ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜のお花見スポット2017 〜シーン別桜の名所15選〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    以前、社会現象となったり流行語にノミネートされたドラマ“昼顔”が映画化され、予告が公開されましたね。ドラマでも金沢がロケ中心となってましたが、映画版の予告をみると桜木町駅やコレットマーレ、横須賀の海岸...

    まっくすさん

    「ハマトラ・ファッション」って何?横浜トラディショナルの略だと思いますが、横浜はお洒落な街でありながら、ファッション不毛の地とも言われていると思います。そもそものハマトラの歴史なそのファッションの定義...

    coco茶さん

    新百合ヶ丘にハウスメッツガー・ハタと言う肉屋があるのですが そこのビーフジャーキーはなんと1枚2000円します 試しに食べてみたのですがもうヤバイです どんなにハードル上げようがそれを越えるジャーキー...

    へこみんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろは花見シーズン。どの場所の桜が好きですか?

三溪園
金沢自然公園
三ツ池公園
こども自然公園
大岡川
三ツ沢公園
根岸森林公園
掃部山公園
その他
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
鶴見区に存在すると噂される、「鶴見系」と呼ばれるそば・うどんを現地調査!
2位
横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ?「東急東横線沿線」編 第2弾
3位
北海道の消滅可能性都市5位の町で大人気のパン屋さんが、青葉区に進出したって本当?
4位
創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新店とは?
5位
「家系“直系風”の味を追求」する2店舗を徹底調査
6位
横浜でおいしいナポリタンが食べられる老舗の喫茶店はどこ?
7位
開店10年以上の"家系ラーメン・プチ老舗店"の店長が次に目指すラーメンとは?
8位
男子もOK! 横浜赤レンガ倉庫「ラーメン女子博」の様子をレポート!
9位
崎陽軒が開発した「シウマイ弁当専用のお茶」は本当にシウマイ弁当に合うのか徹底検証!
10位
すごいオーラを放つ老舗店「大倉山もつ肉店」に突撃取材!
11位
浅間町の一体何屋なのかわからない食堂に突撃!
12位
【編集部厳選】パスタじゃない! 「スパゲッティー」が食べたいんだ!
13位
【編集部厳選】サクッとおいしい&安い! 「横浜立ち飲みマップ」!?
14位
横浜市内で個性的なサンマーメンが食べられるお店を教えて!
15位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
16位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「学生の街 日吉」編
17位
【編集部厳選】今年最初の3連休、昼から飲んじゃう?
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
作家にちなんだメニューがある本牧間門の「文豪カフェ」に突撃!
20位
横浜市内でオススメのイチゴ狩りスポットはどこ?
21位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
22位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
23位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
24位
【編集部厳選】3(さ)10(とう)の日だから、自分にご褒美のお砂糖たっぷりスイーツでしょ?
25位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
26位
井土ヶ谷の一軒家、美人店主がひっそりと営業する「焼菓子キミドリ」のお菓子が想像をはるかに超えるほど美味って本当?
27位
800グラムの巨大ステーキなどが食べ放題! 野毛「ブッチャーズ☆グリル」でステーキ7種類完全制覇に挑戦!
28位
中華街で一番美味しい肉まんのお店はどこ?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!
教えて○○さん!

横浜のココがキニナル!

毎年7月14日に行われる戸塚で女装した人達が登場する「お札まき」というお祭り。地元では有名らしいですが、どんなお祭りなのですか?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

八坂神社で女装した踊り子がお札をまく厄霊除け行事です!

ライター:松野 孝司 (2011年07月16日)

昔は江戸や大阪でも行われていたが、今に残るのは戸塚だけ

「和服美人がお札をまいて歩くお祭りがあるんですが、取材してみませんか」

7月某日、編集部からの誘いを二つ返事で引き受けた記者は、7月14日、その「お札まき」なる祭りが行われる、戸塚町の八坂神社へ。
 


午後になると八坂神社には参拝客が三々五々と集まってくる
 

「お札まき」でまかれるお札そのものは参拝すると1枚もらえる


ご存知の通り、戸塚は江戸時代、東海道の宿場町として栄えた街だ。

戸塚駅から八坂神社にかけての道、江戸時代の旅人も通ったであろう東海道にも屋台が立ち並び、やきそばのソースの香りやベビーカステラの甘い香りが漂い、子どもたちのはしゃぐ声が響き渡る。

まさに由緒正しい日本の夏祭りという趣きだ。
 


懐かしいスマートボールの夜店も
 

射的や輪投げなどの昭和チックな店が子どもたちに人気
 

地元の商店街の皆さんもとれたての完熟トマトを販売


八坂神社は1572元亀2にできた古い神社で、通称「お天王さま」と呼ばれ地元では親しまれている。階段を上り、鳥居を潜った左手には、「お札まき」についての解説が記された碑が建てられている。

それによると、お札まきは元禄年間(1688~1704年)に始まったとされている。江戸中期、江戸や大阪でも盛んに行われていたが、やがて自然消滅してしまい、現在では戸塚だけに残されているという。

文化・風習の面でも貴重なものであり、そのため
1991平成3に横浜市指定無形文化財に指定されたそうだ。
 


境内にはお札まきについて記された碑が




踊り子衆は“和服美人”ではなく“女装美人”

ところが碑を読み進めていくと、“キニナル”文面を発見。それはこうだ。

「男子十数人が姉さんかぶりに襷がけの女装をして裾をからげ、渋うちわを持ち、うち音頭取りの一人はボテカズラをかぶります」

ちょっと待て。男子? 女装?
聞いてないよォ~。
祭りの主役は和服美人ではなく“女装美人”ではないか。騙された・・・。
してやったりとほくそ笑む編集部の顔が頭によぎるが、文字通り後の祭り。いまさら仕事を放り出すことはできない。気持ちを切り替えてお仕事、お仕事。
 


噂の和服美人たちが登場
 

一人だけ島田髷のかつらをかぶったお嬢様。“彼女”が今宵の主役


というわけで、ここで「お札まき」について整理してみよう。

①横浜市戸塚区戸塚町の八坂神社で毎年7月14日に行われる。
②八坂神社の祭神は疫病神「牛頭天王」。元禄年間に流行したコレラを退治してくれるといわれたのがそもそもきっかけ。
②踊り子の男性は八坂神社の氏子から選ばれる。
④そのうち、リーダー格の男性のみは島田髷のかつらをかぶる。
⑤その男性が「正一位八坂神社御守護」と摺られた五色(青、赤、黄、緑、白)の札をうちわで煽って天に舞わせる。
⑥札を家の戸口や神棚に貼ると厄除けになると伝えられている。


以上だ。こうしてまとめてみると、祇園祭と同じ御霊信仰に基づく厄霊除けの行事であることがわかる。


お札がまかれるとどうなる!?その様子は次のページ ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

古の旅人たちに思いを馳せながら。はま旅Vol.9「東戸塚編」

川崎の「かなまら祭り」ってどんなお祭り?

「祭り」に関するキニナル