検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

今マンガやドラマで深夜食堂というのがやっていますが、野毛にはまさにリアル深夜食堂と言われるようなお店が結構あるそうです。しらべてきてくれませんか?(Ichiさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

野毛には深夜3時に開く「阿武茶゛」というお店があった!<br />客の大半が野毛界隈のお店の従業員で、深夜の憩いの場になっていた!

  • LINE
  • はてな

2012年01月20日

ライター:ワカバヤシヒロアキ

店が開いた! (続き)
 


席はカウンターがメインだった


カウンターがあり、奥には4人ほど座れる座敷がある。恐らく16人も入れば満席になるようなお店だ。
50代の職人風の男性と、さらに高齢の女性が切り盛りしている。
 


カウンターからは新鮮な魚が見えた


正面のカウンターに座り、男性の店員にオススメの料理を尋ねてみると、「こっちが美味しいと思っても、口に合うかどうかは分からないからね」とのこと。確かに正論だが、そう言われると戸惑ってしまう。
 


壁にはメニューもあるが魚に関するものはない


壁にかかったメニューを見て悩んでいると、女性の店員が「初めて来た?刺身の盛り合わせにする?」と言ってくれた。助け舟とばかりに二つ返事をすると、「じゃあ、後はご飯とお味噌汁かな?」と勧めてくれるのでそれに従うことにした。
 


店内の時計はすっかり3時を回っている


その後すぐに2人連れのお客さんが入って来たが店が空いていたからか、すぐに料理が出て来た。
 


刺身の盛り合わせとご飯と味噌汁(1400円)


ビールや焼酎などのお酒も取り揃ってるお店だが、「寒かったでしょう」と、温かいお茶を出してくれた。
 


新鮮なお刺身


盛り合わせの中身は、タコ、エビ、マグロ、鯛。食べてみるとどれも新鮮で非常に美味しい。
温かい味噌汁とホクホクのご飯も、シンプルながら新鮮な刺身を引き立てるには十分な料理である。



店の名前はなんと?!

深夜に開く、なんとも不思議なお店。店主に聞きたいことは山ほどある。
 


阿武茶゛の女将さん


女将さんは、男性の店員さんのお母様。ご主人が亡くなられた後は、母と子で経営しているそうだ。
ちなみに女将さんは70歳を超えており、息子さんは50代半ばだという。

ここ最近の、営業時間は午前3時から午前8時まで。
ただ常連のお客さんは午前10時頃までいる事が多く、実際に店を閉めるのはそれ以降になるそうだ。

そんな不規則な生活で大丈夫かと心配したが、女将さんは午後8時に寝て午前1時に起きる毎日。ご自身は「早寝早起きでしょ」と明るく答える。夜遅いのではなく、朝がすごく早いのだと考えると健康的な生活だ。

お客さんのほとんどは、野毛界隈の飲食店の方々。
自分の店が終わると、阿武茶゛に寄ってお酒を飲んだりご飯を食べて帰るのだそうだ。
 


だんだんお客さんも増えてきた


午前4時を回るとお客さんも増え、カウンターはほぼ満席状態。隣にいた飲食店経営の女性に店の魅力を聞けば「アットホームなこと。魚が美味しいこと、癒されるので毎日来ますよ」と話してくれた。

その後、「お久しぶりです!3年ぶりに来ました!」と訪ねてくる男性も現れて店内は賑やかに。
すっかり深夜の憩いの場となっている。
 


他のお客さんが食べていた肉玉丼(600円)


また、「阿武茶゛(あぶぢゃ)」という店の名前は、実は女将さんの娘のあだ名ということも判明。

娘さんは小さい頃からはしゃぎ回る子だったようで、回りの大人が「危ない!危ない!」と注意する声を聞き、自分のことを「あぶぢゃ」と呼ぶようになったそうだ。

そのあだ名を、店の名前につけたのだと女将さんは話してくれた。

最後に、なぜ深夜に店を開くのか聞いてみたが、「創業以来58年もやってきているから、特に理由って言ってもねえ…」と、特別な理由は無い様子。ある意味、今もこうして賑わう常連客の需要によって形成されたた深夜営業なのかもしれない。



さいごに

漫画や映画の世界同様、深夜になってからオープンする深夜食堂は実在した。

ただ投稿者の質問によれば「野毛には結構ある」とのことだ。
もし他に深夜から営業するお店があれば是非編集部までご一報いただきたい。


―終わり―


◆阿武茶゛(あぶぢゃ)
住所 神奈川県横浜市中区宮川町2-15

電話番号 045-242-9727
定休日 基本的に日曜日が定休日
おおよその営業時間 3:00-8:00
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 時間的になかなか伺えませんが、本当に大好きです♪トンテキも美味しいですよ‼焼きたての鮭で作ってくれるおにぎりも最高

  • おばちゃんが握るおにぎりが絶品なので、次回は是非!

  • 早朝営業ですね!

もっと見る

おすすめ記事

野毛のくじら横丁にある、くじらを使った料理ってどんなの?

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

野毛山カレーってどんなカレー?

店の縁、人の縁。関内駅前にある、行けば何かが待っている愛嬌酒場「えにし」

  • PR

こんなところに! 2016年横浜の穴場ビアガーデンはどこ?

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

  • PR

横浜のおでんに使われている「ハナコンニャク」って、どんな食べ物?

音楽とハンバーガーとトロピカル・カクテルがあれば、3秒で西海岸やハワイに行ける「STOVE’S」

  • PR

新着記事

地域に愛され40周年。大船住研上永谷店がリニューアルオープン

    • PR
  • 2018年10月22日

【編集部厳選】家系、二郎系だけじゃない! 今食べてほしいのは神奈川淡麗系!

    • 面白かった39
    • 面白くなかった20
    • コメント1
  • 2018年10月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

国内&ハワイを中心におふたりに寄り添ったウエディングをご提案「LIKELIKE WEDDING」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 2018年9月24日(月)に放送された『帰れマンデー見っけ隊!!』は東京都の日の出町方面へ走る西東京...

  • 以前、大倉山にあった横浜発祥の「ジュー」という料理。15年ほど前に厚木で復活しましたが、横浜発祥とい...

  • 今年もベイスターズファン感謝祭もお願いしますね。カガさんいらっしゃりまっしゃろか

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント