検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

柳原良平アートミュージアムが横浜みなと博物館にオープン! 館内の様子は?

ココがキニナル!

横浜の港と船を愛した柳原良平氏の作品を集めた柳原良平アートミュージアム。展示内容や企画展の予定は?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

2018(平成30)年3月27日、みなとみらい21地区にある「横浜みなと博物館」に新しい展示室「柳原良平アートミュージアム」がオープンした。
 


みなとみらいの名所のひとつ

 
柳原良平氏は、横浜の港にとても縁の深いイラストレーター。
 


アンクルトリスと柳原氏の自画像(右の人物が柳原氏)(提供:横浜みなと博物館)

 
トリスウイスキーのCMキャラクター「アンクルトリス」の生みの親として知られ、戦後日本を代表するイラストレーターのひとり。幼いころから船が好きで、船や港をテーマとする数多くの作品を発表し、海をこよなく愛したクリエイターである。

柳原氏は1964(昭和39)年から亡くなる2015(平成27)年まで横浜市の中区山手に住み、広告イラスト、ポスター、マンガ、絵画、エッセイ集と多方面で活躍を続けた。

また「みなとみらい21」という地名の選定や日本丸の横浜誘致にも携り、かつて走っていた相鉄の特別塗装車両「緑園都市号」のデザインも手がけるなど、横浜への貢献は計り知れない。
 


柳原氏の代表作のひとつ、1981年の横浜市観光協会のポスター(提供:横浜みなと博物館)

 
そんな横浜を愛した柳原氏の作品4848点が遺族から横浜市に寄贈されている。「柳原良平アートミュージアム」は、それらの作品を収蔵する日本で唯一の氏の作品の常設展示施設としてオープンした。開館に先立ち、前日に行われた内覧会から館内展示の様子を一部紹介しよう。
 


柳原氏のご家族や横浜市副市長らによるテープカットが行われた

 


船長の扮装をしたアンクルトリスが出迎える

 


広告史に残る「トリスを飲んでHawaiiに行こう!」のポスター

 


船好きの柳原氏らしく、海運会社のポスター広告を得意分野として数多く描いてきた

 


素朴な画風のポスターのほかにも、緻密な水彩画も得意としている

 


子ども向けの乗り物の絵本や定期誌の装丁(そうてい)も多数手がけた

 


生前の柳原氏愛用の品も展示されている

 
館内では初公開のものも含めた柳原氏の絵画や切絵、リトグラフ、ポスター、グラフィックデザインなど約50点を常設展示し、また年に数回特集展示や展示替えを行うそうだ。

第1回目の特集展示は「アンクルトリス誕生60年」。2018年7月で生誕60年を迎えるアンクルトリスのイラストやノベルティを展示する。開館日から7月8日までの開催が予定されている。

また、2018年3月31日は「横浜市民は無料day」として横浜市在住、在勤、在学の方は横浜みなと博物館と帆船日本丸を無料で見学できるとのことだ。

横浜の船や港をゆりかごとして生まれた、柳原氏の作品の数々を鑑賞できる柳原良平アートミュージアム。柳原氏の多彩な実績を見学できるだけでなく、港町ならではの文化をより身近に感じられる場所になりそうだ。
 
 
―終わり―
 
 
取材協力
横浜みなと博物館 柳原良平アートミュージアム
住所/横浜市西区みなとみらい2-1-1
電話/045-221-0280
開館時間/午前10時~午後5時(入室は午後4時30分まで)
休館日/月曜日(祝日にあたる場合は開館し、翌日休館)、年末、その他臨時休館日
入館料/横浜みなと博物館の単館券:一般400円、65歳以上250円、小中高生200円
帆船日本丸と横浜みなと博物館の共通券:一般600円、65歳以上400円、小中高生300円
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 柳原良平さん!大阪や尼崎、伊丹におられた時の作品も含めて全て素晴らしい〜〜‼️港や船そして人への愛にあふれています横浜、行ったことないので絶対訪れたいです

  • 緑園都市号 大好きでした(^-^)

  • 今もサントリーはトリスのCMにトリスおじさんとして登場していますね!大好きです、柳原良平さんの絵!横浜の宝です!

おすすめ記事

常連さんが行き交う温かい街。はま旅Vol.21「三ツ境編」

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2012年8月7日~8月13日)

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

【ニュース】あなたにピッタリのシウマイ弁当が分かる!? 崎陽軒が期間限定特設サイトをオープン!

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

『風雲!たけし城』の撮影が行われた有名な青葉区の「緑山スタジオ」について教えて!

特典あり

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

こんな記事も読まれてます

近代建築マニアに有名だった大さん橋の元廃墟「ジャパンエキスプレスコンピューターセンター」について教えて!

【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?

ビール屋の厨房から世界王者へ! 東洋太平洋王者防衛戦に挑む大竹秀典選手に直撃インタビュー!

戸塚が大白熱! リオオリンピック、男子サッカーパブリックビューイングの様子は?

繭から糸を取る「繭糸(けんし)」取引でにぎわっていた!? 当時の「長津田」の様子について教えて!

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月9日~3月15日)

知られざるホストの世界を一挙公開! ライター・松宮が伊勢佐木町にあるホストクラブ「アニバーサリー」に突撃!

常連さんが行き交う温かい街。はま旅Vol.21「三ツ境編」

新着記事