検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

関内発マスコットキャラクター、コンドームケースに住む妖精「コムちゃん」って何?

ココがキニナル!

横浜AIDS市民活動センターの活動内容と、同センターのマスコットでコンドームケースに住むという妖精の「コムちゃん」が激しくキニナル!(濱男児さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜AIDS市民活動センターはエイズ予防などの啓発活動を行う施設。コムちゃんには「エイズをまっすぐ見つめていこう」という思いがこめられていた

  • LINE
  • はてな

ライター:三浜 詩央

ついにコムちゃんとご対面!

活動を行うなかで重要となってくるのは、「エイズについて」知ってもらうこと。それだけではなく同センターの存在と活動内容を認知してもらうことも重要。そこで生まれたのがマスコットキャラクターの「コムちゃん」だ。

「コンドームケースに住む妖精」とはいったい何者なのだろうか。まずは登場してもらおう!
 


・・・ドアに突っかかってなかなか出てこられない様子

 


スポッ! ・・・出てきた!

 


コムちゃんです!!!


こちらがコンドームケースに住む妖精、「コムちゃん」。デザイナー宮川鎮旺氏の手によって誕生し、生まれは2000(平成12)年。お誕生日は“世界エイズデー”である12月1日で、性別は妖精のため決まっていない。名前は公募され、29点の応募があったという。
 


こちらが横浜AIDS市民活動センターオリジナルのコンドームケース


思わず「penってなんですか?」と聞いてしまった筆者であるが、これは遊び心の効いたロゴで「Open」と書いてあるそう。「財布に入れておくといい」という根も葉もない迷信でお財布に忍ばせている人もいるかもしれないが、包装紙に入っているとはいえコンドームは繊細なもの。持ち歩く際はこうしたコンドームケースに入れておくのが良いのだという。
 


隣へ行くと手をぎゅっ、と握ってくれた・・・!


頭についているものは一見コンドームの先端の形状に似せたように見えるが、そうではなくアンテナ。ハートの形で、「みんなを優しく包みたい」という想いが込められている。ひまわりを左手に持っているのは、いつも太陽の方を向いているひまわりのように、エイズをまっすぐ見つめていこう、というメッセージ。
 


みうらじゅん著「ゆるキャラ大図鑑」(扶桑社)にも・・・

 


コムちゃんの姿が!


 「ゆるキャラ」としてだけではなく、毎年「世界エイズデー街頭キャンペーン」と「AIDS文化フォーラムin横浜」には必ず参加しているというコムちゃん。また、クラブイベントにも参加し、ダンスを披露したこともあるのだとか。

ハート型のアンテナがときどき小さな子にうさぎと間違われてしまうそうだが、そんなコムちゃんが、街頭キャンペーンなどで「あ! コムちゃんだ!」と言ってもらえるような社会になるといいな、とコムちゃんの温もりを感じながら願った。



取材を終えて

エイズや性についての話は、ただ伝えていけばいい、広めていけばいいというわけではない、非常にデリケートな問題だ。それだけに伝える相手の年齢によって、アプローチや問題提起の仕方を変えながら共感して考えていくことが大切である。そうして同センターによって蒔かれたたくさんの種は、ゆっくりながらも確実に実を結んでゆくだろう。筆者も青少年の一人として、背筋の伸びる取材であった。
 


最後に嬉しい読者プレゼント!


現在は好評につき配布を行っていないコンドームケースと、同センターを訪れるともらえるコンドームを今回特別にプレゼント!

ふたを開ければきっとコムちゃんに会えるので、みなさんどしどしご応募を!
 


読者プレゼント授与式の様子

 


三浜もコムちゃんになってみたが、重心を取るのが難しかった!

 

―終わり―
 


コンドームケース&コンドームプレゼント

ご希望の方は、お問い合わせフォームより、以下の情報を明記のうえ、ご応募ください。
お名前:
ご住所

連絡先(電話番号)

※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。予めご了承ください。
※応募締切/2013年8月16日(金)12時まで
※こちらのプレゼントキャンペーンは現在終了しています。

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • コムちゃん顔でかっ!wwww

  • コムちゃんの頭を装着してても、前は見えるのでしょうか?すこしキニナリました。

  • ちょwwwww中の人などいないハズwwwww

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内で活動している「神奈川子宮頸がん予防プロジェクト」と

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

“夜のひとときに彩りを添える”大人の雑貨店に突撃!

相続を“争続”としないために「民事信託」ができること。横浜・二俣川の田近淳司法書士事務所に聞いてきた

  • PR

2016年2月を予定していた港南区役所の移転が1年延期! 詳細は?

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

横浜市内で迷子になった!地図なしで横浜駅にたどり着けるか?Vol.2

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜市と鎌倉市の境に飛び地ができたわけとは?【前編】

野毛山公園にある「野毛山配水池」が閉鎖されている理由とは?

日ノ出町駅周辺に「質屋」が集中しているのはなぜ?

歩くだけで3000円の商品券ゲット? 横浜市が11月から開始する「ウォーキングポイント事業」とは?

【年末特集2014】発表! 2014年はまれぽ10大・重大ニュース!(事件・事故編)

「2016年1月31日までの営業」といわれていた横浜駅西口ビブレ前のおでん屋台は本当に姿を消すのか?

成人式当日に「晴れ着がない!」問題の業者を直撃

2016年2月を予定していた港南区役所の移転が1年延期! 詳細は?

新着記事