検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

西区の藤棚町に藤棚はあるのか?

ココがキニナル!

西区に藤棚には、見る限り藤棚がありませんが昔はあったのですか?(ハマのチェリーボーイさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

地名の由来になった藤棚は戦禍を被って焼失してしまった。しかし、藤棚交差点には今でも復元された藤棚がある!

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

今回のキニナルの舞台は西区藤棚町。
確かにこの字面を見る限り、藤棚があるか、過去にあったか以外には考えられない気がする。

念のために説明しておくと、藤棚は植物のフジを鑑賞するために組まれた背の高い棚。
マメ科のつる植物であるフジを棚にはわせると、5月ごろに薄紫色の房状の花を棚からぶらさげて、目を楽しませてくれる。



商店街の並ぶ町



さて、その藤棚と町の名前とどんな関係があるのだろうか。

藤棚町は、西区役所から相鉄線の西横浜駅に向けて歩く途中にある町。区役所から行くと、まず藤棚一番街、そしてその奥に藤棚商店街と、商店街が続いている。
 


まず見えてくるのは藤棚一番街の入口
 


こちらは藤棚商店街の街並み


この2つの商店街を区切っているのが、藤棚町の交差点。
水道道を含むと6つの道路が交わる交差点だ。
 


2つの商店街の真ん中にある交差点


以前、「西区藤棚町にある「第七有隣堂」、有隣堂からのれん分けされた経緯とは?」で紹介した第七有隣堂の建つ交差点でもある。



あれ!? 見つけちゃった!!



その交差点で信号待ちをしていると、あるモノが目に飛び込んできた。
 


横断歩道のコッチと向こう側の2か所に藤棚発見!


なんと。まさか藤棚があった!
キニナルを投稿してくださった方は気付かなかったようだが、藤棚町の名前のままに藤棚が設置されていたのだ。

今は花の時期が終わってしまった後だが、パイプで組まれた棚に青々とした葉っぱが茂っている。
 


棚の下は日陰。奥には第七有隣堂も見える


近くに立てられた看板によると、明治の初めごろから酒饅頭店がこの場所にあり、その店先に立派な藤棚があったそうで、地元の人はこの辺りを正式に地名になる前から藤棚と呼んでいたんだとか。

その後、ここを通る横浜市電の停留所の名前として採用されるまでになり、1928(昭和3)年からは行政上の地名にもなった。

しかし、悲しいことにその藤棚が戦争で焼失してしまった。それを憂い、かつての藤棚を偲んで1977(昭和52)年に地元の有志によって、現在の藤棚が復元されたということだ。




取材を終えて



実際には藤棚が今でも残されていたので、地名の由来などはすぐに分かった今回の取材。

この町の人たちは春を迎え、藤の花が棚を賑わすたびに自分の住む町の由来を思い出すことができる。それってなんだかとても素敵なこと。いつまでも藤棚を大切にしてほしいと願わずにはいられない。

 


来年の春にはどれくらいの花を咲かせるのだろうか



―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする

おすすめ記事

立ち飲みスペースが藤棚商店街に多い理由とは?

特典あり

ストレス社会を楽に生きるための処方箋。まずは“気づき”を得ることから!

  • PR

藤棚町の「第七有隣堂」、有隣堂からのれん分けされた経緯は?

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

漏水で営業が中止となった本牧市民プール、今後はどうなる?

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

こんな記事も読まれてます

京都の花火大会での事故を受け、横浜市の露天商への指導はどうなってるの?

大気汚染物質「PM2.5」。横浜市内の観測所は何を基準に決めているの?

横浜市中区長者町8丁目の雑居ビルで火災が発生! 詳細は?

横浜駅近くにある、働く人の心強い味方「港町診療所」に突撃!

横浜市内で迷子になった!地図なしで横浜駅にたどり着けるか?Vol.3

北仲通地区に2019年竣工予定、国内最大規模2400室のAPAホテル建設が決定! 周辺環境はどうなる? 

市から立ち退き命令があった横浜ビブレ前のおでん屋台、2016年1月に姿を消すってホント?

かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?

新着記事