検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜には樹木希林さんや原由子さんの実家などの芸能人に関係した飲食店が多いが、他にもあるのでしょうか?ちなみに関内にビートきよしの店と看板がありましたが本当?(がんさん)

はまれぽ調査結果!

ビートきよしさんの店は2015年に閉店。樹木希林さんの実家、野毛の老舗居酒屋「叶家」と出川哲朗さんの実家、老舗海苔問屋「蔦金商店」を紹介。

  • LINE
  • はてな

2016年03月27日

ライター:大和田 敏子

はまれぽでは過去に、原由子さんのご実家「天吉」SHELLYさんのお父さんの店「Benny’s Place」出川哲朗さんの伯父さんの店「利久庵」などにお邪魔させてもらったが、ほかにはどんな店があるのだろう。
投稿にあったビートきよしの店は2015(平成27)年に既に閉店しており、今回は、横浜の人の多くが知る、樹木希林さんと出川哲朗さんのご実家へ伺うことにした。



樹木希林さんの実家「叶家」

今や日本映画には欠かせない大女優の樹木希林さんの実家は、野毛の老舗居酒屋「叶家」。20年ほど前から横浜に暮らす筆者も、度々伺っている。
 


あらためて取材で、お邪魔します!

 
「叶家」の開店は登記簿上、1951(昭和26)年だが、実際は、戦後間もないころだったという。戦争直後ということもあり、「叶家」という店名には、「望みを叶える、願いを叶える家」という意味が込められた。

開店当時、初代中谷清子(なかたに・きよこ/樹木希林さんの母)さんは東京に住んでいて、野毛まで通って店を営まれていた。父の中谷襄水(なかたに・じょうすい)さんは琵琶奏者でもあり、店の切り盛りはお母さんが中心だったようだ。なぜ野毛に開店したのか、その経緯は分からないとのこと。

その後、希林さんの兄が跡を継ぎ、現在はその娘である、谷川不二映(たにがわ・ふじえ)さんが女将を務める。
 


今回お話を伺った3代目の谷川さん。希林さんの姪にあたる

 
開店当時はホントに小さな店だったが、その後、隣の土地を買い足して、3つを合わせるような形で増築。昔の写真も少し見せていただいた。
 


野毛の街の人たちに親しまれる居酒屋として営業を続けてきた
 

店内の熱気が伝わってくるようだ

 
1992(平成4)年には、店舗を建て替えた。
希林さんが若いころ、店を手伝ったこともあるという話も残っている。
 


1994年ごろ。叶家で佇む希林さん

 
2014年に現在の店舗に改装したのだが、その直前の写真も少しご紹介。
 


暖簾をくぐって店内へ
 

懐かしい感じのカウンター。畳のお座敷は130名の宴会もできた

 
・・・といった感じの店だった。

現在の店舗になって面積は縮小し、モダンな印象になった。
 


以前も置いていた置物。ほかにも引き継いできたインテリアが多いが・・・
 

雰囲気は少し変わった!?カウンターはこんな感じ
 

2階の窓際の席はモダンな感じ。大人数の宴会ができる席もある

 
改装後について谷川さんは「若いカップル客などは増えましたが、入りにくい、高そうというイメージを持たれるお客さまもいるようです」と話す。

最近、希林さんが来店したのは2016(平成28)年2月7日に行われたヨコハマ映画祭の後のことだという。
 


2月18日付神奈川新聞には、印象的な受賞スピーチを伝える記事が

 
記事の中では、希林さんが特別大賞受賞で手にしたトロフィーについて「実家がヨコハマで居酒屋をやっているので、今度は店に置きます。お客さまがなでたら御利益があるかと・・・」と語ったことも伝えていた。
 


その言葉通り、店にトロフィーがあった!

 
早速、トロフィーをなでさせていただく。パワーをもらえたようでうれしい!
 


編集部・広瀬も「はまれぽで上手くやっていけますように!?」

 
当日、店は混雑していたが、お客さんは希林さんにほとんど気づかなかったという。
 


希林さんは奥のテーブル席に入口に背を向けて座っていたそう

 
希林さんは、年に5~6回は来ているそうで、店に寄らなくても、上の階に住む谷川さんのお母さん(希林さんにとっては義理の姉)に会っていくこともあるという。

叶家にとって希林さんは「キツイことを言うけど、それでも優しく見守ってくれる存在」と谷川さん。
 


紳士の酒寮「叶家」を見守るように希林さんの写真が飾られていた

 
「病気をされてから、まるくなったように思います。今は好きなようにやっていいと言ってくれますね」と谷川さんは希林さんについて語る。

ファンの方も来店されるが、さりげなく希林さんのことを聞き、店の写真を撮っていくような感じだとか。以前、希林さんが来店した時は、夫の内田裕也さんと一緒だったこともあり、多くのお客さんが気づいたようだ。しかし、声をかけたり、騒いだりするようなことはなかったという。
 


100近くある豊富なメニュー

 
希林さんは叶家の看板メニューだった「ムツの西京焼き」が好きだそうだ。しかし、ムツの仕入れが難しく、現在は出していないとのこと・・・残念!
 


前回の来店時にたぶん希林さんが召し上がった・・・というお料理

 
しっかりした味付けの「肉豆腐(750円)」、わさびの効いた「とろ鉄火(1860円)」、梅だけでなく、かつおぶし、しそ、ねぎが混ざっていて一味違う「梅キュウリ(370円)」とすごくバランスがいい!

希林さんは季節ものを注文することも多いとか。
 


「カキフライ(630円)」。大粒でサクサクした食感がすごい!

 
どれもおいしくいただき、しばし、希林さんの食の好みに触れさせていただいた。
 


店のおすすめ「叶家サラダ(750円)」と「ふぐにぎり(1550円)」もいただく

 
「叶家サラダ」はシーフードがたっぷり。隠し味にベーコンも入っていて、満足感がある。
「ふぐにぎり」は関西では一般的なメニューだが、2代目によると、横浜で初めて出したのは叶家だとか。食べごたえのあるふぐの刺身が乗ったお寿司、初めていただいたが、とても味わい深かった。
 


お客さんにも話を伺う「樹木希林さんは大好き。実家だと知っていたよ」
 

美大のころの仲間と。何人かは希林さんのご実家とご存じだった

 
「歴史のある店で、料理がおいしい!」と話してくれた。
 


会社の上司と初めての来店

 
「ここ2年ほど、よく野毛に来るようになり、きれいな店だと思い、キニナっていました」とのこと。希林さんの実家と伝えると驚いた様子だった。

希林さんのエピソードを伺い、好みの料理をいただいて、取材を終えると・・・
 


まさに紳士の酒寮「叶家」の時間本番を迎えていた

 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

女性による女性のためだけの癒しがここに!? 「酵素浴えん横浜店」で極上のひとときを

  • PR

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

その問題、大きくなる前に・・・頼れる街の相談窓口「司法書士法人あいおい総合事務所」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング