家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    みなとみらいの海沿いは終電の時間が過ぎてもカップルだらけですが、彼らはどこから来ているのか気になります。地元の人ではなさそうなので。

    KTAさん

    元町のエリスマン邸から山手十番館に行く途中に、灯台みたいなレトロな電話ボックスがありますがこれが何なのか気になります!確か、戸塚の図書館前にも似た電話ボックスがあったと思うのですが、何か由来があるもの...

    みきみきさん

    横浜市営バスにそっくりの横浜都市開発バス。市営バスと前面のエンブレムが違うが、そもそも何が違う?

    まっくすさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
8位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
9位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
12位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
13位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
14位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
15位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
18位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
19位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
20位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
21位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
22位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
23位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
24位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
25位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
26位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
29位
日本の科学を切り拓く高校生を育てる? 鶴見の「サイエンスフロンティア高校」ってどんな学校?
30位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

かつて存在した「陸軍登戸研究所」では、「怪力光線」なる兵器が研究されていたそうです。あまり知られていない研究所だと思いますので、ぜひ詳しく調べていただければ嬉しいです。(maniaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

旧陸軍の秘密戦に関する兵器などの研究開発や製造を行った登戸研究所。今では、資料館として一般公開され、平和教育の場になっている。

ライター:吉澤 由美子 (2012年07月22日)

川崎市多摩区にある明治大学生田キャンパスやその周辺は、第二次世界大戦中、陸軍の登戸研究所があった場所。


明治大学生田キャンパス正門


登戸研究所は、秘密戦すなわち、諜報(スパイ活動)、防諜(スパイ防止)、謀略(破壊・攪乱活動・暗殺)、宣伝(人心誘導)のための兵器や資材を研究・開発するための施設だった。

残された研究所の建物を利用して作られたのが、明治大学生田キャンパスにある「明治大学平和教育登戸研究所資料館」。


資料館前にある解説プレート


内容についてほとんど公表されることがない秘密戦に関する日本唯一の資料館だ。



明治大学平和教育登戸研究所資料館

資料館は広い生田キャンパスの奥にあって、一般に公開されている。そこで、正門の警備員さんに見学である旨を伝えて中に入っていく。

正門近くにあるヒマラヤ杉の林は、研究所本館の正面だった場所。


アスファルトの車寄せが今も残る


農学部があるため、ビニールハウスや畑がある。長閑な雰囲気の中を進むと、資料館が見えてきた。


シンプルなコンクリートの平屋建ての資料館


資料館を案内してくださったのは、明治大学平和教育登戸研究所の椎名真帆さん。


「まだわからないことも多数残されています」と椎名さん


資料館は中に入ると天井が高く、昔の病院や研究所を思わせる。


白壁に黒っぽいドアがレトロモダンな印象


入口の正面はレストスペースで、明治大学と川崎市の歴史が展示されている。


天井には研究所創建当時のランプが今も灯る


左右に伸びる廊下を挟んで、第1~第5までの展示室がある。
展示は、登戸研究所の全体像、研究所で行われた活動、そして敗戦直前から資料館設立までの歴史を紹介する内容だ。


古い机やイスが片隅に飾られていた


秘密戦に関する研究開発や製造を行っていた登戸研究所はいったいどんな組織だったんだろう。



登戸研究所の歴史

1937(昭和12)年、陸軍科学研究所の電波・無線関係の研究開発施設として開設された「陸軍科学研究所登戸実験場」が登戸研究所のはじまり。


登戸になぜ研究所が作られたのかの解説


2年後には毒物・薬物・生物兵器、スパイ用品、偽札・偽造パスポートなどの研究開発と製造も加わった。


財政面の優遇を伝える書類


最盛期の1944年には、敷地11万坪、建物100棟以上、幹部所員250名、主に近隣から動員された一般の雇員・工員などを合わせると総勢1000名にも達する大規模な研究所・秘密兵器生産工場になっていた。


組織体制の図解


研究所は陸軍参謀本部直属で、その存在は最後まで秘密にされ、軍の法規にすら記載されていなかった。

1945年、戦局の悪化に伴って、研究所の主たる機能は分散・疎開し、そこで敗戦を迎える。


疎開先に保存されていたフラスコ



登戸研究所の活動内容は次のページで明らかに!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜に旧日本軍の軍事施設跡は残っているの?

横浜の地下深くに秘密基地空間が存在した!?