家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    みなとみらいの海沿いは終電の時間が過ぎてもカップルだらけですが、彼らはどこから来ているのか気になります。地元の人ではなさそうなので。

    KTAさん

    元町のエリスマン邸から山手十番館に行く途中に、灯台みたいなレトロな電話ボックスがありますがこれが何なのか気になります!確か、戸塚の図書館前にも似た電話ボックスがあったと思うのですが、何か由来があるもの...

    みきみきさん

    横浜市営バスにそっくりの横浜都市開発バス。市営バスと前面のエンブレムが違うが、そもそも何が違う?

    まっくすさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
8位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
9位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
12位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
13位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
14位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
15位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
18位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
19位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
20位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
21位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
22位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
23位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
24位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
25位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
26位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
29位
日本の科学を切り拓く高校生を育てる? 鶴見の「サイエンスフロンティア高校」ってどんな学校?
30位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

かつて存在した「陸軍登戸研究所」では、「怪力光線」なる兵器が研究されていたそうです。あまり知られていない研究所だと思いますので、ぜひ詳しく調べていただければ嬉しいです。(maniaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

旧陸軍の秘密戦に関する兵器などの研究開発や製造を行った登戸研究所。今では、資料館として一般公開され、平和教育の場になっている。

ライター:吉澤 由美子 (2012年07月22日)

資料館に展示れた登戸研究所の活動内容

ここで開発された兵器や資材には、人道的・国際法規上問題があるものも多い。

怪力電波、風船爆弾、生物兵器、偽札製造。なんだかマッドサイエンティストやスパイ映画を思い起こさせる研究が実際にここで行われてきたのだ。


有毒生物の写真や「謀」の文字


登戸研究所は、第一科、第二科、第三科にわけられ、資料館ではそれぞれの科ごとに研究開発の内容がわかる展示になっている。

第一科では当初、電波やレーダーなど物理分野の研究を行っていたが、1943年に風船爆弾の研究を中心とした組織に変わっていく。


天井から吊るされた風船爆弾のレプリカ


風船爆弾は、和紙をこんにゃく糊で貼りあわせた気球に水素ガスを充填し、その下に高度維持装置と焼夷弾などの兵器を吊るしたもの。


風船爆弾製造には女子生徒も動員された


偏西風に乗せ二昼夜半かけて9千キロの距離を飛行。アメリカ本土を直接攻撃する大陸間横断兵器として開発された。


風船爆弾が飛行するルートなどの解説


実際に9300発が放球されたと伝わり、アメリカに到達・着弾が確認されたものが361ヶ所。オレゴン州で、6人が死亡するという被害があった。


気球紙レプリカ。製造段階により感触が違う


第二科は、人体、家畜、作物に被害を与える生物兵器、暗殺用などの毒物、そしてスパイ機材などの研究開発を行っていた。


毒物から缶詰に偽装した爆弾、スパイ機材など多岐に渡る


入口横の高い位置にあった蛇口。なにに使われていたのかは不明とのこと


スパイ機材は、乾くと文字が消え、薬剤を塗ると文字が現れる特殊なインク、ライターに超小型カメラを仕込んだものなどが作られていた。


パソコンの奥に当時のシンクが見える


秘密戦に関する憲兵学校のテキスト


最後の第三科は登戸研究所の中でも特に秘中の秘と言われた部署。周囲に高い塀を巡らせた第三科の建物では、偽札の製造が行われていた。


真札と偽札を並べて展示してある

目的は、偽札を流通させてインフレーションをもたらし中国経済を混乱させること。


解体された第三科の施設を写真で紹介


原版、紙、インク、印刷機などは本物を使っていた。これは、1941年の香港占領やアメリカ商船を拿捕して資材を押収したもの。

ここで製造した偽札は全体から見ると1%未満の発行残高に留まり、中国経済に与えた影響は少なかったとのこと。


部材も一部展示されている


資料館は第二科の建物をそのまま使っている。そのため、諜報活動にとって重要な部屋、写真を現像する暗室も残されていた。


暗室の入口はクランク状の通路で、光を入れない設計



この資料館ができたきっかけは市民の活動があったから。次のページ≫
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜に旧日本軍の軍事施設跡は残っているの?

横浜の地下深くに秘密基地空間が存在した!?