検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

おでんを誰も頼んでいない!? 「大船おでんセンター」ってどんなところ?

ココがキニナル!

大船駅近くの「大船おでんセンター」が気になります。すごく入りにくい雰囲気の上、噂によると誰もおでんを頼んでいないとか・・・。(ときさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

家族経営の「大船おでんセンター」。昼の定食はおでん付きんで頼む人がほとんどおらず夜はおでんが一番人気。マスターの青春と美味しい手料理が秀逸

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

青春の味おでんと大船名物激安のうまいランチ



料理の到着をしばし待つ間、ランチをしているお客さんに話を伺った。
 


JR大船駅近くにお勤めでランチ常連の女性お三方


週に2、3度はランチで“おでセン”に訪れるという鎌倉市在住のお三方。安くて美味しいうえに、ここの店の雰囲気がとても気に入っているとのこと。みなさんおでんではなく、定食をオーダー。「ここのしょうが焼きが本当に美味しくて、いつも店に来るとメニューを見ずにしょうが焼き定食を頼んでいます」というお話も伺った。

おでんは頼まないのですか? と聞くと「定食におでんがついているので」との回答。これが「おでんを頼む人がいない」理由なのかもしれない。
 


ランチメニュー(おでん定食・おでんうどん以外)にはすべておでんが付く


まずは金坂さん青春の味、「大船おでんセンター」のおでんから。
 


カツオとコンブの出汁が優しく香る(8品盛り合せ/700円)


青春時代に味わった味を金坂さんが試行錯誤の上に再現、そしてアレンジした「大船おでんセンター」のおでん。塩分と出汁のバランスが絶妙な一品。透き通った出汁は一口すすると深く癒される味。朝の仕込みは4時間、夕方の仕込みは2時間かけている。

ランチの定食ではこのおでん(たまごか大根)or冷奴orしらすおろしにごはん・味噌汁・お新香がついて500円。安い。そして美味い。

続いて人気メニュー上位3位の定食を。
 


人気メニューはこちら
 

常連さんにもファンが多いしょうが焼き定食(500円)
 

しっかりとタレに漬け込まれた大ぶりなからあげ定食(500円)
 

丹念に仕込されたデミグラスハンバーグ定食(500円)


しょうが焼きはタレにこだわって考案した、という金坂さん。タレが甘すぎず、味も濃すぎず物足りなくもない。どこか爽やかな酸味のような味わいが口の中に広がるしょうが焼き。ごはんがグイグイすすむ。
ハンバーグは定食屋さんで食べる味を軽く追い越した本格的な味。とてもやわらかくジューシーなハンバーグと甘みとコクのバランスが絶妙なデミグラスソース。500円では考えられない味。
からあげは、ジューシーにもほどがあるってくらいのジューシー。しつこくなく、何個でもいけそうな仕上がり。
 


これもうなずける味


“おでセン”は鎌倉界わいのメディアでも多く取り上げられているようで、鎌倉FM、鎌倉ケーブルテレビなどに登場。最近ではNHKが取材にも来たという。
 


おでセンの厨房を守る小俣(こまた)さん


料理はすべて一から手作り。妥協しない味が“おでセン”の愛される所以のひとつ。そのルーツは48年前、金坂さんが20歳のころ大船にオープンした定食屋さんでの経験。修行は一切せず、付近のラーメン店の味や自身で美味しいと思ったその味を再現し、自分流にアレンジして料理を作るという鍛錬を重ねたという。
 


金坂さんには信念と情熱を感じた


「大船では、安くないとまずだめ。だからといって美味くないなんてもってのほか。安くて美味い。それが皆さんが食べたい、食べるべきものだと思っている」と金坂さんは最後に話してくれた。

質問の最後にキニナルにあった、おでんは誰も頼まないって噂ですが本当のところはどうですかと尋ねた。

「昼の定食はおでんがついているので、みんな定食を食べていくね」。そして・・・
 


「夜の一番人気はおでん!」


平日ランチ時は60人前後の来店があり、ほとんどの方が定食をオーダーしているが、夜は30~40人の来店でほとんどの方がおでんを頼み、1組に1皿~2皿ほど出るという。

美味しいランチごちそうさまでした。



取材を終えて



はまれぽの取材で多くの飲食店を訪れ、近所にあるとうれしいなという店といくつか出会った。今回の“おでセン”もそのひとつになる、とても良いお店でした。
どこの駅前も同じような店が並ぶこのごろだが、今までの取材を通して、こういった落ち着く店がたくさんある、とあらためて思い、なんだか気持ちが安らいだ気分にもなった取材だった。


―終わり―
 
大船おでんセンター
住所/鎌倉市大船1-19-4
電話/0467-44-2797
営業時間/11:00~14:00、17:00~23:00
定休日/日曜日
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 大船で一人の昼食は、殆どここ。社長をはじめ、店員の方全てが気持ちの良い対応をしてくれる。かつ安くて美味しくて文句なし。平日休みの時は、ビール1本付けちゃう時も。だって今時450円!!!あまり言いたくないけど、喫煙者なので食後の一服が出来るのも嬉しい。非喫煙者の皆様、ごめんなさい。大船近辺の方、一度行ってみて。

  •  孤独のグルメか、食の軍師に登場しそうなお店ですね。定食も美味しそうで、一度行ってみたいです。

  • おでんの季節ですね~。確かに渋い店です、マスターさんも。それにしてもクドーさんの作った曲とやら聴いてみたい!!黒が似合う!!

もっと見る

おすすめ記事

鎌倉?横浜?はま旅Vol.26「大船編」

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

鎌倉に変わり種サワーを提供する居酒屋がある?!

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

夜の福富町付近で「珍グルメ」体験? 「カイコの四川風炒め」を実食!

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

こんな記事も読まれてます

白楽の「麺1kgラーメン」を出す「ファットン」に突撃!

【閲覧注意!】中華街の「ヨコハマおもしろ水族館」で、深海生物「オオグソクムシ」をライター・秋山が実食!?

オススメの横浜土産ってなに?

川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!

GWも飲める野毛周辺の「穴場」スポットを教えて!

へたれ返上!? ライター松宮がステラおばさんのクッキー食べ放題に挑戦!

日吉にオープンした家系カレーライス「壱番家」に突撃!

【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!

新着記事