検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ラグビーワールドカップ2019開幕!「横浜ファンゾーン」の楽しみ方を徹底レポート!

ラグビーワールドカップ2019開幕!「横浜ファンゾーン」の楽しみ方を徹底レポート!

ココがキニナル!

ラグビーワールドカップ2019がいよいよ開幕! 臨港パークで「ファンゾーン」というイベントが開催されるらしいけど、どんなことができるの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

ラグビーワールドカップ2019「横浜ファンゾーン」は試合のパブリックビューイングはもちろん、ラグビーを通じて1日中、国籍や老若男女問わず楽しめる“ノーサイド”精神あふれるイベントだった!

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

ラグビーを体験できるアクティビティエリア!

 
「横浜ファンゾーン」には、ラグビーのパブリックビューイング観戦のほかにも、一日を通して楽しめるコンテンツが用意されている。ラグビーを気軽に体験できる「ラグビーアクティビティ」は、4つのコンテンツ「ラグビーショットガンタッチ」「VS RUGBY」「ラグビーパーク」「アスリートチャレンジ」に分かれる。

「ラグビーショットガンタッチ」は、落ちてくるラグビーボールを落下する前にキャッチしてダイビングトライを狙うアクティビティ。トライの達成感を味わえる楽しいコンテンツだ!
 


マットが敷かれているので心置きなくダイビングトライ!

 
綱引きの要素とラグビーを掛け合わせた「VS RUGBY」は、巨大なボールを挟み背中合わせになり、綱に繋がれた2人がラグビーボールを持って、お互いの目の前のHポールへトライを目指すアクティビティ。力比べのラグビーの真剣勝負が味わえる。
 


トライを目指して綱引き勝負!

 
「ラグビーパーク」は「投げる」「蹴る」「トライ」などラグビーの根幹をなすアクションをライトな感覚で楽しめる芝生ゾーン。思い思いにラグビーを楽しもう。

そんな「ラグビーアクティビティ」の中でも最も注目すべきは、「アスリートチャレンジ」。タックル、パス、ステップなどラグビーの一連のプレーをゲーム感覚で楽しめる。また、挑戦後に表示される自分のスコアとラグビー選手のスコアを比較して、トップアスリートのすごさを体験できる仕掛けも面白い。

取材時は、一般人代表として、芸人の笠原ゴーフォワードさん、現役ラガーマン代表として土佐さん、現役引退はしてるものの現役時代は日本代表のキャプテンを務めた廣瀬さんが実際に体験してくれた。
 


一般人代表の笠原ゴーフォワードさんは少しぎこちない動き(笑)
 

現役ラガーマンの土佐さんは素晴らしいダイビングトライを見せてくれた

 

廣瀬さんのチャレンジの様子は動画でどうぞ!

 
「ラグビーアクティビティ」以外にも「横浜ファンゾーン」では、一日中楽しめるコンテンツとして、大型ビジョン前でステージイベントを開催予定。小田原を根拠地としていた風魔忍者が登場し神奈川県の文化を世界に紹介するステージや、別ステージではオールブラックスが試合前に戦意を高めるために儀式として舞う「ハカ」のパフォーマンスなども行われる。また、地元・出場国PRブースを設置し、ラグビーを通して異文化交流を行っていく。
 
 
 

「ファンゾーン」だけに収まらない横浜でのラグビーW杯の楽しみ方


 
ここまで、「横浜ファンゾーン」でのラグビーワールドカップの楽しみ方をレポートしてきたが、横浜臨海エリアでは「ファンゾーン」だけでなく周辺施設でもラグビーワールドカップを盛り上げるイベントが実施される予定だ。

「ラグビー発祥の地」記念碑のある横浜中華街では、ラグビーワールドカップ開催期間中「夜市」を開催し、一部店舗が営業時間を延長する。試合観戦後のインバウンド向けのナイトスポットとして盛り上がりを見せるだろう。
 


2019年9月5日(木)山下町公園に記念碑が設置された(画像は過去記事より)

 
また、桜木町駅前広場には、大型モニュメント「Big Try(ビッグトライ)」が出現!
 


全長約9メートルの大型ラガーマン!

 
「ビッグトライ」は、ラグビーワールドカップへ向けてのファンの熱気を吸収し、巨大化したラガーマンが、決勝会場の横浜総合国際競技場から飛び出し、横浜を象徴するみなとみらいの中心地で、今、まさに、トライを決めている瞬間を表現したのだというラグビー選手のリアルな体格を表示するため3Dプリンターを使い作成されている。
 


ラガーマンの下は通り抜けも可能

 
取材時は「ビッグトライ」前で、ラグビーワールドカップ大会公式マスコット「レンジー」の撮影会も行われ、道行く人の視線を集めた。
 


大会公式マスコット「レンジー」。二人は親子らしい
 

特技は息の合った“毛振り”
 

田沼さん、廣瀬さんも駆けつけランドマークタワーをバックに記念撮影!

 
この日一日、みなとみらいエリアを練り歩いたが、街のいたる所にラグビーワールドカップを盛り上げる仕掛けや装飾がされていた。「横浜ファンゾーン」を筆頭に、横浜の街全体がラグビーワールドカップを盛り上げようとする様はまさに“お祭り”。はまれぽ読者の皆さんも“一生に一度”の「ラグビーワールドカップ2019日本大会」を楽しんでいただきたい!
 
 
 
取材を終えて
 
最近までラグビーのルールも知らなかった筆者だが、今回の取材を通じてラグビーワールドカップの楽しみ方を知ることができた。ラグビーワールドカップを敢えて、日本風に表現するなら、“お祭り”だろう。あくまで筆者の主観だが、大会自体を“お祭り”と表現するなら、試合はやぐらを中心に踊る“盆踊り”のようなもの。もちろん試合自体の勝ち負けは大事だが、それ以上にラグビーワールドカップは試合を中心にさまざまな人が、国籍、年齢などのあらゆる垣根を越え“ノーサイド”(試合を終えたら敵味方の区別なく仲間だという精神)で楽しめるイベントだと感じた。

ルールを知らないから、選手を知らないからなんて、もったいない! “一生に、一度”を横浜で体験しよう!
 

 
ー終わりー
 
 
「ラグビーワールドカップ2019 ファンゾーン in 神奈川・横浜」
https://rugby.city.yokohama.lg.jp/category/fanzone/

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

戸塚に日本初の法人「女子ラグビーチーム」を発見!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

日産スタジアムがラグビーワールドカップ仕様にリニューアル!?

特典あり

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

「ラグビー発祥の地」記念碑の建立場所は、なぜ中華街なの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

ラグビーワールドカップ2019目前!青葉区の「みんなのハカ」

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

こんな記事も読まれてます

横浜DeNAベイスターズ、公式DVD発売! 完成披露上映会の様子は!?

横浜にもマジック教室はあるの?

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(12月8日~12月14日)

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年6月18日~6月24日)

横浜「1000ぶら」商店街探訪vol.21 にぎわう年末、ハマのアメ横「洪福寺松原商店街」でライター・クドーが福袋を作成

ズーラシアの隠れた人気者「ヤブイヌ」、数が減っているというウワサは本当?

横浜の市営スポーツセンター、その内容や服装などの注意点は?

中区「吉田町」にはなぜバーが多い? 戦後からの歴史を紐解く!

新着記事