検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

10月10日に横須賀で行われた、艦船ごとのレシピが食べ比べられる「海上自衛隊カレーフェスタ」の様子をレポート!

ココがキニナル!

10月10日に横須賀市で開催される海上自衛隊カレーフェスタをリポートしてください。23種類も食べられるそうです(たこさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横須賀市内の飲食店が海上自衛隊直伝のカレーを忠実に再現したイベント。今後はさらにバリエーションを増やし、各店舗にて提供される予定

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

新造艦に死角なし!?



案内いただいたのは、横須賀地方総監部広報の玉井誠(たまい・まこと)さん。こうした一般公開は、毎年8月の「ヨコスカサマーフェスタ」など、年に数回行われるらしい。
 


開始前30分の段階で、約400人の行列
 

2013年に就役した「てるづき」の勇姿
 

玉井さんによれば、4艦のなかで最も新しいのが、この「てるづき」なのだとか。その特徴は「FCS-3A」という最新のレーダー装置にある。従来の機器は、一定の方向にのみレーダーを飛ばし、それを回転させることで360度の探索を行っていた。

しかし同艦の場合、4つの固定式レーダーが全方向を同時に監視する。これにより、従来の機器が一回転する間に生じていたタイムロスを、完全になくすことができるのだ。
 


パネルのような大小2枚のレーダーが目印
 

意外だったのは、その手のマニアが思ったより少なく、普通のイベント感覚で来場されている方が多いこと。カメラの愛好家だったり、単に連休の初日を楽しんでいるだけだったり、至極普通の景色が繰り広げられていた吉倉桟橋だった。
 


20人に聞いた、No.1のカレーとは?



頃や良し。再び三笠公園へ戻ってみよう。
午前11時の入場者数は約3670人。カレーフェスタの参加者は、徐々に増えつつあるようだ。
 


左から藤井さんと冨樫さん、共に千葉県から参加
 

お二人の推しは、横須賀潜水艦基地隊の「ドミグラカレー」と、掃海艇「えのしま」の「えのしまカレー」。辛くなくて食べやすいのが、お気に入りのポイント。
 


左から伊地知(いじち)さん、小田嶋(おだしま)さん、石井さん
 

彼女たちをはじめ合計20人にオススメを聞いてみたのだが、どうも票が分かれる傾向にあるようだ。これはどういうことなのだろう。その謎を探るべく実食してみよう。
  


票が多かった4カレーをチョイス
 

プラス1品を、内緒でお裾分けしてもらいました
 

2票以上を獲得したカレーは(写真左上から時計回りに)掃海艇「えのしま」、横須賀教育隊、潜水艦「うずしお」、護衛艦「ゆうぎり」、そして横須賀潜水艦基地隊の5品。
 
食べてみて感じたのは「全部おいしいカレーじゃん」ということ。甲乙は付けがたく、1品だけを選ぶのはなかなかに難しい。それでも、護衛艦「ゆうぎり」の「ゆうぎりカレー」が気に入ってしまったので、「メルキュールホテル横須賀」の方に詳しい話を伺ってみることにした。
 


対応していただいたのは、右側の中道さん
 

すると、味の決め手は「隠し味にコーヒーを使っていること」だという。たしかに、香ばしい風味が鼻の奥で持ち上がってくる。一方、苦労した点は「レシピが『ボールにこれぐらい』といった目分量だった」こと。やむなく大人数分を想像で作ってみたところ、全然おいしくなかったそうだ。そこから試行錯誤を繰り返し、やっとの思いで合格に至った。

また、一言で伝統の味といっても、調理長が替わるたびに手を加えていく場合もあるのだとか。そうなると、もはやレシピではなく、アドリブの世界だ。そんな不確実性を再現しようというのだから、このイベント、案外奥が深い。
 


カレー上陸作戦、今後の行方は?



最後に主催者側へインタビュー。「カレーの街よこすか事業者部会」副部会長、鈴木孝博(すずき・たかひろ)さんにご登場いただこう。
 


いまだ発展途上と話す、鈴木さん
 

今回工夫した点について伺ってみたところ、「お客さんをいかに滞らせず、スムーズに流すか」との回答。前回は1列だったルートを2ラインに増やし、流動性を高めたという。

また、今後については、同じレシピを複数の店で共有し、できるだけ多くの店でカレーを楽しめるようにしていきたいという。なお、本イベントで公開されたもの以外にもレシピがあるのだとか。
 


参加者には、隊のワッペンをデザインしたシールが進呈される
 

こうしてみると、定見というものがない「無限の広がり」を、改めてカレーに対して感じてしまう。それは、単に具材や香辛料というレベルにとどまらない、文化的な「懐の深さ」なのだろう。この広がりと深さは、思えば海ならではの特性といえる。そんな偶然に気付かされた、今回のイベントだった。
 

―終わり―
 
参考サイト
海上自衛隊「ファミリーページ」
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/family/recipe/archive/currey.html

海上自衛隊横須賀地方隊
http://www.mod.go.jp/msdf/yokosuka/

  
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • このイベント、去年の4月には手際が悪くて、入場できない人が続出したはずだけど、今回はどうだったんだろう。

おすすめ記事

砕氷艦しらせ、横浜での3年ぶりの一般公開の様子は?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

東京湾唯一の無人島「猿島」を徹底レポート!

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

「よこすか海軍カレー」ってどんなもの!?

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

みんな知ってる? 40年前に火事で焼失した鶏肉専門店ハマケイの「幻のアメリカンドッグ」ってどんなメニュー?

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

こんな記事も読まれてます

【ニュース】スリーエフがサービスエリア店舗限定で「ガリガリ君フェスティバル」を開催!

築80年以上、知る人ぞ知る横浜の古民家カフェに突撃!

京急と崎陽軒がコラボ! 「けいきゅん・ひょうちゃん弁当」が6月1日から限定発売!

「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?

ランドマークタワー「みらい横丁」にオープンした「世界のビール博物館」ってどんなとこ?

横浜市内でオリンピックのパブリックビューイングをやっているお店はどこ?

【横浜市旭区のテイクアウトマップ】お持ち帰り情報募集中

みんな知ってる? 40年前に火事で焼失した鶏肉専門店ハマケイの「幻のアメリカンドッグ」ってどんなメニュー?

新着記事