検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜にある変な名前や看板のそば屋って?

ココがキニナル!

鶴見駅前のおそば屋さんの名前はなぜうぃーんなのですか/東神奈川駅と仲木戸駅の間にある「そばに名酒あり」という看板のお蕎麦屋さんがキニナル(ゆうゆうさん/kongさん)

はまれぽ調査結果!

2軒のそば屋、鶴見「うぃーん」の由来はオーストリアの首都ウィーンから、東神奈川「一休」は名酒を安価でそろえるこだわりから看板をつけた

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

『そばやに名酒あり』東神奈川駅前「一休」



JR東神奈川駅前にあるそば屋「一休」。まずは外観から。
 


歴史を感じる外観
 

入口には・・・
 

こだわり感じる酒のふれこみ


焼酎好きにはわかる安価での設定。おそらく都心部の店の半値ほどのうれしい価格設定。店に入り、お酒とそばをいただくことに。
まずは店主おすすめの酒、純米きもと生原酒「松の司( 680円)」に、野菜の炊き合わせ(450円)を注文。
 


さっそくいただくことに


“キリっ”とした口当たりの「松の司」。品のある香りが口の中に広がる。肴の野菜の炊き合わせは、
薄味で甘みのある味付け。こちらも品が良く、しっかり煮られた野菜を口にするとさらに酒がすすむ。
ほどよく酔いもまわり、メニューにある「そば味噌(200円)」がキニナり追加注文。店内を見回すと、いたるところに酒のふれこみや名酒が並ぶ。
 


「そば味噌」は、そばの実を甘辛い味噌で和えた一品
 

天井には名酒のラベルが
 

名酒の数々。手書きのふれこみに目が行く


酒に対する強いこだわりが感じられる。そのこだわりの主である店主の不動田文夫(ふどうだふみお)
さんに話を伺った。
 


「そば屋は社交場なんですよ」との言葉から不動田さんの話ははじまった


ここ「一休」は創業48年。ご自身も「酒が好きだ」という不動田さんは、創業以来、通好みのいい酒を置き、酒の伝道師として酒を楽しんでもらえる店として営業しはじめたとのこと。
 


店内にはまだまだ名酒の在庫が並ぶ


店に置く酒はすべて不動田さんが選ぶ。選ぶ基準は、利酒(ききざけ)品評会に参加した時の味。最近は主に、長野県の「明鏡止水」という不動田さんが一番好きという酒を基準にし、これより辛いか甘いか、クセがあるかないかどうかで決めているという。これによってどのそば屋にもない名酒の品ぞろえができるという。

でも・・・
 


とのこと


いかにも「酒にこだわるそば屋」のふれこみなので・・・
 


シメにざるそば(600円)を注文

 
なめらかでコシのあるそば。つゆはやや甘めだが、そばとつゆの相性は酒と料理同様、とても品のある味わい。そっけないのではなく、繊細で上品。

一休に訪れるお客さんは、地元の方はほとんどいない、とのこと。違う街や他府県から訪れる常連さんがほとんどだという。一度こだわりの酒と料理を安価で楽しめる「一休」を知ると、遠くからでもまた通いたくなるというのも理解できる。
 


取材の最後に不動田さんから一言いただいた

 
「そばと酒を気軽に純粋に楽しんでもらい、めずらしい酒が安く飲める、というだけではなく、じっくり酒と料理の味を楽しんでほしい」とのこと。

酒にこだわりつつ、そば屋としての強いこだわりも感じた「一休」。ごちそうさまでした。
 


取材を終えて



同じそば屋でまったく違うテイストのキニナルだった2軒のお店。ともに風変わりな看板から発生したキニナルであったが、双方、駅前に構える古い歴史がある店で、街の変化に流されずに続いている貴重な存在であるということも実感した、そんな取材であった。
 

―終わり―
 

うぃーん
住所/横浜市鶴見区鶴見中央1-3-18
電話番号/045-501-2228
営業時間/7:00~22:30
定休日/なし

一休
住所/横浜市神奈川区東神奈川1-6
電話番号/045-441-7410
営業時間/11:30~14:30/17:00~21:30
定休日/不定休
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 一休の入っていたビル(マンションか?)は現在、解体中です。新築後も営業再開して貰いたいですな。

  • 店主の二人の名前が凄いな。

  • あのお店が一休という名前だと初めて知りました。入りたいなと思ってもなかなか敷居が高くためらってましたが、記事を読んで、行きたい!と言う気持ちとさらにハードルが上がった感があり……。だって、ついつい飲み過ぎる私は酔っ払ってご主人に叱られそうだから(苦笑)

もっと見る

おすすめ記事

戸部の居酒屋「二度と来るよ!」は本当に二度と来たくなるのか?

餃子、チャーハン、麻婆豆腐・・・横浜駅チカで安くて美味しい本格中華が食べたい人は集合

  • PR

神奈川区にある看板が真逆な「ボンメイト」、その理由とは?

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

港北区「菊名神社」の境内にキッチンカー! 宮司さんが作る“がまんさまうどん”って?

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

和菓子屋なのにマドレーヌの香りがする金沢文庫にある「菊月」の「タオルおやじ」の正体は?

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

こんな記事も読まれてます

GAKUSHOKU-1 グランプリ~学食No1決定戦

横浜の古き良きバーを調査して欲しい!

5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!

分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!

バッチャンの名にかけて! 「駄菓子屋のひ孫ライター」細野が保土ケ谷のほのぼの駄菓子屋を訪ねる!

築80年以上、知る人ぞ知る横浜の古民家カフェに突撃!

はまさぽ1号、待望の再登場。噂のアイドルがパン屋さんに突撃!

港北区「菊名神社」の境内にキッチンカー! 宮司さんが作る“がまんさまうどん”って?

新着記事