ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京王電鉄の相模原線が「10円または20円値下げすると」車内に広告が出ています。なぜ神奈川県に駅が有る相模原線だけ値下げなのでしょうか?

    狐猫さん

    テレビ東京のドラマユニバーサル広告社の舞台は三崎港ですよね?シャッター商店街を誇大してて寂しいっ!と思いますが、今後の町興し的な展開も気になります!ぜひ撮影秘話など取材をお願いします。

    Acoさん

    何人か投稿してますが六角家が閉店っぽい。

    山下公園のカモメさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月24日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
8位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
9位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
10位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
14位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
15位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
16位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
17位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
18位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
19位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
20位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
23位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
24位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
25位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

昔横浜には路面電車が走っていましたが、どこを走っていたのでしょうか?また走っていた路線は今現在どんな感じなのでしょうか?そしてその名残はあるのでしょうか?(TAKEさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

北は生麦、南は杉田まで、最盛期の総延長は51.79km。路線は主要道路となり痕跡は見られないが、麦田トンネルに当時の名残が残る

ライター:ワカバヤシヒロアキ (2012年04月10日)

1904(明治37)年に路面電車が開業

横浜に初めて路面電車が走ったのは、1904(明治37)年7月15日。

当時の走行区間は、神奈川停車場前(現:青木橋周辺)から大江橋(現:桜木町)という延長2.6kmで、電車を一目見ようと、開業時には大勢の人が押し寄せ大混乱だったという。
 


当時の神奈川停車場(横浜市電保存館の展示パネルより)


この当時、路面電車を運営していたのは横浜電気鉄道株式会社。

開業当初の運賃は一律4銭。
『続・値段の明治大正昭和 風俗史(朝日新聞社)』によると、当時の1銭は現在の200円なので、運賃は800円という割高な値段であった。なお余談だが、当時のうどんやそばは2銭、カレーライスは5~7銭だったという。

その後運行を重ねるうちに、夕方には料金を割り引いたり、回数券の発行で1回あたりの運賃を安くするなどのサービスに努めていたそうだ。
 


開業当初の切符(横浜市電保存館の展示パネルより)


しかし、大正期に入り、横浜電気鉄道㈱は経営の悪化から料金の値上げを申請する。それに市民の反対運動が勃発し、1921(大正10)年4月1日に横浜市が路面電車を買収することで決着した。

いわゆる横浜の市電としての路面電車が誕生したのはこの時である。



震災と空襲

その後、1923(大正12)年9月に起こった関東大震災によって、市電も大打撃を受けることとなる。

市営となってからわずかの間に、路線、車両増を行なってきたが、震災により127両中75両が焼け、全路線が被害を受けた。当時の様子は「まるでアメのように曲がった路線」などと被害の大きさが記されている。
 


関東大震災直後の馬車道付近(横浜市電保存館の展示パネルより)


「市民の不安解消は市電の復興からだ」という合言葉のもと、市電の復興活動が行なわれ、一ヶ月後に路面電車は再開。

しかし、安堵できたのも束の間。太平洋戦争の突入により、昭和17年には横浜で初の空襲が起こる。
終戦までに25回もの空襲を受け、市の42%が焼け、多くの死傷者が出た。市電も当時の在籍車両202両のうち45両を失った。



復興から最盛期へ

関東大震災に続き2度の大復興が為され、1947(昭和22)年にはほとんどの市電路線が復旧した。

さらに1954(昭和29)年には市電拡充計画が実施され、1956(昭和31)年に通町一丁目から保土ケ谷橋間の「井土ケ谷線」が開通。これによって営業キロは生麦から杉田まで51.79kmと過去最長になり、横浜市電の最盛期を迎えることとなる。
 


最盛期の市電系統図(横浜市電保存館の展示パネルより)


この頃、横浜市電の輸送人員は1日平均30万人。路面電車は、市民の足としてすっかり定着していた。
 


最盛期の市電路線網


しかし、その後日本は自動車交通の時代へと移り変わり、道路は自動車で溢れ、それとともに路面電車の利用者が減少。市電の経営は赤字が続き、1966(昭和41)年には「交通財政再建計画」が策定された。

計画により、路線は年々廃止されることとなり、ついに1972(昭和47)年3月31日、横浜の路面電車は最後の運行を迎える。
 


お別れ式に足を運ぶ人々(横浜市電保存館の展示パネルより)


震災や空襲など横浜の危機を何度も乗り越え、経済成長とともに発展してきた横浜の路面電車。毎日のように乗っていた市民にとっては、多大なる思い入れがあったのだろう。

多くの人々に愛されながら、路面電車の歴史は幕を閉じた。



市電の跡はいまでも横浜市内に存在している?!次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事