行く

野毛に到着したのは火曜日の深夜2時頃。
平日の深夜ということもあり、歩いている人も少なく町はひっそりとしている。

事前に調べたところによると、「阿武茶」があるのは中区宮川町。日ノ出町駅からは徒歩4分ほどの場所だ。いったいどんなお店なのだろうか、高まる期待を胸に足を運んでみると。


ここなのか?!


到着したのは角地にあるビル。事前に調べていた住所では、ここに間違いないのだが、それらしいお店は見当たらない。せめてお店の看板でもあれば確認もできるのだが、ただシャッターが閉まっているだけなので、確証が全く持てない。

時刻は深夜2時を回っている。本当に店はこの場所にあるのだろうか。
しばらく野毛の町を回って、時間をつぶしてみることにした。
 


深夜2時半頃の野毛


ひっそりしているとは言え、さすが飲食街の宝庫。
ちらほらと開いているお店も見かければ、お店から出てタクシーを捕まえる人の姿もある。
 


朝まで営業する東京庵というお店があった


歩いていると、日中にオープンし、夜遅くまで営業しているお店は幾つか確認できる。
お蕎麦の「東京庵」や「中華食堂 濱龍」などがそれだ。

ただ、今回探しているのはあくまで深夜にオープンするお店。
やはり、情報にある「阿武茶」以外に、そんなお店はなかなか見つからない。

その後、先ほどのビルを何度か確認するが、店が開く気配は感じられなかった。



店が開いた!

諦めて帰りかけたその時、最後の確認と思って再びビルの前に来ると、閉まっていたはずのシャッターが開いている。
 


白いのれんが掛かっていた


この時、時刻は3時5分。なんと、本当に夜中にオープンするお店が存在したのだ。
しかものれんをよく見ると、お店の名前は「阿武茶」ではなく、「阿武茶゛」。茶に濁点がついている。

開いたばかりで、まだお客さんは誰もいない。早速入店してみることに。



いよいよ入店!はたして中の様子は?そしてどんな料理がでてくるのか!?次のページ≫
 

おすすめ記事

野毛のくじら横丁にある、くじらを使った料理ってどんなの?

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

野毛山カレーってどんなカレー?

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

横浜で美味しい「モーニング」が食べられる「昔ながらの喫茶店」はどこ?

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「根岸・磯子」編

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

新着記事

サラリーマンの憩いの場。創業42年、山下町の昭和喫茶「バンビ」でナポリタンはいかが?

    • 面白かった262
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2018年06月25日

イセザキ・モールの違法駐輪対策の現状は? 設置された駐輪場の効果とは

    • 面白かった11
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年06月26日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

町の記憶を今に伝える心地良い空間に今宵も常連客が集う。南区にあるにぎわいの名店「仙や」

  • PR

肉の聖地から直送される高級和牛を富士山の溶岩石グリルで提供「和牛&Seafood Micio」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

終電を逃しても安心! 温泉、サウナ、宿泊、朝食がついて3080円の湘南平塚「太古の湯」で極楽を

  • PR

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 今度はとうとう横浜市立大学附属病院でもCT検査結果がムダになる医療事故が発表。以前はキチンと報道され...

  • 横浜港のライバルであり盟友である(?)神戸港からは、九州へ3航路の長距離カーフェリーが毎日運行されて...

  • 天王町駅の仮設(?)トイレのある場所にかつて本屋がありまして、「そうてつブック」って名前だったような...

あなたはどう思う?

トップページをリニューアルしたPCサイトの感想は?

最近のコメント